« ボレー 上達の科学 運動連鎖でイメージを ジョコビッチ優勝の動画 | トップページ | ボレーを科学する NO4 フェデラーのタッチから学ぶ »

2012年4月 4日 (水)

ダブルス 確率とボレー ボレーの科学3

ボレー 上達 サービス側優先権を活かす

 ボレーの事を調べていました。

 つくづくテニスがPhoto


 ミスのスポーツ(しないってこと)

 だってことが良く分かります。

 ボレーの上達講座3回目です。

  2011年 ホップマンカップ アメリカ対スイスの試合の動画、
  下にありますので参考にしてください。


 テニスは確率のスポーツ。

Saypercent


 サービス側は有利です、レシーバー側にミスをさせる。

 これが大きな作戦になります。

 トッププレーヤーは攻撃でポイントをとりますが、

 一般プレーヤーはミス減らし。これが大事です。
 ミスはすることを前提でプレーをすると気が楽です。

 お陰さまで、ボレー、ダブルスの記事お注目度が高くなってきました。
 ストロークのラリーは楽しいですが、
 試合を考えたら、使用頻度を考えたら、ボレーの重要度はグーンと上がってきます。

 と言う事で、今日はボレーのダブルスでの重要性を述べます.

 R.フェデラーのボレー

 ダブルスのボレー
 錦織圭、伊藤竜馬組のダブルス

 ダブルスのAチーム対Bチーム、お互いに雁行陣からのスタート
  1球目はサービス
  2球目はレシーブ
  3球目サービス側のどちらか
  4球目レシーバー側のどちらか

Dbshotstats


 サービスのミスは10%として、(人によって異なりますが)、
 1stサ-ビスだけを考えると、50%近辺ではないでしょうか?

 これって2ndサービスがあるから良いようなもの、恐ろしい事だと思いませんか?
 リターンのミスは30%にしてありますが、本当はもっと高いでしょう。

 ダブルス、ミスの確率
  ダブルス 陣形ミス 

  ダブルス ミスのスコア解析  
Dbscoreboth

  ストロークのミスは 実験から  

 その後は30%ミスが起こるとして(低めに抑えてあります)
 複利計算でミスが重なって行きます。

 すると、3球目までに60%-70%位のミス
 ポイントのほとんどは決まっています。

 だからボレーでの攻撃が重要なんです。
 サービス側圧倒的に有利。

 ダブルスはサービス側有利  

 サービスの優位性、

 さらにダブルスではポーチ、これが大きいですね。

 ダブルスのポーチ

Sayingvoseradvatage


  

 本日の御教訓 試合に勝つ優先権
サービス側有利を活かす

 1:テニスはサービス有利
 2:リターンミスの多さ
 3:30%はミスをする

月さんのテニス上達お助けグッズ
  ボレーマスター

 ダブルス陣形編  

  ダブルス陣形雁行陣

 ダブルス陣形並行陣

テニスシステム手帳バイブルサイズ2012

テニスシステム手帳B7サイズ2012

 2011年 ホップマンカップ アメリカ対スイスの試合の動画です。


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ボレー 上達の科学 運動連鎖でイメージを ジョコビッチ優勝の動画 | トップページ | ボレーを科学する NO4 フェデラーのタッチから学ぶ »

テニス」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

フェデラー」カテゴリの記事

ボレー」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

コメント

なぜか、キューピー。ミスの30%は、どこからですか?

投稿: サラドレ | 2012年4月 4日 (水) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/54386408

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス 確率とボレー ボレーの科学3:

« ボレー 上達の科学 運動連鎖でイメージを ジョコビッチ優勝の動画 | トップページ | ボレーを科学する NO4 フェデラーのタッチから学ぶ »