« ナダル 頂上決戦を制する ジョコビッチ破る | トップページ | デビスカップ 日本チーム 良く分かる リンク集 »

2013年9月11日 (水)

ナダル 勝因を探る Part2 ジョコビッチ 試合の展開編

ナダル ジョコビッチ戦を振り返る データ分析
 Part2 試合の流れ編

 この二人、試合は常にもつれる。
 展開が変わる。
 だから面白い。
 勝つセットと負けるセット、勝因、敗因が必ずあるからだ。
 テニスとデータ分析。
 勝敗の行方 part1  
 トッププレーヤーの強さ 

 テニスのスコアをとろう。自分の試合が見える。

Usnadalnolefllowall

 試合全体、セット、細かい流れが良く見える。

 二人のラリー 最高に続いた例。
 ラリー59回。2分近く。この間、前後左右に全力疾走。
 テニスはまさにフットワークの格闘技だ。

 テニスは、Nadalspinbounce
 ラリーをしようが、
 ダブルフォールト
 だろうが、
 ポイントが
 動くのは
 1本

 ナダルの
 エッグボール
 跳ねる、
 伸びる、
 

 今回の試合の平均ラリー数は7回弱。
 これって凄い事。
 お互い最速200キロを越すサービスを打ちながら、ラリーの展開に持ち込む。
 ストロークの展開練習が必要になる。
 皆さんのストローク、どんなミスが多いと思いますか?
 

 そこでこんな練習をしましょう。ストローク意識改革

 一般プレーヤーでは、残念ながら、ここまでラリーが続かない。
 サービス、リターン、そして次のポイントまでで大体終わっている。
 特にダブルスではそう。
 となると、一般プレーヤーでは練習に3ポイントまでの反復練習が重要と言う事になる。

試合の流れ

 ナダルが、重要だったのは第3セットと語った。

 そしてジョコビッチの様な選手が居るので、自分の限界を引き上げてくれると。
 ライバルが自分を強くしてくれる。
 皆さん、自分を強くしてくれるライバルいますか?

 ジョコビッチは 今、最大のライバル関係にあるのは、ナダルとフェデラーだろうと。謙虚に語った。
 

 膝の怪我からの復帰では、テーピングも取れて、快調にフットワークする、R.ナダルが見れた。
 しかしその復活までのチームは、大変なサポートを続けてくれた。
 いちばん辛いのは自分自身だろう。
 テニスが好き。そして練習が大好きなナダルが、コートに立てないのだから。

試合の流れを追う。
 全体のポイントの流れ。グランドスラムならではのスラムトラッカーだ。
 
Usnadalnolechartall

 ガチンコ対決 N.ジョコビッチ R.ナダル
 第1セット 先にブレークしたR.ナダルが一気に奪う。
 N.ジョコビッチは付け入る隙がない。
 R.ナダル、ブレークチャンス3回の内2回ものにする。
 N.ジョコビッチブレークチャンスが無かった。
 これはナダルのペース。
 ナダルのペースって?  

第2セット N.ジョコビッチが取り返す
 N.ジョコビッチのペースって?

Usnadalnolechart2set


第3セットいきなりN.ジョコビッチがナダルのサービスをブレーク。
 次のナダルのサービスもアドバンテージを握る。これをとれば3-0で流れは一気に、N.ジョコビッチ。
 しかしナダルは耐えてキープ。
 しかもN.ジョコビッチのサービスをブレーク、イーブンに戻す。

 ナダルが押されて、バランスを崩して転倒する。珍しい。
 4-4 ナダルのサービス、0-40 N.ジョコビッチにはビッグチャンスだ。
 しかしナダルはここでも盛り返す。
 どこにそのエネルギーがあるのだろうか。
 そしてキープ、
 逆にN.ジョコビッチのサービスゲームをブレーク。
 この時も、N.ジョコビッチにウィナーのチャンスがあったが、2度ともナダルが逆襲。

Usnadalnolechart3set

 ナダル ジョコビッチ 好試合に感謝状
Nadalnovacthanks_2

 ナダルの強さ、総集編 

 ナダルのワイパースウィングを学ぶなら。

新井湯太加の新井流フルスイングテニス塾

テニスシステム手帳バイブルサイズ

A5smemoc1wbmatch


テニスシステム手帳B7サイズ

テニス2013早分かり情報
 USオープン オフィシャルサイト

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 テニスの質問は テニス365 Q&A 


 クルム伊達オフィシャルサイト
 更新が頻繁で、一般プレーヤーに役に立つ情報が多い。


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ナダル 頂上決戦を制する ジョコビッチ破る | トップページ | デビスカップ 日本チーム 良く分かる リンク集 »

テニス」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

全米」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

朝練さん、おはようございます。試合の展開、
勝っているときは良いのですが、負けている時ですね。
ここでは一度時間を作ってから。

投稿: 月さん | 2013年11月13日 (水) 06時28分

おはようございます。試合の展開を変える。チャレンジしたいですね。ズルズル行くことが多いです。

投稿: 朝練 | 2013年11月10日 (日) 06時32分

生徒Aさん、おはようございます。
こんなジョークを沢山やりたいのですが。
真面目編とジョーク編と分ける必要があります。

投稿: 月さん | 2013年9月13日 (金) 06時00分

おはようございます。感謝状、笑えますね。
こんな楽しいブログ最高

投稿: 生徒A | 2013年9月11日 (水) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナダル 勝因を探る Part2 ジョコビッチ 試合の展開編:

» デビスカップ 日本 2013 便利なリンク集 [ショップブログ]
デビスカップ2013 有明 デビスカップ日本チームが良く分かるリンク集  テニスの国別対抗戦 デビスカップ 今週末明日から日曜日まで。  有明で熱戦だ。  デビスカップが凄いのは、フル5セットマッチ。  ウィンブルドンと同じ。最後も2ゲームアップのハードな闘いだ。  ダブルスもwowowで放映してくれるのがうれしい。  去年ワールドグループに上がっていたが、残念ながら惜敗して、プレーオフに。  プレーオフと言っても、スペイン、イギリス、はじめ強豪がひしめいている。  ぜひ復帰して... [続きを読む]

受信: 2013年9月13日 (金) 05時30分

« ナダル 頂上決戦を制する ジョコビッチ破る | トップページ | デビスカップ 日本チーム 良く分かる リンク集 »