« 奈良くるみ シードを破る 女子シングルスの戦い方 | トップページ | 男子テニス トップの強さ ジョコビッチ ナダル マレー フェデラー比較 »

2013年8月31日 (土)

クルム伊達 USオープン ダブルス完敗 笑顔の秘密

クルム伊達 女子ダブルス 敗れる
クルム伊達公子/ A・パーラ=サントンハ(スペイン)組は
 第5シードのA・フラヴァコバ/ L・フラデカ組に0-6, 3-6 
Usdbkrummscore


 サービスキープが出来なかった。
 相手は長身ペア。Uskrummser2


 ダブルスの
 武器を活かす。
 良い
 サービスが入ると
 前衛が
 動きやすい。

 ダブルスでは苦しい。
 でもダブルスって楽しい。
 ブレークチャンスも6回あったが一度も活かせなかった。
 A.フラヴァコバ/ L.フラデカ組は8回のうち5回を活かしている。

 女性の試合はサービス力の比率が落ちるが、ダブルスではそれが高くなる。
 前衛が居るから、ネットプレーでのポイントが多くなるからだ。
 この試合のスタッツから両ペアが、良く前に出ているのが分かる。

Usdbkrummrallystats

 並行陣の戦い。
 だから決着も早い。
 それは試合時間を見ても分かる。

相手は長身でサービス力がある。
 この様な場合、1stサ-ビスでは後衛陣で一度守ることが多い。
 一般プレーヤーの方も是非使ってもて欲しい。リターンが楽になりますよ。

 変則陣形の勧め 
 言葉は変則ですが、相手に対応して変えると言う事です。
Saypockettactics


 グランドスラムでのプレッシャーのかかる場面。
 試合を楽しんでいるかの笑顔が印象的。

 ただペアの A・パーラ=サントンハは厳しい表情をしています。

 メンタルタフネスではUskrummpairshake

 コミュニケーションを
 勧めていますが、
 出来たら
 ここも笑顔で。
 その方がショットが
 良くなってきます。
 苦しい 
 → 
 表情が厳しい

 表情が厳しい
 →
 苦しい展開

 勝つ → 笑顔   笑顔 → 勝つんに代わってきます。
 これがメンタルタフネスの極意。

 若い頃に習った、アメリカのコーチ、ビックブレーデンの言葉に
 Laugh and Winという言葉があります。

 僕はSmielwin

 この言葉
 好きですね。
 僕は
 Laughを
 Smileに
 変えましたが。

 Vic Braden紹介のブログ 英語ですが動画が多いですよ。


ダブルス勝利の法則 
 ペアリング 
 陣形を使いこなす 

 試合のスタッツ 
Usdbkrummstatsall


 クルム伊達公子/ A・パーラ=サントンハ組試合内容


 クルム伊達、ミックスダブルスの自身のブログ 
 写真入りで楽しいですよ。
 女子ダブルスの事も、いろいろ書いてくれると思います。
 クルム伊達、ミックスダブルス2回戦へ 

 


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、270ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選230 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選230 DVD版
Bmposivs


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選230 DVD版


テニス2013早分かり情報
 USオープン オフィシャルサイト

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 クルム伊達オフィシャルサイト
 更新が頻繁で、一般プレーヤーに役に立つ情報が多い。

 テニスの質問は テニス365 Q&A 


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« 奈良くるみ シードを破る 女子シングルスの戦い方 | トップページ | 男子テニス トップの強さ ジョコビッチ ナダル マレー フェデラー比較 »

テニス」カテゴリの記事

メンタル」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

伊達」カテゴリの記事

全米」カテゴリの記事

ペア」カテゴリの記事

コメント

万年中級者さん、おはようございます。
試合に出る方は集中力が違います。目的意識、目の前のニンジンはあった方が良いですね。
熱中症にも耐性が強いはずです。

投稿: 月さん | 2013年9月 2日 (月) 05時23分

こんばんは。今日は暑かった。テニス少し、休憩多めでした。それでも夏バテ?
試合をやっている人は元気ですね。

投稿: 万年中級者 | 2013年9月 1日 (日) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クルム伊達 USオープン ダブルス完敗 笑顔の秘密:

» トップ4 何故強いか データで検証 [ショップブログ]
Top 4何故強いか Part1  テニス 強さの指標  USオープン、トッププレーヤーがいかに強いかを数字で比較してみよう。  ここ数年はトップ4が不動の強さだった。  トップはN.ジョコビッチで入れ替えなし。  2位は、ナダル、フェレール、フェデラーとめまぐるしく入れ替わる。  今、フェデラーは7位だが、僕個人の思い入れと必ず上がる事を想定して、比較対象とした。  A.マレーだけが1回戦のデータとなっている。  トッププレーヤーのデータを見ると、錦織圭に必要なものが見えてくる ... [続きを読む]

受信: 2013年8月31日 (土) 21時55分

« 奈良くるみ シードを破る 女子シングルスの戦い方 | トップページ | 男子テニス トップの強さ ジョコビッチ ナダル マレー フェデラー比較 »