« USオープン 添田、奈良選手本戦へ | トップページ | ATP40年 NO1 大集合 »

2013年8月25日 (日)

ナダルの強さ2 リターン バックハンドの多様性

ナダルの強さ2013 2 ストローク バックハンド
 USオープンに向けてナダルが最高調の仕上がりを見せている。
 ナダルの強さ2013 を解明しよう。

 R.ナダルは、ハードコートはそれほど得意ではないと言われ続けていた。
 確かに、USオープンでの優勝は1回しかない。
 2010 この年、R.ナダルはキャリアグランドスラムを達成
Us2010nadal_vs_novac


 ナダルの得意中の得意は言わずと知れた、クレーコート。
 キングオブクレー なのだ。いや、だったのだ。
 しかし今や、あらゆるコートサーフェイスで強さを発揮する。
 グラスコートも苦手だったが、R.フェデラーを破る事で克服した。

 逆にR.フェデラーは、R.ナダルのクレーコートに挑み、失敗した。

 ハードコートでの強さの証明は、今年のUSオープン前哨戦にある。
 ハードコートの雄、N.ジョコビッチをロジャーズカップ準決勝下し
 

 カナダの英雄M.ラオニッチのサービス力を封じた
 
 USオープンでは有利と言われるのがサービス力、シンシナティでビッグサーバーのJ.イズナーを制した
  

 その大きな原動力が、リターン力、バックハンドの多様性。
 R.ナダルは圧倒的にフォアハンドが強い。
 フォアに回り込んだら決定率はかなりの高さにある。
 その点、最強のフォアと言われる、R.フェデラーは、無理な回り込みが目立つ。
 無理に回り込んでオープンコートを逆襲される。

 R.ナダルはフォアに回り込んだら畳みかける波状攻撃が続く。
 R.ナダルフォアに回り込み、フットワーク
 
 そのR.ナダルのフォアが怖いので、皆バックを狙う。
 R.ナダルも学習効果で、バックハンドが多様性を増してきた。

Lcnadalhtopspinbs

 ヘビートップスピンを打つために、テイクバックではここまでラケットを下げる。
 だからエッグボールが打てる


 得意のエッグボールでつなげる。相手はベースラインから離れる。
 甘いボールは上から叩く。
 厳しいボールは超回転量のスライスでしのぐ。これが厳しい打ちにくいボールだ。

 その秘密は、トップスピン、ヘビートップスピン、フラット、サイドスピンと打ち分ける事。
 相手がネットに出た時の、パッシングショットが大好きな事だ。
  ネットプレー対策 対R.フェデラー戦 

 ナダルのパッシングショットが抜ける訳。
  対M.ラオニッチ戦 
 普通のラリーのボールよりも、タイミング、スピードを早く、速くしている

 パッシングショットを打つ時に、きっと
 「やった、相手はついにじれて出てきたな」とほくそ笑むのだろう。
 さらにパッシングショットが凄いのが、
 そこまでのラリーの展開、それも十分早いのだが、
 さらに加速させるので、相手はタイミングが遅れるのだ。

 パッシングショットのコースも、インパクト直前まで隠して打つ。
 だから相手はぼうぜんと見送る事となる事が多い。

 打つコースが塞がれたとしても、しっかりストンと沈めるので、相手はローボレーかハーフボレーとなる。
 だから次のボールは打いたチャンスボールとなる。

 ATPのサイト R.ナダルとR.フェデラーのライバル関係


 シングルス勝利の法則 

 強烈ナダルのフォアハンドストローク 

Sayingnadal


 ナダルの強さ、総集編 

 ナダルのワイパースウィングを学ぶなら。

新井湯太加の新井流フルスイングテニス塾

テニス2013早分かり情報
 USオープン オフィシャルサイト

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 テニスの質問は テニス365 Q&A 

 錦織圭オフィシャルサイト

 クルム伊達オフィシャルサイト
 更新が頻繁で、一般プレーヤーに役に立つ情報が多い。


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« USオープン 添田、奈良選手本戦へ | トップページ | ATP40年 NO1 大集合 »

コメント

本当にナダル強いですね。盤石。

投稿: まっちゃん | 2013年8月25日 (日) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/58059351

この記事へのトラックバック一覧です: ナダルの強さ2 リターン バックハンドの多様性:

« USオープン 添田、奈良選手本戦へ | トップページ | ATP40年 NO1 大集合 »