« 伊達 ミックス残念 ミックスの勝ち方は | トップページ | テニス 勝つには 攻撃か防御か 安定指数 »

2013年7月 5日 (金)

試合に勝つ指標 安定指数 強い選手の研究

テニス 試合に勝つ要素

 ウィンブルドンもいよいよ終盤準決勝へと進んでいる。
 本命がWs000000

 敗れる中、
 やっぱり
 ウィンブルドンは
 面白い。
 実力伯仲、
 新人の登場で、
 面白味も
 増してきた。

 今回はテニスの試合を、新しい側面から見る、そんな方法を提示する。

 ここで注目して欲しいのが安定指数
  安定指数 月さん考案の試合の指標 
 ウィナー から アンフォーストエラー(凡ミス)を引いた指数
 ウィナーに注目すれば攻撃力が見える
 アンフォーストエラーに注目すれば守備力が見える。

Lcstabilityindex


 トップ4の強さと安定指数 

 大切なのはウィナーから凡ミスを引いて、それがプラスになる事だ。
 極端な言い方をすれば、ミスをしても、それ以上にウィナーを取っていれば問題ない。

 ただ一般プレーヤーでは、凡ミス、自滅は致命傷になる。
 トッププレーヤーは攻撃力が上回れば構わない。
 攻撃力を持つ選手はミスを恐れてはいけない、と言う事になる。

 結果的に、攻撃をして、ミスは構わない。
 ミスをしても、そのゲームを取れば良い。
 テニスはゲームで全てが清算されるからだ。
 ダブルフォールトを3回しても、ゲームを取れば良い。

 サービスエースを3本決めても、ゲームを落としたらNothing と言う事だ。

 例えば、R.フェデラーは攻撃型の選手
Sayingrftarget


 R.ナダルはデフェンス力の選手

 A.マレーは守備的な選手だったが、名コーチI.レンドルの指導で、
 攻撃型の選手に変身中。

Murraytube

 試合の
 合間に
 少しでも
 時間があると、
 こうして
 チューブ
 トレーニング


 逆に、錦織圭は攻撃を少し抑えてもデフェンス力を高く すべく変身中。
  
 それが名コーチブラット.ギルバートの考え方だ
 

女子では セレナ
 M.シャラポワ選手は攻撃力

 逆に
 A.ラドバンスカ
Wimarfslowposition


 C.ウォズアニッキが守備力だ
 V.アザレンカがバランスの取れた選手と言う事になるが、
 今のところセレナの破壊力を抑えられる選手は少ない。
 先日のS.リシキがセレナの連勝を抑えた。

 安定指数でみると、その試合のバランスが見える。

 錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 アート&スポーツのテニス上達お助けグッズ

 テニスシステム手帳B7サイズ

A5memoc2cbird2

 テニスの欲しい情報をしっかりキャッチ。
 各種コート図、スコア、成績表、デザイン自由。

 テニス作戦ボード セミオーダー

 セミオーダーテニスノート

ウィンブルドン2013早分かり情報
 ウィンブルドン オフィシャルサイト 

 グランドスラム ウィンブルドン

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 N.ジョコビッチ オフィシャルサイト

 錦織圭 オフィシャルサイト


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 伊達 ミックス残念 ミックスの勝ち方は | トップページ | テニス 勝つには 攻撃か防御か 安定指数 »

ダブルス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

安定指数」カテゴリの記事

コメント

最近テニスにはまってしまいました。
安定性が大事なんですね。
そう言えば、自分は自滅の連続です。

投稿: テニスファン | 2014年9月 7日 (日) 14時57分

おはようございます。金沢海の公園の花火大会良かったですね。

投稿: タマ屋ーー | 2013年9月 1日 (日) 07時01分

まっチャンさん、おはようございます。安定指数は前から唱えている事なんですが。一般プレーヤーではアンフォーストエラー、凡ミス、自滅がほとんど。自分のポイントは相手の凡ミス、相手のポイントは自分の凡ミスって構図ですね。

投稿: 月さん | 2013年7月 5日 (金) 09時13分

有り難うございます。安定指数ですね。そうか、それでみると生徒さんは、凡ミスの嵐で、不安定指数になりますね。上級者でもウィナーは少ない。

投稿: まっちゃん | 2013年7月 5日 (金) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/57727170

この記事へのトラックバック一覧です: 試合に勝つ指標 安定指数 強い選手の研究:

» ウィンブルドン 大胆予測 データから [ショップブログ]
男子シングルス 準決勝 好勝負期待  決勝に勝ち上がった4人のプレーヤー 成績比べ。  N.ジョコビッチ、A.マレー、J.D.ポトロ、J.ヤノヴィッツ 実力比べ  サービス力、  リターン力  ブレーク力を比較する。  データテニスの面白さを実感してもらいたい。  ウィンブルドン2013 男子シングルス準決勝。  今年は荒れに荒れた。  ナダル 1回戦敗退   フェデラー 2回戦敗退。  でもそこはウィンブルドン、好勝負が待っている。  データを駆使し... [続きを読む]

受信: 2013年7月 5日 (金) 21時22分

« 伊達 ミックス残念 ミックスの勝ち方は | トップページ | テニス 勝つには 攻撃か防御か 安定指数 »