« フェデラーとヒンギス 夢のペア 実現せず 残念 | トップページ | ダブルスに登場するビッグネーム オリンピック視野 ナダル組 »

2012年3月13日 (火)

テニスとオリンピック 動画で学ぶ歴史

オリンピックとテニス
 ゴールデンスラムって。

 オリンピックとテニスの関係を紹介しています。
 自分のテニスのやり始めた頃を思い出しました。
 まさに歴史ですね。

 グランドスラムのさらに上。
 グランドスラムって?

 コートサーフェイスでこれだけポイントの取り方が違ってきます。

Grandslamserregamewon


 テニスは元からサービスゲーム有利ですが、ウィンブルドンではかなり有利に。
 逆にクレーコートのロランギャロはリターンゲームが強くなるでしょう。

 コートサーフェイスと特徴 

  このページの下の方にグランドスラム リンク集があります 
 

 
 

 今迄に達成したのは、3人と、2チーム。

 誰だと思いますか?

 グランドスラムに加えて、オリンピックでも優勝すると、
 テニスの金字塔、ゴールデンスラムと呼ばれます。

 グランドスラムは正確には、同じ年に達成する事。
 これは至難の技。

 それで連続優勝なら年をまたいでも、グランドスラムと呼ばれています。

 テニス グランドスラムの特徴

 ゴールデンスラムは、グランドスラムの各大会と、オリンピック優勝で、そう、呼ばれています。

 オリンピックは4年に1回。
 ですから選手のトップシーズンと合わなくてはいけないので、確率的にかなり難しくなります。

 まさにゴールデンスラムを達成したプレーヤーが一人だけいます。

 S.グラフ選手
  (1987 ロランギャロ, 1988 オーストラリアンオープン, 1988 ウィンブルドン, 1988 オリンピック,
  & 1988 USオープン)

  S.グラフ選手 ゴールデンスラムの動画  
  C.エバート、M.ナブラチロバ、G.サバチーニ、そうそうたるメンバーを破っています。

 僕は彼女の回転のかかったスライスの打ち方が大好きですた。
 良く真似をしました。

 バックハンドのスライス、S.グラフ

 生涯でゴールデンスラムを達成した選手
男子シングルス:

Sayingagassiwiper


 アンドレ・アガシ(アメリカ) 
  1992年ウィンブルドン → 1994年全米オープン → 1995年全豪オープン → 1999年全仏オープン/
   オリンピック:1996年アトランタ五輪

 テニスのカリスマと言えば、この人、A.アガシでしょう。
 デビューの若さあふれるプレーから。

 ランキング落ちしてからの奇跡の復活で、人間的にも大きく成長しました。

 コーチのブラット.ギルバートの存在が大きかったですね。

 A.アガシ夫妻は、夫婦でゴールデンスラムを達成しています。

男子シングルス:
 ラファエル・ナダル(スペイン)
  2005年全仏オープン→2008年ウィンブルドン→2009年全豪オープン→2010年全米オープン/
 オリンピック:2008年北京五輪

 言わずと知れた、ストローカーのヒーローですね。
 強烈なトップスピンで彼のボールだけがエッグボールと呼ばれています。

Nadaleggballline

  ストロークを進化させたR.ナダル 

 


男子ダブルス:マーク・ウッドフォード&トッド・ウッドブリッジ(オーストラリア)
 1992年全豪オープン → 1993年ウィンブルドン → 1995年全米オープン → 2000年全仏オープン/オリンピック:1996年アトランタ五輪

僕がテニスを始めた頃は、B.ボルグとJ.マッケンロー。
 少しプレーするようになって、ダブルスが好きになりました。
 ウッディーズのプレー一生懸命観戦。

 ダブルスのデータも採るようになったのは、ウッディーズのテニスからです。
 それほど強力なショットはないのに、競ったゲームをするすると抜けて勝てしまう。
 それをデータで調べようと思ったのが、出^たを取るようになったキッカケです。

女子ダブルス:ビーナス・ウィリアムズ&セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
 1999年全仏オープン → 1999年全米オープン → 2000年ウィンブルドン → 2001年全豪オープン/オリンピック:2000年シドニー五輪
 この二人の最盛期、ダブルス誰も手を突かられませんでした。

  今だって怪我から復帰すれば。

  超豪華ダブルス P.サンプラス、R.フェデラー、A.アガシ、R.ナダルの動画
 

 ダブルス上達講座 テニス徒然草 

 ダブルス上達の陣形のいろいろが書いてあります。参考になりますよ。

 作戦ボードの詳しい内容は

Lobmagfullset

 自分のテニスを知ろう
 充実のテニスメモ

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


オリンピックとテニスのリンク集

 日本オリンピック委員会 

 日本オリンピック委員会 テニス 

 ロンドンオリンピック 公式サイト 
  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« フェデラーとヒンギス 夢のペア 実現せず 残念 | トップページ | ダブルスに登場するビッグネーム オリンピック視野 ナダル組 »

テニス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

ビデオ」カテゴリの記事

オリンピック」カテゴリの記事

グランドスラム」カテゴリの記事

コメント

そうなんです。ウィンブルドンを2回楽しめます。
柴が回復するんでしょうか? 心配です

投稿: 月さん | 2012年7月13日 (金) 08時39分

おはようございます。ロンドン.オリンピック、ウィンブルドンなんですね。知りませんでした。
芝生は大丈夫なんでしょうか?

投稿: ロンドン鈍行 | 2012年7月12日 (木) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テニスとオリンピック 動画で学ぶ歴史:

« フェデラーとヒンギス 夢のペア 実現せず 残念 | トップページ | ダブルスに登場するビッグネーム オリンピック視野 ナダル組 »