« クルム伊達 USオープン ダブルス完敗 笑顔の秘密 | トップページ | トッププレーヤー 何故強いか Part2 データで示す強さ »

2013年8月31日 (土)

男子テニス トップの強さ ジョコビッチ ナダル マレー フェデラー比較

Top 4何故強いか Part1
 テニス 強さの指標
 USオープン、トッププレーヤーがいかに強いかを数字で比較してみよう。
 ここ数年はトップ4が不動の強さだった。
 トップはN.ジョコビッチで入れ替えなし。
 2位は、ナダル、フェレール、フェデラーとめまぐるしく入れ替わる。
 今、フェデラーは7位だが、僕個人の思い入れと必ず上がる事を想定して、比較対象とした。
 A.マレーだけが1回戦のデータとなっている。
 トッププレーヤーのデータを見ると、錦織圭に必要なものが見えてくる

 US2013 男子シングルスシード話題

Top42013chart

 ここに来てトップのN.ジョコビッチにナダルが急接近。攻撃力の強化が効いている。
 R.フェデラーは落ちかかっているが、攻撃の冴えは相変わらず良い。
 A.マレー、全勝選手悪かったが、USオープンになってから立て直している、連覇へ向かっている。
 D.フェレールの守備力が心配。  

強さの検討資料
 サービスゲーム
 リターンゲーム
 ブレークポイント
 ネットプレー
 安定指数(ウィナー ー アンフォーストエラー)で比べてみよう。

 2012 トップ4強さ  
 2013 トップ4強さ 
 2013 後半 ナダルのメチャ好調さ  

サービスゲームでは1stサ-ビスと2ndサービスのポイント獲得率がある。
 そしてサービス全体のポイント獲得率を比較する。
 男子シングルスは1stサ-ビスのポイント獲得率が重要
  錦織圭の例 
リターンゲーム
 リターンゲームのポイント獲得率。
 トッププレーヤーではサービスキープ、ポイント獲得率が高いので30-40%の事が多い。
 しかしここはまだ前半なので、ポイント獲得率が非常に高くなる。
 ここがトッププレーヤーの証明でもある。
 ナダルのリターンゲームの上手さ 
 USオープンではビッグサーバーが強さを発揮する。そこをどう抑えるかに焦点がある。

ブレークポイント
 男子シングルスではサービスキープが勝利の基本
 デュースゲームになっても落とさないのがトッププレーヤー。
 0-40から挽回する場面を良く見る。
 集中力を高める事が出来るのだ。
 ブレークポイントでは確率よりも、数を重視したい。
 なぜなら1回のチャンスでブレークすると  1/1=100%
 それよりも2回ブレークした方が強い。 2/10=20%  でも試合はこちらが勝つ。

ネットプレー
 USオープンはコートサーフェイスが速い。
 サービス力が有利。

 トッププレーヤーの中でもフェデラーのネットプレーは秀逸
  
 女子シングルスと違って、ストローク戦からでも、ウィナーは前で決める事が増える。
 逆にパッシングショットも多くなる。
 ネットプレーでどれ位相手にプレッシャーをかけているかが大きな要素となる。

安定指数(ウィナー ー アンフォーストエラー)で比べてみよう。

Lcstabilityindex

 安定性指数って? 
 攻撃的な選手はウィナーが多い。ミスを恐れず、積極的に攻める。
 典型的なプレーヤーがR.フェデラーだ。
 逆に、つなげてミスを極端に減らして、相手を焦らせるタイプが守備的な選手。
 皆さん意外に思うかもしれないが、R.ナダルは典型的な守備的な選手。
 ナダルの意外性 
 パッシングショットの鮮やかさで、攻撃的と思う方が多い。
 もっとも最近は、攻撃力がかなり増しているが。

 テニス 上達のワンポイントアドバイス 

 N.ジョコビッチの2回戦スタッツ vs B.Becker 2回戦
 
 総合的的な強さが見える

 R.ナダル シルバ試合スタッツ

 安定性抜群

 A.マレー スタッツ vs M.ロドラ 1回戦

 アンフォーストエラーが極端に少ない、その訳は

 D.フェレール vs アガット 
  D.フェレール、このところ得意の守備力が活きない。

 R.フェデラー ベルコグ 強敵のはずだが、R.フェデラーが本気だ
 試合スタッツ 
 攻撃力復活。意欲が見える。

テニス2013早分かり情報
 USオープン オフィシャルサイト

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 クルム伊達オフィシャルサイト
 更新が頻繁で、一般プレーヤーに役に立つ情報が多い。

 テニスの質問は テニス365 Q&A 

テニス上達の練習ノート ジャンル別のページをご用意。
コーチ用ノート 
 選手育成ノート
 一般愛好家用テニスノート

T


 
 スクール生用ノート

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

詳しいデータは次に紹介する。

|

« クルム伊達 USオープン ダブルス完敗 笑顔の秘密 | トップページ | トッププレーヤー 何故強いか Part2 データで示す強さ »

テニス」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

シングルス」カテゴリの記事

トッププレーヤー」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

面白いデータですね。また遊びに来ます。

投稿: 愛好家 | 2014年11月16日 (日) 19時52分

ラリー屋さん、おはようございます。
そうなんです。一度御自分のテニスを分析されると良いと思います。アンフォーストエラーの多さに驚きますよ。

投稿: 月さん | 2013年9月 2日 (月) 05時30分

こんにちは。安定指数ですか。
なるほど、まず自分のアンフォーストエラーを数えなくてな行けないですね。

投稿: ラリー屋 | 2013年9月 1日 (日) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子テニス トップの強さ ジョコビッチ ナダル マレー フェデラー比較:

» 全米テニス クルム伊達 女子ダブルス敗れる [ショップブログ]
クルム伊達 女子ダブルス 敗れる クルム伊達公子/ A・パーラ=サントンハ(スペイン)組は  第5シードのA・フラヴァコバ/ L・フラデカ組に0-6, 3-6   サービスキープが出来なかった。  相手は長身ペア。  ダブルスの  武器を活かす。  良い  サービスが入ると  前衛が  動きやすい。  ダブルスでは苦しい。  でもダブルスって楽しい。  ブレークチャンスも6回あったが一度も活かせなかった。  A.フラヴァコバ/ L.フラ... [続きを読む]

受信: 2013年8月31日 (土) 13時52分

» ジョコビッチ ナダル 何故強い [ショップブログ]
Top4 何故強いか Part2  今年のUSオープン、盛り上がっている。  若手の台頭もあるが、トップの強さ(フェデラーを含めているので)は群を抜いている。  何故強いのかを、データで比べてみた。  本来はUSオープン全体でデータを集計して、比べるべきなので、明らかに参考データとして見て欲しい。  全体像は昨日アップした チャートを見て欲しい。  トッププレーヤーの強さ比較   US2013 男子シングルスシード話題   次の5つの要素で比較をしてみた。  比べたプレーヤ... [続きを読む]

受信: 2013年9月 2日 (月) 10時27分

» 全米 復調中のフェデラー [ショップブログ]
 R.フェデラー USオープンで復調中。  USオープン開始時に7位までランキングを落とした。  そして今年はグランドスラムの決勝進出が無い。  本人にとっては屈辱だろうが、そこはベテラン、何の不満もないように振る舞う。  でも闘志に火がついた。  最大のライバル、R.ナダル   R.ナダルは今年超快調。1位に手が届く勢いだ。  しかしその前に立ちはだかったのは、今までフェデラーに連敗中のT.ロブレド。フェデラーの針の穴を抜く、逆を見事に読み。カウンターを次々に決めた。  ... [続きを読む]

受信: 2013年9月 4日 (水) 05時39分

« クルム伊達 USオープン ダブルス完敗 笑顔の秘密 | トップページ | トッププレーヤー 何故強いか Part2 データで示す強さ »