« ダブルス 逆転の発想 Part3 強い相手と対戦したら | トップページ | フェデラー ナダル 強さはどこから? »

2012年12月14日 (金)

ダブルス 逆転の発想 Part4 手抜きする

逆転の発想 Part4 全部に頑張らない
 読者の方から、コメントを頂きました。
 「早速I.フォーメーションやってみます」。
 嬉しいですね。最初はトライ&エラーで良いのです。 
 でも必ず何かを得ますから。今まで得られなかったものを。

 「手抜きをしましょう」。こんな事言うコーチいませんよね。

 こう言う事です。Sayhowconcentlate

 ポイントの
 全をとろうとしない。

 1セットマッチ、
 全部でどれ位の
 ポイントがあると
 思いますか? 
 まあ、6-4として、大体50ポイント位ですね。
 この全部に集中する事は難しいです。
 集中できるペアが強いペアですが。

 皆さんのダブルスを見ていると、1ポイント毎に一喜一憂しています。
 最初のポイントを落とすと、かなりガッカリして、
 全てを失った顔色に見えます
 全てのポイントを勝とうとしていると、気落ちもします。
 全部に頑張ってしまうんですね。
 それでポイントを落とすと落胆し、
 1ゲーム落とすと、これで終わり、
 それを表情に出してはだめです。
 集中すべきは、サービスゲーム、1stサ-ビスです。
Sayconcentlate1stser

 表情には出しませんが、出して欲しいのが、ボールを追う気持ち、態度です。

 このデビスカップのスペインペア、見てください。
 こんなエンドでDbspanishchaice

 サイドのボールを
 二人で追っています。

 本当は
 「お願い!」で、
 どちらか一人が
 処理しないと、
 オープンコートが
 出来てしまいます。

 このチェコペア、
 センター二人で
Dbczechfan


 重なっています。

 プロとしてはミスです。
 だって重なっていますから。

 でもこうしてセンターケア
 に重なるる位の
 ペアの方が強いです。
 相手は嫌です。

 デビスカップ ファイナル チェコvs スペイン
 正統派と変則陣形のダブルス
 こんなに面白い試合、見たことありません。 
 動画もあります。

 たとえ0-4にリードされても、「さあ、この4ゲームで相手を見切ったぞ」、
 位の気持ちで仕切り直しです。

 逆転される事って多いでしょう。
 小さな気の緩みからなんです。

 N.ジョコビッチ、
 R.ナダルは最初のセット、結構ゲームを落とします。
 競っている事を楽しんでいるかのようです。
 N.ジョコビッチの勝ち方

 相手をしっかり見切っているんですね。
 そして一度リードしたら、一気にゲームを持って行きます。

 テニスのゲーム、試合を理解しましょう。
 1ゲームは0-15-30-40と4ポイントあります。
 4ポイントを先に落とさなければよいのですから。
 ポイントの失敗は、気落ちせずに、次のポイントを取る事に全力集中する事です。

 2ポイント連取する。ここに注意してください。
 と言う事は2ポイント連取されてはいけない、と言う事です。

 試合に勝つには。流れを作るダブルス

 テニスのゲームを理解する。

 それと試合は6ゲームマッチであれば、サービスキープをして、一つブレークすれば良い。
 ですから、サービスゲームに集中して、
 相手のサービスゲームでは、相手がミスしたら、そこ乗じるのです。

 自分達のミスは平然として、相手のミスは見逃さない。
 ここが大事です。

Sayreenemymiss

 テニスはサービス、レシーブで差があるスポーツ。
 サービス側有利。ですからリターンゲームは焦らずに。
 サービスがポイントを取っても焦らない。

 と言う事は、リターンゲーム、常識では守備となりますが、
 攻めて行って良い訳です。攻めての失敗はOKとしましょう。

 ただし普段やったことのないような無謀な事はだめですよ。

 ですから、サービスゲームはキープするように集中。
 リターンゲームは、相手が有利。
 だから隙を見て、チャンスが来た時に、全力集中なんです。

 テニスのゲームの性質で、40-0、もデュースで勝っても1ゲームなんです。
 デュースの時は集中しますよ。

Sayingrfconcenration


本日の御教訓 全ての集中は無理
流れをつかむ
1:サービスゲームに集中
2:リターンゲームだから攻める
3:攻めてのミスは良い

 プレゼント用 スポーツ手帳
 子供にスポーツ手帳を 

Sysbi2

 野球手帳   

 サッカー 

 フットサル  

 練習内容をしっかり書いて実力アップ。
 喜ばれています。

 集中力の見本 ブライアン.ブラザーズのダブルス

ボール出しマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、250ページの大作です。
ボール出しマニュアル ドリル選210 冊子版
Bmcourtuse


ボール出しマニュアル ドリル選210 DVD版

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ダブルス 逆転の発想 Part3 強い相手と対戦したら | トップページ | フェデラー ナダル 強さはどこから? »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

インナーテニス」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

アドバイス」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

コメント

ロビンさん、コメント有り難うございます。
フットサルとスキーですね。まさにそこがセミオーダーの良い所です。
ページを調整いたします。ハイブリッドシステム手帳の出来上がり。

投稿: 月さん | 2012年12月16日 (日) 06時51分

おはようございます。テニスがメインですが、フットサルをやっています。両方が記録できるノート可能ですか?

投稿: ロビン | 2012年12月15日 (土) 08時45分

生徒Aさん、おはようございます。
そうなんです。全部に集中するのは無理なんで、上手に手抜きをするんです。
相手に分からないようにね。

投稿: 月さん | 2012年12月15日 (土) 06時18分

手抜きをする。ああ、驚きました。
そう言う事ですよね。でしたら納得。
早速手抜きします。

投稿: 生徒A | 2012年12月14日 (金) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス 逆転の発想 Part4 手抜きする:

« ダブルス 逆転の発想 Part3 強い相手と対戦したら | トップページ | フェデラー ナダル 強さはどこから? »