« 試合に勝つ指標 安定指数 強い選手の研究 | トップページ | ウィンブルドン2013 男子シングルス 大胆予測 準決勝 »

2013年7月 5日 (金)

テニス 勝つには 攻撃か防御か 安定指数

テニスの強さ 攻撃か防御か

 S.リシキ A.ラドバンスカの防御線を突破
 準々決勝A.ラドバンスカは攻撃力のあるリーナから守りきった
  

 今回の ウィンブルドン、悪夢と言われる位にシードダウン が続いた。
 

 一般プレーヤーには、アンフォーストエラー、凡ミスを減らせと言う。

 しかし、一部の攻撃的トッププレーヤーには違う言葉が当てはまる。

 ミスを恐れず、攻めろ!
 攻撃型のR.フェデラー 
 先制攻撃、試合時間が短いのが特徴だ
 セレナに必要な言葉だ。

 彼らは、実はアンフォーストエラーが多い。
 しかしそれ以上のウィナーを取っている。

 全盛期のR.フェデラーはアンフォーストエラーが少なく、ウィナーが多かった。
 全盛期のセレナもそう。 この時に向かうところに敵はいない。

 対極がデフェンス力の強い、R.ナダル。C.ウォズアニッキ
 R.ナダル、勝つ時はラリーが多く時間が長い
 
 
 N.ジョコビッチ、A.マレーもデフェンス力の選手だった。
 それがランキングを上げるにつれて、攻撃力を強化している。

 問題は攻撃力とデフェンス力のバランス感覚だ。

S.リシキ対A.ラドバンスカ
Wimlisickiscore


 この試合はまさに、安定指数の意味がはっきり出た試合。

 S.リシキはウィンブルドン、芝に滅法強い。
 サービス力が武器だから。
 セレナに打ち勝った自信も素晴らしい。
 チャーミングさも抜群でモデルの様 

Lisickifvo

 積極的に前に詰め、ボレーで仕留める確率も高い。
Winlisickistats

 ボレーが上手い訳ではないが、力強いアプローチショットを打って前に詰める。
 この積極性に守備のA.ラドバンスカが押された。

 芝での戦い方を知っている

 一方デフェンス力のA.ラドバンスカ
 満身創痍のA.ラドバンスカ。
 低い姿勢で安定したストロークを打つのが身上。
 これだけ負担がかかるのだろう。

 安定性指数を比べよう。
 安定指数とは 
 攻撃力のS.リシキ、 そしてデフェンス力のA.ラドバンスカ

Wimlisickistability


 ウィナーの数では S.リシキが39ポイントも多い。
 しかしアンフォーストエラーでは、A.ラドバンスカが36も少ない。

 ウィナーの数とアンフォーストエラー(凡ミス)の数をセットごとに比べ用。
  リシキの取った 第1、第3セットは 安定指数が上。

 A.ラドバンスカが取った第2セットは 逆転だ。

 シングルス 勝利の法則 戦略 

 シングルス 勝利の法則 心  

 そして安定指数と同じ様に、具体的には連続ポイントが必要だ


 スコアをつけてテニス上達 
Matschscorecourse


 セミオーダーノート

 部活監督、学生管理ノートセット

 池田快人の「ドローイン・ダイエット」
 ドローインとは、呼吸法と姿勢をちょっと変えるだけで、
 お腹まわりに集中的に作用してボディラインを美しく変えるエクササイズ。

ウィンブルドン2013早分かり情報
 ウィンブルドン オフィシャルサイト 

 グランドスラム ウィンブルドン

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 N.ジョコビッチ オフィシャルサイト

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 試合に勝つ指標 安定指数 強い選手の研究 | トップページ | ウィンブルドン2013 男子シングルス 大胆予測 準決勝 »

ウィンブルドン」カテゴリの記事

シングルス」カテゴリの記事

スコア」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

全英」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

コメント

部活さん、コメント有り難うございます。
スコアいろいろあります。僕のスコアは、ただポイントをつける記録的なものではなく、試合の内容が見える、分析的なデータの収集を目的としています。
シングルス、ダブルス共通では1:ミスの内容、サービスの確率、コース、良い点、悪い点。
ダブルス用では、陣形の推移。その陣形のポイント獲得率、などなどですが、
ビジュアルスコアは画期的アイデアですよ。

投稿: 月さん | 2013年8月 2日 (金) 08時31分

こんにちは。テニスのスコアをつけようと考えています。いろいろなタイプがあるのですか?

投稿: 部活 | 2013年7月 5日 (金) 17時39分

こんにちは。今日は雨が降ったりやんだり。
ところでリシキ選手、セレナに勝ったので驚きです。
なんで芝で強いのですか>

投稿: 生徒A | 2013年7月 5日 (金) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/57728861

この記事へのトラックバック一覧です: テニス 勝つには 攻撃か防御か 安定指数:

» 錦織 ガスケ戦 データ分析 数字の面白さ ローマ2016 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
テニスの試合のデータはいつも取って分析している。たかが数字、されど数字は、試合の内容をシンプルに語ってくれる。今回は初めての企画として、数字をメインにブログをまとめてみた、ご意見を伺えたらうれしいです。... [続きを読む]

受信: 2016年5月13日 (金) 12時55分

« 試合に勝つ指標 安定指数 強い選手の研究 | トップページ | ウィンブルドン2013 男子シングルス 大胆予測 準決勝 »