« サービス上達の科学 サービス研究4  捻り戻し | トップページ | ブルークレー まさかのジョコビッチ 強いフェデラー »

2012年5月11日 (金)

ナダル敗れる ブルークレー

 青いクレーでナダル敗れる。

 ナダル 同僚のF.ベルダスコに敗れる。
Barnadallostyahoo

 僕にはこの青いコートは合わないと。
Barnadalfs


 その前のバルセロナ、レッドクレーでは圧倒的 だった


 そう言われてみると、なんとなく怖そうに打っている?


 軟らかくて、滑りやすい。
 と試合前の不満そのままに漏らした。

 バルセロナの青いクレーコート

Barverdafshh

 

 F.ベルダスコはナダルに初めての勝利
 今まで13連敗中だった。
 全豪でのひぃ劇的な逆転劇も含まれている。
 この仕合僕はテレビを見ていて、途中で、寝ました。
 翌日お驚き。

 強烈なフォアハンドでウィナーを奪う。
 第3セット劇的な逆転勝利をおさめた。
 あのナダルをして第3セット1-4からの逆転。

 敗因は1stサ-ビスのポイント獲得率、コートのせい? <>


試合全体の統計
Barnadalstatsall_2


 第1セット
Barnadalstats1


 第2セット

Barnadalstats2


 第3セット

Barnadalstats3


 レフティ同士の強烈な打ち合いを制したのはF.ベルダスコだった。
 トップスピン
  トップスピンマスター 

 錦織圭がまだ勝てないF.ベルダスコ
 

 錦織圭が腹筋を痛めたにはF.ベルダスコ戦
 
 僕はR.ナダルのプレーは好きですが、負けをコートのせ位にすべきではないと思います。
 青い柔道着だから負けた、との言い訳、それと同じです。

 グッドルーサー である必要があります。

Sayinggoodloser


 アスリートなのですから。
メンタル.タフネス向上

 
 バルセロナ、
 勝ち上がっているのは、
 第1シードのN.ジョコビッチ
 R.フェデラー
 G.シモン

 勝利の法則シングルス

 R.フェデラーはクレーコートのアーティスト、D.フェレールと対戦する。

 他の選手の反応はどうでしょうか?
 次に紹介します。

 バルセロナオープン 公式サイト 

 公式サイトドロー 

 テニス作戦ボード セミオーダー
 欲しい作戦ボード、
 試合に勝てる作戦ボード作ります。


Tenniswbscorec4

 この画面で試合を支持出来たら、便利だと思いませんか?

 作戦ボードの詳しい内容は


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« サービス上達の科学 サービス研究4  捻り戻し | トップページ | ブルークレー まさかのジョコビッチ 強いフェデラー »

クレーコート」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

速報」カテゴリの記事

コメント

ナダルっ子さん、おはようございます。
F.ベルダスコに打ち負けた感じですね。
1-4からの逆転ですから、コートのせいではなく、
自分のせいにすべきです。
メンタルタフネスですよね。
確かに微妙なスライドのタッチが大事なのは分かりますが。皆同じ条件ですから。

投稿: 月さん | 2012年5月12日 (土) 06時15分

おはようございます。ナダルがだめなクレーコートってありなんですか?

投稿: 生徒A | 2012年5月11日 (金) 11時05分

そうなんですよ。R.ナダル、今まで負けた事のないF.ベルダスコに逆転負け。ショックですね。コートのせいにしてはいけない。確かにそうなんですが。

投稿: ナダルっ子 | 2012年5月11日 (金) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/54682782

この記事へのトラックバック一覧です: ナダル敗れる ブルークレー:

» ジョコビッチ お前もか ブルークレーへの不満 [ショップブログ]
青いコートのマドリッド  ジョコビッチが負け フェデラーは強さ発揮  異変が続出。  第1シードのN.ジョコビッチがJ.ティプサレビッチの敗れた。  マドリッドの青いクレーでは試合をしたくないとの事。  R.ナダルと同じ言い訳。    これってあり?  コートがあればどこも戦場。  そこで戦うのがテニス戦士なのだから。  負けに不思議の負けなし。野村監督    第3シードのR.フェデラーはクレーコートの魔術師... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 07時18分

« サービス上達の科学 サービス研究4  捻り戻し | トップページ | ブルークレー まさかのジョコビッチ 強いフェデラー »