« 全仏 データで検証 サービス編 フェデラー ナダル | トップページ | ロランギャロ 女子で波乱が クレーコートの怖さ »

2012年5月29日 (火)

全仏 勝利のカギは データが示す法則

さあ、ロランギャロ勝利のポイントとなるリターン力。

 一番新しい男子シングルスランキング

 1位N.ジョコビッチ、Atptop100529

 変わらず

 2位のR.ナダル、
 3位のR.フェデラー、

 週変わりで
 ころころ変わる。
 今回の
 ロランギャロでも
 変動の
 恐れありだ。

 4位のマレー、少し不調。
 5位以下は離れている。

 益々選手にはプレッシャーがかかる。


 まずはサービス力のおさらいを知っておこう。
 ロランギャロとサービス力 男子シングルス

 このデータはRgcuprogo

 去年の
 全仏からあつめたもの。
 この時、
 R.フェデラーは
 凄く調子が良く、
 連勝中だった
 N.ジョコビッチに
 勝っている。
 従ってデータ的に、
 R.フェデラーが
 N.ジョコビッチよりも
 上に来ている。

 男子トップ4の実力は
  
Ustop4attackindexnew


 相対的な評価としては、N.ジョコビッチの方が上だ。
 去年の連勝の原動力がリターン力だ。
 N.ジョコビッチは、R.ナダル同様に、リターン力を武器に、
 サービス力を上乗せして強くなった。

Rfbstspin


 普段はサービス力で力を発揮する、R.フェデラー。
 去年はリターン力でも抜群の力を。
 底力がある選手だから、今年は怖い。

 リターン 対1stサ-ビス ポイント獲得数
 読者の方から「数よりも%」とご指摘を頂いたが、
 ポイント獲得率のデータをまとめる時間がなかったので、お許しください。
Rg11mre1st


  この表と上位進出者、ランキング、
  大きく相関関係がある。
  つまりこのデータがロランギャロでは重要と言う事だ。

 リターン 対 2ndサービス ポイント獲得数
Rg11mre2nd


  このデータも上位者と相関関係がある。
  要するに、ロランギャロではリターン力が非常に重要と言う事だ。

 その結果、ブレークポイントをしっかりゲットする事で、
 相手のサービスブレークをすることが出来る。

Rg11mbpc


 1ポイントを争う緊迫したゲーム。
 ブレークポイントをものにするには
 2ポイント練習が必要。

 そこでの集中力と言う事になる。
 これが非常に強いのが、R.ナダルだ。
 ナダルのブレインゲーム
  

 クレーコートで強い、さらに
 戦略にもたけている訳だ。


 ナダルはコートをしっかり使い分ける
 ナダルのゾーン進化 

 そのベースとなる武器がフォアの回り込み

 ナダルがフォアに回り込んダ時に勝負は決まる。
 8割勝ち。 

Sayingrerg


   

 本日の御教訓 データが示す全仏の強さ
リターン力が重要

1:ブレークポイントの強さ
2:リターンゲームの強さ
3:安定したサービスゲーム


全仏便利リンク集
 速報の結果を知りたい方に、素晴らしいサイトを紹介。
 tennis Explorer men 

tennis Explorer lady

ロランギャロ

 ウィンブルドン

 USオープン 

 テニス365 

 ATP男子プロテニスツアー

 WTA 女子プロテニスツアー 

 WOWOW テニスオンライン

テニスシステム手帳B7サイズ2012


 セミオーダーテニスノート
 細かい説明はここで

Courtzone

ボール出しマニュアルDVD

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 全仏 データで検証 サービス編 フェデラー ナダル | トップページ | ロランギャロ 女子で波乱が クレーコートの怖さ »

テニス」カテゴリの記事

フェデラー」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

全仏」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

リターン」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。朝の情報、テニスのイメージトレーニングに最適です。有り難うございます。

投稿: early bird | 2013年5月29日 (水) 05時40分

今年のトップ4の実力と、錦織圭の比較、知りたいですね。

投稿: 万年中級者 | 2013年5月28日 (火) 17時48分

青さん、ご指摘有り難うございます。
データを万止めるのに時間が足りませんでした。
女子ではトライします。

投稿: 月さん | 2012年5月30日 (水) 05時35分

こんばんは。要するに、サービス、リターンですよね

投稿: 復習 | 2012年5月29日 (火) 19時13分

ポイント獲得数だと多くのゲーム数をこなした方が数値が大きくなるから、他の選手と比較しづらいと思われます。

昨年準決勝まで進出したジョコビッチのリータンでのポイント獲得数がフェデラーやナダルと比べて少ないのは気になりますね。

投稿: あお | 2012年5月29日 (火) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全仏 勝利のカギは データが示す法則:

» グランドスラムの重さ アザレンカ 大逆転 [ショップブログ]
アザレンカが教えてくれたもの。  それはグランドスラムの重さだ。 ロランギャロ 初日の緊張感  今年のロランギャロは、コートが速い。  ハードコートの感じがすると。  一方でボールが変わった。  バボラのボールになる。  フランスの大会なのだから当然かも。  このボールが少し遅いらしい。  選手は少し戸惑うだろう。  クレーキング、R.ナダルがどう評価するか?  グランドスラムとコートサーフェイス     グランドスラムは重い。選手にとっての意義、緊張感、全... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 05時01分

« 全仏 データで検証 サービス編 フェデラー ナダル | トップページ | ロランギャロ 女子で波乱が クレーコートの怖さ »