« 錦織選手 心技体の成長 Part2 強くなった要因 | トップページ | クルム伊達 素晴らしいファイティングスピリッツ »

2013年6月30日 (日)

錦織 崩れる 巧者の戦略に敗れる

錦織圭 A.セッピに敗れる 敗因は
 第12シードの錦織圭(日本)は
 第23シードのA・セッピ(イタリア)に6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6の激闘の末に敗れる。
 フルセット。トップ10入りは、簡単ではなかった。
 しかし、錦織圭のトップ10は希望だが、今回のテニスはまだまだ達していないことを証明する格好となった。
 A.セッピにそれを教えられた格好となった。A.セッピの戦略勝ちと言える。

Keiseppiscore


心技体、感情この4つの面での不安定さが浮き彫りになった。整理してみよう。
 その差は、サービスゲームの安定。
 要所でサービスエースが出たA.セッピ。
 要所でダブルフォールトが出た錦織圭。

 内容はブラット.ギルバートコーチと目指した、アンフォーストエラーを減らす安定性への方向変換が、
 逆戻りした結果となった。
 同じ結果が出た全豪F.ベルダスコ戦 

 チャレンジが使えない14番コート、そのジャッジにも泣かされた。しかしそれは仕方がない事。

 安定性の有る、A.セッピに打ち合いを演じた。もちろん打ち合いは必要。
 相手の攻撃意欲を削ぐには、一番の対処療法。しかし、逆の結果となる事も。
 打ち合いは、一般プレーヤーが陥りやすい大きなミス。
 ここは落ち着いてリズムを崩す、
 球質を変える、コースを変える工夫が必要で、
 ただ打ち会うケースが多かった。

Sayingkeimtb


錦織圭としては打ち勝つ自信があったのだろうけれど。
 先回紹介した、錦織圭の強くなった部分を思うだして欲しい。
  
 体力温存も立派な作戦。体力面で錦織圭は常に不安を抱える。
 錦織圭の戦略 で対抗すべきだった。

 まず、細かい足の動きが止まった。
 確かに深いA.セッピのボールだが、両足が揃っている、錦織圭が居た。
 普段なら、細かいフットワークの微調整が必要。特にイレギュラーが多い、芝のコートでは必須だ。

 後はメンタルタフネスの問題だ。実はこれが大きい要因。
 苦しいポイントでも冷静に表情に出さずに淡々とプレーするA.セッピ。
 心技体+感情 このコントロールが難しい。錦織圭の感情悪い面が出た。
  
 平常心が大事な競った試合

 自分のミスでMid

 ポイントを
 失うと、
 明らかに
 イライラして、

 テンポが
 早くなる
 錦織圭。

 タオルを
 受け取る
 テンポまで
 早い。

 1,2回戦ではなかった表情、硬い。
 ラケットもコートに思い切って叩きつけた。

 そう 試合に負ける法則

 第4セットでも、叩きつけようとして、思い留まった。
 自制心が働いた部分だ。

 メンタルタフネスをコントロールする。
  メンタル.タフネス向上

 それは勝利の法則にも直結する
  勝利の法則シングルス

 第4セット、A.セッピはアンフォーストエラーが0。
 ミスするからイライラスキーするのか、イライラするからミスするのか。
 悪循環が広がる。

 サービスのポイント獲得率も小差で錦織圭が低い。

 問題はアンフォーストエラーが多過ぎる事と。
 ブレークチャンスを確実にもののできなかった事。

 途中でトレーナーを呼んでいる。腰と、膝。
 芝に足を取られて2度転倒している。

 錦織圭vs A.セッピ スタッツ 
Keiseppistats


 トップ10を狙う錦織圭、サービスゲームの安定性が重要。デュースゲームが多過ぎる。
 疲れるし、自分にプレッシャーがかかってしまう。

本日の御教訓 自分の心技体をコントロール
アンフォーストエラーを減らす
 1:ウィナー
   マイナス
   アンフォーストエラーをプラスに
 2:相手を先に動かす
 3:心は乱れても見せない

テニス力強化の気配りグッズ アート&スポーツ 
 メンタル強化ノート 

 セミオーダーノート

 部活監督、学生管理ノートセット

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]

ウィンブルドン2013早分かり情報
 ウィンブルドン オフィシャルサイト 

 グランドスラム ウィンブルドン

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 N.ジョコビッチ オフィシャルサイト

 錦織圭 オフィシャルサイト


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 錦織選手 心技体の成長 Part2 強くなった要因 | トップページ | クルム伊達 素晴らしいファイティングスピリッツ »

テニス」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

ウィンブルドン」カテゴリの記事

全英」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

コメント

心優しきさん、コメント有り難うございます。
錦織圭選手へのコメントですね。少し厳しいかもしれませんが、期待しているから応援したいのです。
実力はあるので、本当に本人だけの問題、特に心の強さだけだと思います

投稿: 月さん | 2013年9月 2日 (月) 05時20分

こんばんは。いつもテニスの情報、楽しく見ています。メンタルタフネス言われている事は分かるのですが、
錦織圭選手に厳しいですね。
頑張っていると思うのですが。

投稿: 心優しき | 2013年8月30日 (金) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 崩れる 巧者の戦略に敗れる:

» 錦織 強くなった訳 Part2 [ショップブログ]
錦織圭の成長 Prt2 トッププレーヤーの心技体  錦織圭の強くなった要因   その大きな理由は、ギアの入れ替えで、攻撃モード、集中力切り替えが自由にできる事。  試合が選手を育ててくれる。  前哨戦で、強敵のA.マレー  R.ナダルと戦った事は良かった。  その結果、芝のフットワークが向上した。  始めて対戦する相手。  試合をしながら、相手の様子を探る。  自分のボールを見ながら、相手を観察する。  そしてどうしたら、相手を抑え込めるかの作戦を、組み立てる。 ... [続きを読む]

受信: 2013年6月30日 (日) 16時51分

« 錦織選手 心技体の成長 Part2 強くなった要因 | トップページ | クルム伊達 素晴らしいファイティングスピリッツ »