« クルム伊達 ダブルス WTA3勝目 ガッツ溢れるプレー | トップページ | ナダル クレーコートの強さ ピカイチ 迫るN.ジョコビッチ »

2012年4月16日 (月)

錦織 全仏への道 モンテカルロ クレーコート

モンテカルロマスターズ 錦織圭

 今日から、錦織圭と全仏、ロランギャロへの道を取材したい。
  と言ってもインターネットですから便利ですね。

Keimonteritchship


 美しいモンテカルロの風景と、動画、写真の豪華ブログだ。

 去年の決勝のナダルの動画を参考に、
 戦い方を研究しよう。


 満を持して乗り込むモンテカルロ。

Keimontecourt


 そのために、南米でクレーコートの調整 をした。

 クレーコートでは集中力と粘りが必要な事を
 身にしみて理解した。

 このモンテカルロの試合、イタリアオープンと
 ロランギャロへの前哨戦となる。

 ヨーロッパのクレーコートのシーズン開幕となる。

 公式サイトでも、桜をバックに 花開く錦織圭との紹介があった。

Keibloom


 クレーコートってどこが違う?  

 トッププレーヤーがクレーコートで練習する訳

 今年は錦織圭は入念にクレーコートで調整 その理由は?
  

 去年の優勝者は
 R.ナダルがD.フェレールに 6-4 7-5で優勝

 ダブルスはブライアン.ブラザーズがI.チェラ、B.ソアレス組に 6-3 6-2で完勝

 モンテカルロ、ロレックスオープン公式サイト 

 R.フェデラーを除いたトップ4が激突する。
Montesheed8


 R.フェデラーはクレーコートは今年は積極的には参戦しないようす。
 ウィンブルドンを目標にしているのだろう。

 錦織圭17位で参戦
 第12シードで 初戦はクレーコートのスペシャリスト A.ラモスと当たる。

Keimontedraw


 A.ラモス 

Keimontesayramos


 しっかり粘ってくる、クレーコートのスペシャリスト。
 攻め石がない事と、決めたと思って、安心しないこと。
 得意のドロップショットが活きるはず。
 ATPランキング42位 
 リターンが得意の
 錦織圭と似たタイプ
 クレーコートはめっぽう強い。
 24歳の若手。188cmの長身。
 しつこい粘りのテニスが身上だ。

 直前のハッサン2世杯 準優勝

  P.アンドゥハールに1-6 6-7で敗れている。この強くなっている
クレー王国スペインの若手だ。


ソフトテニスシステム手帳 2012
コート図練習メモ、スコア全てが入っている。

 ジュニアテクニック  

 シングルス上達  

 勝利の法則シングルス  

 ソフトテニス応援キット

Bivscorecpower


 ナダルのストローク、ワイパースウィングをマスターしたいのなら。
 杉山愛選手の公認コーチが
 スピード&回転のあるストロークを初めて公開!!
 爆発的に売れた第1作

新井湯太加の新井流フルスイングテニス塾


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。


|

« クルム伊達 ダブルス WTA3勝目 ガッツ溢れるプレー | トップページ | ナダル クレーコートの強さ ピカイチ 迫るN.ジョコビッチ »

テニス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

トップスピン」カテゴリの記事

クレーコート」カテゴリの記事

コメント

月岡先生、お久しぶりです。
錦織選手には、ぜひ全仏で良い結果を残してもらいたいですね☆ 中国・広州より

投稿: HIDEです。 | 2012年4月17日 (火) 16時07分

ナダルっ子さん、お久しぶりです。
全仏への道です。
ナダル選手には易しい道のりでしょうけれど、
錦織圭選手にはまだまだ険しいでしょう。

投稿: 月さん | 2012年4月17日 (火) 06時15分

コンチワ、全仏への道ですか。
いいタイトルですね。
ナダルが頂きですよ

投稿: ナダルっ子 | 2012年4月16日 (月) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 全仏への道 モンテカルロ クレーコート:

« クルム伊達 ダブルス WTA3勝目 ガッツ溢れるプレー | トップページ | ナダル クレーコートの強さ ピカイチ 迫るN.ジョコビッチ »