« デビスカップ男 Mrフェンス フェレール ベルディハ戦 | トップページ | ダブルスの面白さを再確認 デビスカップ Part1 陣形勝負 »

2012年11月19日 (月)

デビスカップ 番狂わせ チェコ スペインを破る

チェコが 常勝スペインを破り優勝
 戦前の予想では、圧倒的にスペイン有利。
 去年の優勝チーム
 ランキング上位の選手を揃えていること。
 ダブルスでATPファイナル優勝ペアがいる事。
 D.フェレールの存在が大きく効いている。

 デビスカップは国別対抗戦。
 今回の様に最終戦までもつれると、
 普段よりもさらにプレッシャーは大きくなる。

 団体戦のプレッシャー
 今自分の心がどうなっているのかを知ることが大事だ。

Mt4

 皆さん、強いテニスの心持っていますか?
 コツが必要です。
メンタル.タフネス向上

 ソフトテニスメンタル.タフネス

 しかし、今回は、ホームの利を活かした。
 チェコに軍配が上がった。Dcupstats32

 チェコは、かなり前に、
 I.レンドルの活躍で
 優勝したことがある。


 一方のチェコは、T.ベルディハとR.ステパネック、二人のチーム。
 単複二人で戦う。
 だから最後までもつれると、二人とも3試合戦う事になる。

 その原動力がR.ステパネック
 6-4 7-6(0) 3-6 6-3 で強打のN.アルマグロを下した。
Radeckdcup


 R.ステパネックの真骨頂のL.パエスと組んだダブルスの動画を最後に紹介する。

 デビスカップ男同士の対決だった、T.ベルディハは粘りのD.フェレールに敗れた
  

 しかも信じられないストレート。
 2-6 3-6 5-7 明らかに前日のフルセットの疲れが見える。

 これで2-2のタイ。
 勝負はファイナルにもつれこんだ。
 日本対イスラエル ファイナルの激闘 
 イスラエルの新星 Amir WEINTRAUB
 日本の添田豪、伊藤竜馬に連勝しているが、
 まだ世界の舞台には立っていないようだ。強いのに不思議。

 ランキングはスペインが上。
 N.アルマグロは11位。R.ステパネックは31位。

 N.アルマグロは伸び盛り。R.ステパネックは失礼だが34歳。
 過去の位対戦成績は1勝1敗のイーブン。
 少し前のUSオープン、N.アルマグロが3-1で破っている。

 R.ステパネックに有利な点と言えば、ホームコートと言う事。
 少し前までATPツアーファイナルのダブルスの本戦で戦っていた、ネットプレーの速い動き。
 この点があげられる。
Chechradal

 N.アルマグロの強打をどのようにテクニックでかわすのか。
 特にサービスは速く、フォアハンドストロークの強さは定評がある。
 サービスは、T.ベルディハと当たった試合、ひけを取らずに、むしろサービスエースでは上回っていた。

 R.ステパネックを支えたのは、デビスカップで優勝したい一念と、
 たったの1ブレーク差。

Chechradtomasdcup

 T.ベルディハとR.ステパネック、二人のデビスカップだ。

 ダブルスで培った、ネットプレー。

Radeckalstatsall

 ネットプレーでのポイントが41ポイント 全体のポイントの27%になる。

 第3セットはN.アルマグロが意地で奪ったが、ここまで。
Radeckalstats3set


 R.ステパネックは語る。
 「攻撃的なテニスを展開できた。自分には何も恐れるものはない」

 この二人の試合、面白かったのが、フォアよりもバックのウィナーが多かったこと。
 トッププレーヤーでバックが得意でも、フォアのウィナーの方がはるかに多いのが普通。

 それだけ決めてはフォアにある。
 この二人、バックのボールを無理して回り込まない。
 バックで処理をする。
 それがこの結果になった。
 
 これで今年のデビスカップは終わった。
 1年かけての戦いは面白い。

 また来年から新しい戦いが始まる。
 日本はアジア予選からの試合となる。
 初戦はインドネシア。有明で始まる。

 【デビスカップ by BNPパリバ 2013 アジア/オセアニアゾーングループ1・1回戦】
 2013年2月1日(金)~3日(日)


 テニス作戦ボード セミオーダー

 作戦ボードの詳しい内容は

Matchscore2cmeset

 ダブルス フォーメーションを覚えたら強い。
【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« デビスカップ男 Mrフェンス フェレール ベルディハ戦 | トップページ | ダブルスの面白さを再確認 デビスカップ Part1 陣形勝負 »

シングルス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

デビスカップ」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

試合」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 志望動機 | 2012年11月26日 (月) 15時29分

まっチャンさん、おはようございます。そうですね。スペインにナダルがいたら、何の問題もなかったでしょうね。

投稿: 月さん | 2012年11月20日 (火) 05時31分

こんばんは。強豪スペイン敗れる。事件ですね。ナダルがいたら、ノープロブレム。

投稿: まっちゃん | 2012年11月19日 (月) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/56147954

この記事へのトラックバック一覧です: デビスカップ 番狂わせ チェコ スペインを破る:

» 2013 デビスカップ 添田、伊藤で2勝 [ショップブログ]
デビスカップ 2013 アジアゾーン インドネシア戦  国別対抗戦、デビスカップの長い戦いが始まった。  手始めは、最近力をつけているインドネシア。  インドネシアには申し訳ないが、日本はここは軽く突破する。  デビスカップのワールドグループの試合を見て欲しい。  ワールドグループのドロー   日本の属するオセアニアゾーンのドロー   強豪同士が、トッププレーヤーが国の威信をかけて激突している。  ライブスコアで楽しめるぞ。  デビスカッ... [続きを読む]

受信: 2013年2月 2日 (土) 12時04分

« デビスカップ男 Mrフェンス フェレール ベルディハ戦 | トップページ | ダブルスの面白さを再確認 デビスカップ Part1 陣形勝負 »