« ナダル フェデラー 1ゲーム所要時間の差 | トップページ | フェデラー破る 剛腕ツォンガ フランスの夢を運ぶ »

2013年6月 4日 (火)

Nadal 復調させた錦織のショット 得るものは多い

ナダル復調 フォアの精度を高める
 ストローク戦、先に調子を上げたのは錦織圭、
 しかしその良いショットをカウンターでナダル。
 やはり王者だ。
 錦織のバックにボールを集められた。

 結果的に、眠れる獅子を起こす 錦織圭のショット。

 最初のゲームから壮絶なストロークの打ち合いとなった。
 試合前のコメント通り、錦織圭は攻撃テニスを披露。

Frkeifsslide

 クレーコートのスライドのさせ方も上手くなっている、順応性抜群。センスを感じる。


錦織圭の作戦は大胆不敵、ナダルはセオリー通り。
 ナダルのブレインゲーム
 試合は、打ち始める前に始まっている。

 戦略、作戦が重要
 錦織圭も、最初から、集中力の顔つき。
 R.ナダルも真剣。

 2人ともどちらかと言うと、スロースターター。
 それが派手な打ち合いになる。

Frnadalattackpp


 錦織圭の作戦、大胆にもナダルのフォアにボールを集める、叩く。
 ナダルのフォアが不調な事を知っての作戦だ
 

 錦織圭のコメント、第2セットは受け身になってしまった。
 ナダルのフォアが調子が良くなってきたので、
 左右に振るようにした。
 ナダルを動き始めたらさらに調子を上げて、
 ベースラインの内側に入られてしまった。


Frkeibshiballbad
 序盤では叩いていた、バックハンド。
 だんだん跳ね方が増え、苦しい打点に。
 これがナダルのエッグボールだ

Nadalspinbounce

 このゾーンの使い方が上手いのがナダル
 
 テニスのゾーンの考え方。一般プレーヤーも持つと上達が早い。

 ニック.ボロテリーで錦織圭な度を育てている、ゲーブハラミロの考え方
 ストロークの画期的上達法。トッププレーヤーの打ち方から学ぶ。


 システム5。これを知るとテニスが見えてきますよ。
 
 序盤のストローク戦では錦織圭が押している場面も多かった。
 浅いボールを叩きに行ってのミスが多かったが、
 それがクレーキングのプレッシャーだろう。

 スコアは、 4-6 1-6 3-6でナダルの完勝だが、
 錦織圭にはトップ10に向かって得るものが大きかったはずだ。

 今まで調子が悪かった、R.ナダルのフォア。
 錦織圭の押し気味のボールに最初は振り遅れていたが、
 すぐにタイミングを合わせる。

 試合をしながら調整する、さすがクレーキング
 
 ナダルの試合後のコメント、
 「今までの3試合と比べて、フォアが格段に良くなった」
 「フィーリングが戻ってきて、最高の状態だったよ」

 錦織圭のショットの威力が、ナダルのイップス を治療した。
 ナダルのイップス トッププレーヤーだって悩む。

 錦織圭、敗れはしたが、トップ10への道が見え始めた。
 次の課題は、体調をま万全にして、サービス力アップだろう。
 ウィンブルドンだから。


全仏オープンテニステニスが分かる便利リンク集
 ロランギャロ、いろいろ情報
  グランドスラムならではのとっておき情報を紹介。
 ロランギャロ公式サイト


 男子シングルス情報 

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 R.ナダル オフィシャルサイト   

 R.フェデラー オフィシャルサイト 

 錦織圭オフィシャルサイト

 クルム伊達 オフィシャルサイト
 更新が頻繁で役に立ちます。

テニス作戦ボード 見開き2画面マグネット
 コート図、1面、2面、立体、調整します。
 好評なのがスコア付アドバイス用コート図。
 硬式テニス用2画面マグネット 
Allstaffscorebird


 ソフトテニス用2画面マグネット


 セミオーダーテニスノート
 細かい説明はここで


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ナダル フェデラー 1ゲーム所要時間の差 | トップページ | フェデラー破る 剛腕ツォンガ フランスの夢を運ぶ »

テニス」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

全仏」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。錦織圭選手、言われているほど悪いプレーではありません。ナダルが良過ぎたんです。
錦織圭もリターンエースを狙いましたが、あのプレッシャーが毎回必応ですね。ナダルを相手なら。

投稿: 月さん | 2013年6月 5日 (水) 08時59分

こんにちは。見ていました。最初は互角でしたが。
凄い打ち合い。日本人でもここまで出来るんだって感じ。最後は試合経験ですね。集中力の配分と言うか。
でも頑張りました、勇気をくれました。
今日のサッカーに大きな力を与えてくれました。

投稿: 生徒A | 2013年6月 4日 (火) 11時47分

クレーコート日本では少ないですね。クレーコートがあるのでやっていますが、草がすぐに生えるので、手入れが大変です。
錦織圭、惜しかったですが、打ち合いでは遜色がなかった気がします。

投稿: クレー愛好家 | 2013年6月 4日 (火) 09時48分

録画しておいて、家で見ましたが、結果を知ってしまうと、意外と一生懸命見ませんね。
でも活路は見いだせる。錦織圭、次はウィンブルドンだ。

投稿: まっちゃん | 2013年6月 4日 (火) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nadal 復調させた錦織のショット 得るものは多い:

» トッププレーヤーの試合時間 フェデラーとナダルの差 [ショップブログ]
ナダル フェデラーの試合時間は  テニスの試合を観戦していて、前から気になっていた事がある。  R.フェデラーは1ゲーム当たりの時間が短かく、  R.ナダルは長いのでは? と言う事。  ウィンブルドンはラリーが少なく、サービス有利。  ロランギャロはサービスエースが少なくてラリーが良くつながる事は、調べて分かっていた。  グランドスラム4大会 試合内容  1ゲーム当たりの所要時間を計ってみた。  統計に出ている数字で分単位。  そして今回のロランギャロの3回... [続きを読む]

受信: 2013年6月 4日 (火) 08時34分

« ナダル フェデラー 1ゲーム所要時間の差 | トップページ | フェデラー破る 剛腕ツォンガ フランスの夢を運ぶ »