« クルム伊達 ダブルスで第1シードと大接戦 | トップページ | 森田 セレナと死闘 敗れるも収穫 »

2013年3月25日 (月)

錦織 快調に ベスト16へ 次は難敵 フェレール

Sony Miami Open 2013
錦織圭 ベスト16に 次はD.フェレール

 マイアミの錦織圭
 ニック.ボロテリーの同僚の
 X.マリッセをストレートで下す。
Keimalisescore

 集中力も切れなかったし、
 攻撃的なテニスを貫いた。
 このような表情を保てると、勝てる。
 勝つから表情が良いか、表情が良いから勝つか?
 

 懸案のサービス力も上昇してきた。

 第1セットはサービスが安定していたが、
 第2セットは2ndサービスを叩かれて少し苦戦した。

 しかし1stサ-ビスのポイント獲得率が70%を越えていたので、
 サービスは大丈夫だ。

Keishakemalise


 錦織圭 X.マリッセ戦 詳しい試合内容 

Keimalisestats


 次はD.フェレール。守備の達人だ。

 錦織圭のカウンター テニス 

 D.フェレールの守備のテニス 

 今年の全豪 フェレールの勝ち 
 集中力の差


 2008年 USオープン フルセットで錦織圭が勝つ
 


 土曜日の試合のハイライト動画
 

 A.マレー
 T.ベルディハ
 J.W.ツォンガの試合が紹介されている。


 午後に、D.フェレール戸の過去の試合内容を紹介する。
 お楽しみに。

 テニス日誌をつけよう。自分のテニスを知る。
 ジュニアとテニス日誌
 シングルスのコート図でイメージをつける。
A5smemoc1bird2


コーチ用ノート2012 

 選手育成ノート2012


 ジュニアのためのノート2012(年齢に合わせます)
 親子の交換日誌ノート2013 


ソニーオープンが分かるリンク集

 ソニーオープン マイアミ 公式サイト 
 
 ATP公式サイト 

 WTA 女子  

 テニス365  

 Wowow テニス

 Tennis daily

 クルム伊達公式サイト 
 テニス界最高のブログ。一般プレーヤーは見て欲しい。マメに更新しているし、
 心技体が良く見える。ベストブログ
 なんと言っても、元気をもらえる。

 錦織圭オフィシャルサイト 

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 横浜飲兵衛テニス倶楽部
Conv0019


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« クルム伊達 ダブルスで第1シードと大接戦 | トップページ | 森田 セレナと死闘 敗れるも収穫 »

テニス」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

シングルス」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 快調に ベスト16へ 次は難敵 フェレール:

» 森田 セレナに真っ向勝負 ストローク力向上 [ショップブログ]
森田あゆみ S.ウィリアムス Miami Sony Open  2週連続で強豪が集まるアメリカの大会。  インディアンウエールズのパリバス。  そしてここキービスケイン マイアミのSony Open.  森田あゆみも良くテンポの速いテニスについて行った。  最初にセレナのサービスゲームをブレーク。  ここまでの展開は互角、  ストロークのラリー戦も互角。  森田あゆみの予測が良かった。  しかしそこからが女王、少し間をおいて、森田を引き付... [続きを読む]

受信: 2013年3月25日 (月) 13時35分

» 錦織 フェレールと決着をつける時 [ショップブログ]
 錦織圭 D.フェレールと対決  過去のデータは 五分五分  錦織圭対D.フェレール  過去のデータ ATP    D.フェレールも、錦織圭との試合はタフな試合になるだろう。  沢山走らされるだろうし、信じられないようなショットを打ってくると、 警戒を強めている。  月さんの試合データからチェックしよう 2013  オーストラリアンオープン ベスト16 勝者D.フェレール    6-2, 6-1, 6-4 2012 ロンドン.オリンピ... [続きを読む]

受信: 2013年3月26日 (火) 05時49分

« クルム伊達 ダブルスで第1シードと大接戦 | トップページ | 森田 セレナと死闘 敗れるも収穫 »