« バルトリ 強い心 リシキの攻撃力を削ぐ | トップページ | マレー 優勝の原点 攻撃力の進化 Part1 »

2013年7月 8日 (月)

マレー 時代のスタート ウィンブルドン症候群打破

ウィンブルドン 男子ファイナル
 時代が動いた、ウィンブルドン2013.
 間違いなく、N.ジョコビッチとA.マレーのライバルの時代に突入した。
 グランドスラムではこの二人がファイナルを争っている。
 2013 全豪 

 2012 グランドスラムベストマッチ USオープン


 R.フェデラー R.ナダルの時代
 そしてR.ナダル N.ジョコビッチの時代

 ついにA.マレーが抜け出した。
 2012のトップ4 実力図 

Andynolescore


 マレー 長いラリーを制して勝利。
 長年のイギリス人の悲願、ウィンブルドン症候群を回避した。
 なんと フレッドペリー 1936年 から77年 ぶりの優勝。
 フレッドペリーって? 
 僕が若い頃、白のポロシャツと言うと、このフレッドペリーだった。 

 この二人が対戦すると、長いラリーが続く。
 3セットの試合、せいぜい2時間少し。
 しかしこの二人が試合をすると、ゆうに3時間を超す。
 見ていて、面白い。ラリーの探り合いが楽しい。
 ラリー中はスピードは90キロ位だろう、
 展開が動くと、一気に100キロを超す。

Andynolestatscoment

 2人とも、万全の状態ではなかった事をスラムトラッカーが示している。
Andywinreason

 結果的に相手を抑え込んだと言う事だ。

 今回もラリーの長さ、トップ10に3回 も入っている。
 
 32、30、28回。
 54回の最長のラリー 
 二人の長いラリー記録 

 ウィンブルドンではサービス力が有利。
 しかもお互いにサービスエースがある。
 2ndサービスに対してはリターンエースもある。
 お互いにここは注意する。

 お互いに知り尽くしている、特にカウンターが得意の二人なので、
 注意しながらラリーを続ける。

 N.ジョコビッチのクロスカウンター 

 A.マレーのカウンター 

 しかしお互いにチャンスは必ず来る。
 そこから展開が動く。

 動き始めるのは、
 ダウンザラインを狙った時だ。

 そしてN.ジョコビッチは今大会、サーブ&ボレーも多く取り入れる。
 展開を早めようと言う作戦だ。

 この日、最高の暑さ。選手には辛い。
 A.マレーが、暑そうで、シューズが合わないそぶり。
 何度も足を引っ掛ける。

 その点N.ジョコビッチは、暑さには強い。
 全豪での勝利が多いのはそのせいだ。

 しかし最初にブレークをしたのはA.マレー。
 直ぐにN.ジョコビッチも盛り返す。

 勝負を分けたのは
 1:サービス力 N.ジョコビッチが今回悪すぎた。
 2:リターン力 A.マレーの安定性
 3:バックハンドのウィナー N.ジョコビッチが不安定だった。


 A.マレー N.ジョコビッチ戦 詳細 
 マレー、の勝利 詳しい内容 

本日の御教訓 マレー 真のチャンピオンへ
心技体の充実
 1:サービス力の大幅アップ
 2:リターン力の充実
 3:メンタルタフネスの強さ

Sayingmurraychamp


 テニスとリラックス  
 バックハンド自習編

メンタル.タフネス向上

 勝利の法則シングルス

テニス力強化の気配りグッズ アート&スポーツ 
 メンタル強化ノート 

Mtdairy1


 セミオーダーノート

 部活監督、学生管理ノートセット

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]

ウィンブルドン2013早分かり情報
 ウィンブルドン オフィシャルサイト 

 グランドスラム ウィンブルドン

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 N.ジョコビッチ オフィシャルサイト


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« バルトリ 強い心 リシキの攻撃力を削ぐ | トップページ | マレー 優勝の原点 攻撃力の進化 Part1 »

テニス」カテゴリの記事

ウィンブルドン」カテゴリの記事

全英」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

マレー」カテゴリの記事

コメント

early birdさん、おはようございます。
メンタルタフネスの重要な項目をテニスの練習日誌に入れて、少しずつメンタルタフネスのアップを図るように考えられています。

投稿: 月さん | 2013年7月10日 (水) 06時14分

おはようございます。梅雨があけましたね。
ノートのメンタルタフネス専用のものがあるんですか?

投稿: early bird | 2013年7月 9日 (火) 05時12分

おはようございます。マレー強かったですね。N.ジョコビッチが少し不調だった? のでしょうか?

投稿: 生徒A | 2013年7月 8日 (月) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マレー 時代のスタート ウィンブルドン症候群打破:

« バルトリ 強い心 リシキの攻撃力を削ぐ | トップページ | マレー 優勝の原点 攻撃力の進化 Part1 »