« ナダル 記録ずくめのロランギャロ | トップページ | 土から芝へ ウィンブルドン情報 前哨戦 錦織圭 クルム伊達 »

2013年6月11日 (火)

ナダルの教え 得意のフォア活かし方 回り込み

ナダル フェレール戦から学ぶ Part2ショットチェック 

 クレーコート、二人ともクレーコートの達人。
 王者のナダルと、職人のD.フェレール。

 真っ向勝負を挑んだ、D.フェレール。
 ボールの質は、ナダルの方が回転が多く、D.フェレールは上から叩く感じ。
 ベースラインの中には入りたい、D.フェレール。
 回転で大きく跳ねさせて、ベースラインの外に出したい、ナダルの壮絶な打ち合いだ。

Rafarefs5


 勝負はフォア、二人のバックハンドも凄いが、
 決め手はフォア。二人とも相手のフォアを恐れている。
 レベルは違うけれど、一般プレーヤーには、フォアを避け、バック狙いが鉄則。
 草大会にはいかにバックにボールを集められるかが勝負。
 一般プレーヤー勝利の法則 

 フォアに回り込んだ時に勝負が始まる
 そのためには、伏線のボールを打つ
 そしてオープンコートを作り
 ダウンザライン、クロス2か所を狙える余裕が必要だ。

Sayingrafarefs


1:伏線のボールを打つ
 いきなりフォアに回り込むのは2ndサービス位。
 普通はラリーの展開から、
 浅いボールが来た。
 自分のボールが深く入った時が勝負。
 相手もバックに打つだろうから、それを待つ。

 ナダルの勝利の法則、サービスの次にフォアを打つ

2:オープンコートを作り
 伏線のボールで相手にオープンコートを作る。
 相手は当然オープンコートをカバーしようとする。

 オープンコート 作り方教室 
3:2か所を狙える
 基本は逆クロス、右利き同士なら相手のバックになるから、
 返されても、次で波状攻撃が出来る。
 しかし、サースポーを右利きなので、逆クロスはお互いに相手のフォア。
 カウンターがある。
 そこで十分に相手を引き付けて、ダウンザライン、
 逆クロス。

 ダウンザラインもラインの少し内側、
 逆クロスはショートクロスでなければ、この二人では決まらない。
 一般プレーヤーはベースライン内側1メートルで十分。


 お互いフォアの回り込むで,ここからのショットがウィナー狙い。
 オープンコートが出来る。

 ナダルーフェレール戦 フォアハンド対決
 

 ナダルは19本のウィナー  アンフォーストエラーは11本
  従ってフォアの安定指数は 19-11=プラス8
 D.フェレールはベースラインから11本のフォアのウィナーを奪っている。
  フォアの安定指数は 11-15=マイナス4
 その回り込み対決が勝負の分かれ目となった。
 ダウンザラインの精度で、ナダルが上回った。

Frnadaldavisrallystats


 ナダル フォア究極の進化プロペラスウィングって?
  

 D.フェレール フォアに回り込み ショートクロス 全豪 錦織戦から

Davidrefs5


 
 2人とも、バックハンドは安定指数がマイナス
  ナダルは  マイナス6
  フェレールはマイナス7   バックでの勝負は僅差。

 バックハンドもナダルの方がよりトップスピンが強く安定性がある。
 速さはD.フェレールだ。

本日の御教訓 勝負はフォア
 フォアに回り込んだ時に勝負が始まる
 1:伏線のボールを打つ
 2:オープンコートを作り
 3:2か所を狙える


 最新の攻撃型ストロークを覚えよう。分かりやすいレッスン動画満載のDVD
 錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 テニス部活応援キット
 各種スポーツの作戦ボード 手作りで注文制作

A5memoc2wbc1


 各種スポーツのイラスト入りノート制作

テニスが分かる便利リンク集
 錦織圭出場のゲーリーウエーバー公式サイト

 芝の殿堂ウィンブルドン

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 R.ナダル オフィシャルサイト   

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ナダル 記録ずくめのロランギャロ | トップページ | 土から芝へ ウィンブルドン情報 前哨戦 錦織圭 クルム伊達 »

テニス」カテゴリの記事

上達」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

フェレール」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。フォアの逆クロス、一般プレーヤーがやったら、一発で逆襲ですね。
ここがプロとの大きな違いですね。

投稿: 月さん | 2013年6月12日 (水) 09時13分

まっちゃんさん、誰だってフォアの方が強いんですが、ナダルは別格で、曲がる、伸びる、跳ねる。
重いとの事です。

投稿: 月さん | 2013年6月12日 (水) 09時07分

おはようございます。
試合を見ていても、フォアに回り込む、
逆クロス、強烈ですね。
それでいて正確。
狙いすましていました。

投稿: early bird | 2013年6月12日 (水) 06時20分

フェレール、ひそかに期待していましたが、正攻法でしたね。

投稿: 寄り道君 | 2013年6月11日 (火) 14時57分

トッププレーヤーはフォア凄いのですが、ナダルは格別の様ですね。

投稿: まっちゃん | 2013年6月11日 (火) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナダルの教え 得意のフォア活かし方 回り込み:

» ナダル ただの優勝ではない 偉業 [ショップブログ]
ナダルのロランギャロ Part1 偉業の記録  クレーのキングどころか聖人ですね。  強い、鉄壁、アイアンマン、そんなナダルだった。  ドラゴンボールのゴクウとイメージがダブる。 ボールボーイに囲まれたナダル。 記録ずくめ  優勝カップのナダルの名前  ロランギャロで  2度目の  4連覇  ロランギャロ  8勝は、  同一グランドスラム  では最多  ナダルクレーコートでの強さ、エッグボールが活きた今回  事実上のファイナル、... [続きを読む]

受信: 2013年6月11日 (火) 14時35分

» ナダル 強さ研究  ショット編 Part3 サービス [ショップブログ]
ナダルの強さ ショット 検証 Part3 サービス  ナダルの強さ、調べれば調べるほど、面白い。  テニスに勝つための要素をしっかりこなしている。  ナダル研究は、テニスに勝つ研究になる。  ロランギャロではサービス力は落ちる。  しかし男子の試合では、サービス力が大きな影響をする事に変わりはない。  いくら土で遅くなっても、サービス力の影響力の落ち方は10%前後。  男子にトッププレーヤーでは普通は1stサ-ビスのポイント獲得率が80%前後  これが70%になるが、... [続きを読む]

受信: 2013年6月15日 (土) 04時33分

« ナダル 記録ずくめのロランギャロ | トップページ | 土から芝へ ウィンブルドン情報 前哨戦 錦織圭 クルム伊達 »