« 錦織劇場NO6 ベルディハに敗れ幕引き サービス力の差 | トップページ | シャラポワ サービス前に何をするか 何のために? »

2012年4月20日 (金)

錦織劇場 NO7 総集編の前に 心の問題で思い当たる事が

錦織圭劇場 総集編  心の戦いを検証

 メンタルタフネスで勉強をした。

Keisaytennismt


 錦織圭、惜しかったの一言に尽きる。

Sayingkeibeaten


 自分はGaora には入っていないので、公式サイトのライブスコアでチェックしていた。
 試合が終わってから、今考えると、
 メンタルタフネスに思い当たることがあった。

 第1セットは快調に飛ばす。

Keisaywinpace


 それはフルセットの最終セット
 T.ベルディハのサービスゲーム 4-4
 錦織圭はサービスゲームのキープに時間がかかる。
 相手のリターンのタイミングが合ってきてるからだ。

 T.ベルディハのサービスゲーム、デュースの場面があった。
 この時のT.ベルディハはサービスに入る前に時間をかけている。

 そして4-4からのサービスゲームはトントンンとテンポ良くサービスを打ちこむ。
 1stサ-ビスが入ると、ポイント獲得率が高い。
 これは錦織圭もプレッシャーを感じていたはず。

 一方4-5で迎えた錦織圭のサービスゲーム。
 普通ならサービスキープの自信がるのであれば、それほどのプレッシャーはかからない。

 しかし、錦織圭にはかなりのプレッシャーになっていた様子。
 最後お3ゲーム、それまでに時間のかけ方とはうって変わって、
 一気に持って行かれた。

Keisaytimesave


 T.ベルディハのメンタルタフネスが勝った。

 錦織圭が良いリターンーで逆襲を食らう。
 0-15
 0-30
 0-40  テンポ良く、正確にはテンポ悪くポイントをとられる。

 メンタルタフネス鉄則
 ゲームをコントロールする。
 そのためには、
 勝っている時は、今まで通りのテンポで。
 負けてきたら、時間をかける。

 それを良く示してくれるのがM.シャラポワだ。

 ポイント毎に、一度コートの外に出て、
 ストリングスをガリガリやって
 コートに戻って相手を見て
 集中

 M.シャラポワは勝っている時も、負けている時も、同じテンポにしているが。

 負けてきたら、時間をかけると言う事だ。
  ただグッドルーザーたれ、で次の試合に集中すること。

 クルム伊達に学ぶ、グッドルーザー  

 負けから学ぶ メンタルタフネス 

 北島康介 
  1日で修正する強さ

 試合の反省はするが、反省点を出したら、修正の練習をして、
 次の集中、
 自信を持って臨むこと。

 幸い、次の試合バルセロナは、シードがき2回戦からの参戦になる可能性が高い。
 シードがつくと、試合は楽になる。

 このM.シャラポワのサービス前のルーティーンを参考にしよう。
     動画で分かりやすい。

Keisayingtime1


本日の御教訓 試合のメンタルタフネス
ゲームをコントロールするために

 1:時間をコントロールする
 2:勝っている時は同じテンポで
 3:負けている時は時間をかける

 そう言えば錦織圭はタグホイヤー時計と契約していた。
  

 錦織圭お賞金は?

ポケットに忍ばせて、試合中にチェック 月さんのポケットレッスン

 クールダウンの必要性

Confidence


 メンタル強化ノート2012 

メンタル.タフネス向上


  ソフトテニスメンタル.タフネス

 月さんも熟読、参考になりますよ。
  「松岡修造氏」などのトップアスリートや、浪速高校をはじめ全国180校の高校野球部、
 プロゴルファー達もその効果を実感した!試合で本来の実力を覚醒させる
 “60秒メンタルトレーニング”が、遂に一般公開!!

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。


|

« 錦織劇場NO6 ベルディハに敗れ幕引き サービス力の差 | トップページ | シャラポワ サービス前に何をするか 何のために? »

テニス」カテゴリの記事

メンタル」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

シャラポワ」カテゴリの記事

インナーテニス」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。確かに、メンタルタフネスが大事なんですが、
試合が始まるとどこかに吹っ飛んでしまいます

投稿: テニス通信 | 2012年4月23日 (月) 15時46分

おはようございます。いつもコメント有り難うございます。
そうなんです、勝っている時はいいんですが、
問題は負けている時なんですね。
T.ベルディハ、第3シードのA.マレーを撃破しましたね。錦織圭もそうですが、リターン力の強い選手に勝っている。
調子が良いようです。

投稿: 月さん | 2012年4月21日 (土) 06時17分

こんばんは。確かに、負けいる時って焦って、急ぐかもしれませんね

投稿: 生徒A | 2012年4月20日 (金) 21時05分

錦織圭選手、格好いいですね。次の試合は?

投稿: ガッツK | 2012年4月20日 (金) 12時11分

っときましたか。劇場も閉幕と思いきや。
楽しみにしています。

投稿: まっちゃん | 2012年4月20日 (金) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織劇場 NO7 総集編の前に 心の問題で思い当たる事が:

« 錦織劇場NO6 ベルディハに敗れ幕引き サービス力の差 | トップページ | シャラポワ サービス前に何をするか 何のために? »