« テニス 勝つには 攻撃か防御か 安定指数 | トップページ | 青山修子 むささびポーチ 及ばず 惜敗 »

2013年7月 5日 (金)

ウィンブルドン2013 男子シングルス 大胆予測 準決勝

男子シングルス 準決勝 好勝負期待

 決勝に勝ち上がった4人のプレーヤー 成績比べ。
 N.ジョコビッチ、A.マレー、J.D.ポトロ、J.ヤノヴィッツ 実力比べ
 サービス力、
 リターン力
 ブレーク力を比較する。
 データテニスの面白さを実感してもらいたい。

Mennolepotro


 ウィンブルドン2013 男子シングルス準決勝。
 今年は荒れに荒れた。
 ナダル 1回戦敗退 
 フェデラー 2回戦敗退

 でもそこはウィンブルドン、好勝負が待っている。
 データを駆使して、予測したい。

 強さが分かる安定指数

 N.ジョコビッチ J.D.ポトロ
 J.D.ポトロの怪我が少し心配だが。
 N.ジョコビッチの3-0と予想する。

 この二人いつも接戦になる。
 総合力のN.ジョコビッチ、攻撃力のJ.D.ポトロ。
 フットワークではN.ジョコビッチ。
 つい最近の試合では J.D.ポトロ、
 ロンドン.オリンピックでもJ.D.ポトロが勝っているが。
 
 2012 ATPツアーファイナルN.ジョコビッチ

Menserace


サービスエースでは断然J.ヤノヴィッツ。しかしテニスはそんなに簡単ではない。
  
 A.マレー  J.ヤノヴィッツ
 まあ、実力から考えて、A.マレーの3-1.

Menmurrayjano


 サービス力では、サービスエースがどれ位は入るが問題。

 J.ヤノヴィッツ サービスエース、5試合で94本 NO1
 A.マレー  60本
 N.ジョコビッチ  54本
 J.D.ポトロ    54本

 サービスの速さ 140mile 225km/hで断トツ

サービスゲーム 意外や N.ジョコビッチが強い。
 N.ジョコビッチのサービス 
Menser

リターンゲーム これも対1st 2ndを総合すると
 N.ジョコビッチ有利と出た。

Menre
 1stサ-ビスに強い、N.ジョコビッチ
 2ndサービスに強いJ.D.ポトロ。性格だろうか?

ブレークチャンスでの獲得数は A.マレー
 デフェンス力の勝利だ。

Menbreak


 実は男子シングルスでは勝つ要素としてはこれが一番大きい。


 月さんの予想は、N.ジョコビッチの優勝、準優勝はA.マレー
 セットカウント3-1
  N.ジョコビッチ A.マレー 最高のラリー勝負

 錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 アート&スポーツのテニス上達お助けグッズ

 テニスシステム手帳B7サイズ

A5memoc2cbird2

 テニスの欲しい情報をしっかりキャッチ。
 各種コート図、スコア、成績表、デザイン自由。

 テニス作戦ボード セミオーダー

 セミオーダーテニスノート

ウィンブルドン2013早分かり情報
 ウィンブルドン オフィシャルサイト 

 グランドスラム ウィンブルドン

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 N.ジョコビッチ オフィシャルサイト

 錦織圭 オフィシャルサイト


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« テニス 勝つには 攻撃か防御か 安定指数 | トップページ | 青山修子 むささびポーチ 及ばず 惜敗 »

テニス」カテゴリの記事

全英」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

D.ポトロ」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

マレー」カテゴリの記事

コメント

生徒Aさん、おはようございます。
A.マレーがしっかり勝ちましたね。予想はN.ジョコビッチでしたから残念。

投稿: 月さん | 2013年7月 8日 (月) 09時16分

おはようございます。さすがコーチ、しっかり予測的中。N.ジョコビッチ、A.マレーですね決勝は。

投稿: 生徒A | 2013年7月 6日 (土) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィンブルドン2013 男子シングルス 大胆予測 準決勝:

» テニスの強さ 攻撃型 防御型 [ショップブログ]
テニスの強さ 攻撃か防御か  S.リシキ A.ラドバンスカの防御線を突破  準々決勝A.ラドバンスカは攻撃力のあるリーナから守りきった。     今回の ウィンブルドン、悪夢と言われる位にシードダウン が続いた。    一般プレーヤーには、アンフォーストエラー、凡ミスを減らせと言う。  しかし、一部の攻撃的トッププレーヤーには違う言葉が当てはまる。  ミスを恐れず、攻めろ!  攻撃型のR.フェデラー   先制攻撃、試合時間が短いのが特徴だ  セレナに必要な言... [続きを読む]

受信: 2013年7月 6日 (土) 05時15分

« テニス 勝つには 攻撃か防御か 安定指数 | トップページ | 青山修子 むささびポーチ 及ばず 惜敗 »