« ラケッティングでテニスのセンスアップ 動画で紹介 | トップページ | なでしこの敗戦から学ぶもの 戦略の立て直し »

2012年6月18日 (月)

テニスのフィーリング ラケッティングで感じ取ろう

フィーリング テニスの基本です。

 スポーツの感覚。
 フォームではなくて動き。
 意識せず、無意識に。

 まあ、Relaxchairimage

 禅の境地にまで
 達すれば
 凄いんですけれど。

 基本は
 リラックスなんです。

 集中力を高めるにも基本はリラックス

 力一杯のテニスから脱却したいと思いませんか?

 テニス フィーリングの原点に戻って、フィーリングを紹介しています。
 テニス楽しいですよね。打った時の感触って気持ち良いでしょう。
 この気持ち良さのためにプレーしているのでは?

Sayrctennisfan


 我々日本人は、説明が好きで、スポーツの練習にも、考え入れ過ぎる傾向があります。
 テニスで言えば、テニスはラケットとボールの単純な接触なんです。
 しかも千分の数秒というようなミクロな世界なんです。

 そこを説明しちゃうと、難しくなってしまいます。


 ところが試合に出る様になると、いろいろ相手との関係で意識が生じます。
 「勝ちたい」


 「あそこのオープンコートに打ちたい」。意識が出てきます。

 試合では大切な意識なのですが、それが皆さんの身体に強い意識となって働くと、
 意識が先行して、筋肉に強く命令を出すようになります。
 すると筋肉はリラックス出来なくなって、動きが硬くなり、スムーズでなくなるのです。

 これが緊張感ですね。

 そこでフィーリングに戻ります。
 特にラケットのスウィートエリアを感じ取れたらいいですね。

 フィーリングアップにはラケッティング

Racketingrelation


 特に打った時の気持ち良さ、これを感じてください。

 「パッコーン」と飛んだ時の気持ち良さ

 エッツ、「気持ち良く打てないって?」

 それでしたら、どんどん練習のレベルを下げて、気持ち良く感じる練習を増やしましょう。
 ハードヒットする方も、ハードヒットの充実感は分かるのですが、
 ラケットの真芯でとらえた時の感触を思い出してください。

 まん中に当たっていない時に、フルスウィングしたら肘に悪いですよ。

 ラケットの真ん中で打つと、
 ラケッティングでしたらただ当てるだけですね、
 自然にボールが飛びます。
 そうなんです。ボールは自然に飛ぶんです。
 ラケットのストリングスが反発して、ボールを弾いてくれます
 力一杯振り回さなくてもボールは飛んでくれます。
 ですから楽なスウィングでいいんですよ。
 テニス上手な人って、力みがないでしょう。

 特に手首がリラックスしています。
 手首が硬いと、コートにあるボールをラケットで取れません。

 やってみてください。
 
 意外と難しいですよ。
 コートのボールをラケットで拾う方法
Sayrcballcatch

 この記事では水泳とテニスのサービスの上達関係を紹介しています。
 トロフィーポジションと関係があります。分かりますか?
 サービスのトロフィーポジション

Sayingsertposition

 
 できなかった方は、やり方を紹介します。
 コツが分かればこんな簡単な事はありません。
 動画で親切に紹介してありますから。

 今度、コートでさりげなくボールを拾ってください。

 ラケットと言うか、ストリングスの反発を感じられたら最高です。
 するとタッチが良くなりますよ。
 タッチが良くなるラケッティング


 R.ナダルが格好良くボールを拾います。
 

Sayingrctouch


本日の御教訓 フィーリングテニス
タッチを大事にしよう

 1:スウィートエリアを感じる
 2:ラケットの反発を感じる
 3:自然に飛ぶ事を知る

テニスシステム手帳バイブルサイズ2012

B7tennisscoremagstats


テニスシステム手帳B7サイズ2012

ボール出しマニュアルDVD

Bmfmredash

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ラケッティングでテニスのセンスアップ 動画で紹介 | トップページ | なでしこの敗戦から学ぶもの 戦略の立て直し »

テニス」カテゴリの記事

フィーリング」カテゴリの記事

感覚」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

インナーテニス」カテゴリの記事

イメージ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。生徒さんが、喜んでやって、しかも上達するラケッティングを教えてください。
よろしくお願いします。

投稿: まっちゃん | 2012年7月18日 (水) 19時22分

今日は大雨、気をつけましょう。あのテニスボールのチェアー、グッドですね

投稿: ナイスショット | 2012年6月19日 (火) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テニスのフィーリング ラケッティングで感じ取ろう:

» テニスの動きをスムーズに ラケッティング [ショップブログ]
フィーリングを高めるには  梅雨入りです。  室内でも出来る練習を紹介しています。  昨日のボール立て、反響がありました。  是非集中力アップにお役立て下さい。 スポーツのセンスって言いますよね。  上手な人は  動きが滑らか、スムーズです。  リズム感があります。  テニスに関してはラケットの真ん中、スウィートエリアと言いますが、  ここにボールが当たることが重要なんです。  まん中に当たると、ボールが楽に飛びます。  ですから力を抜く余... [続きを読む]

受信: 2012年6月19日 (火) 13時57分

» なでしこ敗戦から学ぶ テニスダブルスの知恵 [ショップブログ]
サッカー、なでしこの完敗と、負けから学ぶ事  昨日、サッカーのなでしこの試合、見ましたか?  アメリカに完敗でした。  シンプルな攻撃、速さを活かす。アメリカのサッカーでした。  日本は不用意な横パスをカットされて、逆襲です。  優勝したなでしこに学ぶ事  この時の組織力を、アメリカは学習してきたのです。  その状態を把握できずに、同じミスを何度も、  この状態って、サービスをバック入れるのを読まれて、回り込まれる状態に似ていませんか? ... [続きを読む]

受信: 2012年6月20日 (水) 06時47分

» テニス 回転を使い分ける基本 ラケッティング [ショップブログ]
ボールの回転感覚を覚えよう  ウィンブルドンが始まると速報で時間をとられます。  その前に、上達抱負を出来るだけ紹介しておきますね。  と言う事で、トップスピンとスライスのフィーリングです。 まず基本編をしっかりやっておきましょう。  スウィートエリアで打つためラケッティング    トップスピン、スライス、  回転を意識し始めたら、中級者ですね。  レッスンをしていると面白いですよ。  トップスピンは分かるんだけれど、ス... [続きを読む]

受信: 2012年6月25日 (月) 05時21分

« ラケッティングでテニスのセンスアップ 動画で紹介 | トップページ | なでしこの敗戦から学ぶもの 戦略の立て直し »