« ダブルスを客観的に観る 上達の秘訣 | トップページ | フェデラー 世界記録へカウントダウン ランキング1位 »

2012年7月19日 (木)

ダブルス 陣形 基本知識 陣形は動くもの

ダブルス上達のヒント  陣形、フォーメーション

 暑いですね。
 テニス楽しいですが、Moonfironical

 健康、
 安全第一。

 楽しいテニスを。


 熱中症物知り辞典
 最新情報で理論武装しよう。

 水分補給の知識


 読者からはダブルスの質問が多い。
 テニス愛好家が楽しむのはほとんどがダブルスだからだ。
 その割に、ダブルスのテレビ放映が少ないですね。

 先日のウィンブルドンのSemi-Final ウィリアムス姉妹ですらこんな台形フォーメーションになります。
 理由を考えましょう。

Dbwsistersrevfor


 理由はここの動画で分かります。 ウィンブルドン女子ダブルス Semi-Final

 陣形、フォーメーションに興味を持つようになると、ダブルスも強くなる。
 戦略、戦術の意識が出て来るからだ。

 ただダブルスを楽しむだけならば、サービス、リターン、ボレー
 ショットの注意だけでも良い。

 ところがダブルスの試合に出ると、相手は弱点を狙って来る。
 すると、ショットだけの関心では済まされない、
 切り替える陣形の意識が必要になってくる。

Sayformationismove


 ダブルスに必要な陣形意識  

 陣形の動きはソフトテニスから学ぼう
 1ゲーム目で全ての陣形を使う。

 強くなるダブルスの陣形  

 ニューギニアフォーメーションって知っていますか?
 

 そこで皆さんに質問です。
 質問1 私フォアサイド、バイブルサイズを言う事を初級の方は使う。これは間違いなぜか?

 質問2: 平行陣はサーブ&ボレーでと思っている人の間違い。3つ

 答えは下に。

 ダブルスの陣形について整理してみたい。

 サービス時の陣形
Lc_dbformationser

 ラリー中の陣形

Lcdbformationrally


 陣形は頭を柔らかくして対応することが重要だ。
 例えば「私達は分業で雁行陣」、と言っていても、ドロップショットを打たれたら、陣形は崩される。

 相手が有っての陣形である事をお忘れなく。

 サーブ&ボレーで前衛陣の速攻と意気込んでいても、テニスクラブのロブで簡単に崩されてしまう。
 陣形は動くものと理解すれば、良い。
 その動き方には、一定の法則があるので動き方を覚えれば、
 自分達の陣形が成立。

ペアで共通意識を持つ、これがダブルス陣形の基本だ。

 相手の動きに併せて、自由縫い動かす事も出来る。
 もちろん先手必勝で、相手にプレッシャーをかけるのが大きな狙いだ。
 自分達の都合だけで陣形が成り立つ訳ではないからだ。

 ダブルスは雁行陣だけだと思っている方も多いが
 サービス時の陣形と
 ラリー中の陣形とに分けて考える必要がある。

 例えば今はやりのI.フォーメーションはサービス、リターンの時だけの陣形で、
 サインプレーで次の展開になる。
 次の瞬間I.フォーメーションは無くなるのだ。

 陣形の教訓を一つ。
 先に相手を動かせ。

Sayingdbformation


本日の御教訓 陣形は動くもの
ペアで共通意識を持つ

1:相手がいての陣形
 2:先に動かせ
 3:相手の狙いを読め

ダブルスは陣形で強くなる。基本パターンを覚えよう
 ダブルス陣形編  

ダブルス陣形雁行陣

 ダブルス陣形並行陣 

ソフトテニスボール出しマニュアル ドリル選210 DVD版

Bmmatch2back

ボール出しマニュアル ドリル選210 DVD版

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  


 質問1:答え。フォアサイド、バイブルサイズではなく、右サイド、左サイド。
例えばサースポーの人が居たらどうしますか?
 ここに答えがある。  フォアサイドは大間違い
 
 質問2:答え 平行陣ではなく並行陣。平行では何に平行だかわからない。相手に併せるだから並行陣
 並行陣は前に詰めるだけではない。下がっての後衛陣もある。
 並行陣には、前衛陣と中衛陣、後衛陣の3つがある。
 一般プレーヤーの方は並行陣=前衛陣だと思っている。

 従って前衛陣だって、リターン側がリターンダッシュをすれば成立する。


 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ダブルスを客観的に観る 上達の秘訣 | トップページ | フェデラー 世界記録へカウントダウン ランキング1位 »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

陣形」カテゴリの記事

フォーメーション」カテゴリの記事

ペア」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

コメント

そうなんです。ダブルスの陣形派きわめて流動的。
相手に合わせるか。
強いチームなら自分達の都合で動けますが。
そこが問題なんです。

投稿: 月さん | 2012年9月16日 (日) 08時44分

こんばんは。いつもよい言葉が多いですが。
陣形は動くもの。先に動かせ。
いいですね。
ダブルスノキモですね。

投稿: まっちゃん | 2012年7月19日 (木) 19時02分

こんばんは。いつも語り口が変わって面白いですね。ダブルス特集の様で役に立ちます。
ところでニューギニアフォーメーションって知りませんでしたが?

投稿: あのその | 2012年7月19日 (木) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス 陣形 基本知識 陣形は動くもの:

« ダブルスを客観的に観る 上達の秘訣 | トップページ | フェデラー 世界記録へカウントダウン ランキング1位 »