« ナダルと どう戦うか 相手のコーチとしたら part1 | トップページ | ナダル 記録ずくめのロランギャロ »

2013年6月 9日 (日)

Nadal戦 強い相手との対戦 アドバイス Part2

全仏 ナダル D.フェレール戦  緊急ブログ Part2
強い相手と戦う時のヒントを考えている。
 Prt1ではナダルも人間。
 恐れない事。
 Nadal戦、シングルスの基本戦略を述べた。

 ここ最近はフルセットにもつれる事が多い。
 しかし、D.フェレールがリードの展開で進んで、R.ナダルに逆転されるケースが多い。

 サービス、リターンのスタッツでは、わずかにR.ナダルが良い数字だが、
 これほどの連敗をする数字ではない。
 まず苦手意識を払拭する必要がある。

 大きな差は、ブレークチャンスの実行性
 ブレークチャンスはお互いに同じ位、しかし実際に多くブレークするのはR.ナダル。

 それはR.ナダルが、ピンチでの集中力が上がる事。
 それがトップにいられる条件なのだが。

Frnadaldavitatp

二人の対戦成績 Head to Head


 テニスはただの技の闘いではない。
 心技体の総合格闘技となる。
 特に相手がナダルでは、尋常ではない。

Sayknowhim


 ナダルは復帰してから、まだ2敗しかしていない。
 2敗目はモンテカルロのジョコビッチ。 
 まずここから勝因を探ろう。

 D.フェレールはマドリッドの準決勝でナダルに敗れている。
 敗因は、ナダルのリズムで打ち合った事。 

激しい打ち合い、ナダルもD.フェレールのストローク力を褒めるが、
 打ち合いは、ナダルがカウンターを打ち易い。

 しかし、R.ナダルが相手では、全てがナダルが得意となる。
 過去の対戦でも、D.フェレールがベースラインの中に入り、有利な態勢で攻め続けるが、
 1本の甘いボールで、オープンコートを突かれてしまう。

 D.フェレールもフォアに回り込むのは得意だが、
 D.フェレールのフォアに回り込んでの逆クロスはナダル得意のフォアとなる。

 ショットの精度で行くと、R.ナダルが勝るのはパッシングショット。
 特にダウンザラインは外から入って来る。

 ナダル得意のパッシングショット 

 真面目に考えると、今までD.フェレールが良かった展開を、そのまま続ける事になる。
 R.ナダルが恐れるのは、D.フェレールのフォア、
 特に回り込んでの逆クロス、これがR.ナダルのフォアになるのだが、
 ショートクロス的に来る。他の選手の逆クロスよりも角度が付く。
 この角度をより正確に。
 そしてナダルがコートの外に出たら、ダウンザライン。
 D.フェレールの作戦 

 ところがナダルは、この読みが良いので、
 読ませないようにしたい。
 どうするか、先にウィナーはダウンザラインかショートクロスか決めておく事。
 ナダルがどう動こうが、決めたショットを打つようにする。
 こうする事でナダルの読みを外す。

 強い相手には奇襲作戦を常套とする。
 孫子の兵法から学ぼう

サービス
 ナダルはベースラインから下がっている事が多いので、1stサ-ビスでアンダーサーブを打つ。 
  ただしこれはゲームポイントだけ。
 2ndサービスでナダルは中に入る。そこで一か八かで早いサービスをナダルのフォアに打つ。
  ただしこれは、ポイントをリードしている時だけ。
 アンダーサーブの効用、ソフトテニスに学ぶ
 

 ナダルのゾーンを逆利用する作戦だ。
Nadalzonecompare


ストローク
 普通のラリーでは勝てないので低いボールを多用する。
 特にフォアもスライスで低く打つ。
 先にワイドに振って動かすと、さらに厳しい角度で来るので、
 センター深くにボールを集める。

 シングルス 勝利の法則 
 パッシングショット対ネットプレー 

Sayingattackchance


ネットプレーはナダルが待ちに待っているショットなので、基本的にやらない。
 しかしやらない事をばれないように、出るフリはする。
 リターンダッシュ、サービスダッシュは2,3回味付けで使う。
 フェレールがやらない事を知ってるから。
 これはポイントをリードした時にする事。
 チップ&チャージも1回は入れる。

ナダルを前に引き出す
 ナダルのパッシングショットよりはナダルのネットプレーの方が怖くないから
 ただし出させるボールが甘いと、一発カウンターが来るので、
 ドロップショットで前におびき出す。
 これは決められても構わない。
 なん度でも有効。

 ドロップショット、トップスピンロブの前後左右攻撃
 

 乱数表による展開
 ナダルは相手の次のショットを読む天才。
 それはフェレールが自然に動くと、いくら自然でも、ナダルは身体で反応する。
 だからフェレールは乱数表で攻撃パターンを作っておく。
 機械的にショットを打つ。
 ナダルがどう構えようが無視して順番に打つ。

Lc2


例えば センター作戦
 1:サービスをセンターへ
 2:次のボールはセンターへ深く
 3:次のボールもセンターに深く
 してチャンスボールが来たらドロップショット

ワイド作戦 右サイドで使う
 1:サービスをワイドへ、右へ
 2:ストロークを左のワイドに
 3:ストロークを右のワイドに
 してウィナーは同じ側のショートクロスに

逆クロス作戦 左サイドで2ndサービスで使う
 1:サービスをセンターへ、多分ナダルはフォアに回り込む
 2:次のボールをナダルのフォアへ逆クロス、ショートクロス

 まあいろいろ作戦を考えてみました。
 考えるだけでも楽しいですね。
 D.フェレールの健闘を祈ります。
 あなただってメンタルタフネス、防御の鉄人なんですから。
 
 実は全てナダルのクレーコートの強さ作戦を前提として、逆を考えています。
  
 シングルス勝利のレッスンカード 

 テニスの上達に 伸びランニング 

 テニスの部活活性化をフォロー します
  
  作戦ボードTenniswblob


 テニス部活応援キット


全仏オープンテニステニスが分かる便利リンク集
 ロランギャロ、いろいろ情報
  グランドスラムならではのとっておき情報を紹介。
 ロランギャロ公式サイト


 男子シングルス情報 

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 R.ナダル オフィシャルサイト   

 R.フェデラー オフィシャルサイト 


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ナダルと どう戦うか 相手のコーチとしたら part1 | トップページ | ナダル 記録ずくめのロランギャロ »

テニス」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

全仏」カテゴリの記事

シングルス」カテゴリの記事

イメージ」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

フェレール」カテゴリの記事

ゾーン」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、テニスのゾーン、もっと知りたいです。

投稿: ああ猪苗代 | 2014年2月14日 (金) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nadal戦 強い相手との対戦 アドバイス Part2:

« ナダルと どう戦うか 相手のコーチとしたら part1 | トップページ | ナダル 記録ずくめのロランギャロ »