« 男子テニス トップの強さ ジョコビッチ ナダル マレー フェデラー比較 | トップページ | 奈良くるみ 次への敗戦 ヤンコビッチ戦に学ぶ »

2013年9月 1日 (日)

トッププレーヤー 何故強いか Part2 データで示す強さ

Top4 何故強いか Part2
 今年のUSオープン、盛り上がっている。
 若手の台頭もあるが、トップの強さ(フェデラーを含めているので)は群を抜いている。
 何故強いのかを、データで比べてみた。
 本来はUSオープン全体でデータを集計して、比べるべきなので、明らかに参考データとして見て欲しい。

 全体像は昨日アップした チャートを見て欲しい。
 トッププレーヤーの強さ比較 
 US2013 男子シングルスシード話題  

次の5つの要素で比較をしてみた。
 比べたプレーヤーは、N.ジョコビッチ、R.ナダル、A.マレー、D.フェレール、R.フェデラーの5人

 サービスゲーム 1stサ-ビス、2ndサービスのポイント獲得率とサービスゲーム全体のポイント獲得率
 リターンゲーム リターンゲームのポイント獲得率
 ブレークポイント ブレークポイントの数と%、数が重要な事が多い。
 ネットプレー ネットプレーの確率と、カズ
 安定指数(ウィナー ー アンフォーストエラー)で比べてみよう。

 テニス上達のワンポイントアドバイス 

試合に直接かかわって来るのは
 ブレークポイント ここではその数が相手のサービスを破る事になる。
Topbp


 確率よりも数が重要。相手よりも多く、破ることが重要。
 特に男子シングルスではかなりの確率でサービスキープしている。
 ナダルは、相手のブレークを抑える事では秀逸。
 他の選手は1,2回はブレークされている。
 R.ナダルにはブレークを許したくない意地が強い


 安定指数 ウィナーは派手で格好良いが、そのために凡ミスが増えたら、意味はない。
Topstabilityindex


 安定指数の重要性 
  N.ジョコビッチの最盛期の安定指数の良さ、R.フェデラーとの対比。

 一般プレーヤーではウィナーをとることで、相手へのプレッシャーとなるケースもあるが。
 いかんせん、テニスは確率のスポーツ、自滅、凡ミスを減らす事が、重要。
 特に一般プレーヤーでは絶対に重要、最大課題と言える。
 今回A.マレーがアンフォーストエラーが少ないのは、相手のロドラがネットプレーヤーで
 ネットプレーを仕掛けているので、フォーストエラーは増えている

 トッププレーヤーでの最重要課題はサービス力。
 特に1stサ-ビスのポイント獲得率が重要。
 奈良くるみ選手は1stサ-ビスの確率が100%と驚異的だったが、男子ではポイント獲得率が重要だ。

Topserpercent

 トッププレーヤーでは1stサ-ビスのポイント獲得率は80%前後。

 リターンゲーム
 サービス力が落ちてもリターンゲームでカバーすれば良い。 
 女子シングルスではそれが通用する
 しかし男子ではリターン力は30%前後。
 トッププレーヤーはここを50%近くまで持ち込む、
 底が強さの秘訣だ。
Toprepercent

  
 ネットプレー 最近のシングルス、ストローク戦が多いが、
 トッププレーヤーでは仕上げにネットプレーを使うケースが多い。
 パッシングショット対ネットプレーがポイントを左右するケースが多い。
 相手へのプレッシャーをかける事となる。


 データで面白いのはR.ナダルがネットプレーのポイント獲得率が90%と異常に高い事。
 上手さを増しているR.ナダルのネットプレー
 特にドライブボレーの上手さは秀逸 

 それは最終のとどめに前に詰めて、余裕で決めている事を示している。
 逆にR.フェデラーはポイント獲得率は70%、
 ナダルの比べたら低いが、出る回数。40回出て、28ポイントなので
 ネットプレーとしてはかなり高い数値となる。


テニス2013早分かり情報
 USオープン オフィシャルサイト

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 クルム伊達オフィシャルサイト
 更新が頻繁で、一般プレーヤーに役に立つ情報が多い。

 テニスの質問は テニス365 Q&A 


 テニス作戦ボード セミオーダー

 作戦ボードの詳しい内容は

Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 爆発的に売れた第1作につづき、待望のボレー編

【テニス】新井流フルスイングテニス塾 DVD ~スピード×決定力がアップするフォアボレー・バックボレー~

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« 男子テニス トップの強さ ジョコビッチ ナダル マレー フェデラー比較 | トップページ | 奈良くるみ 次への敗戦 ヤンコビッチ戦に学ぶ »

シングルス」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

フェデラー」カテゴリの記事

マレー」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/58104621

この記事へのトラックバック一覧です: トッププレーヤー 何故強いか Part2 データで示す強さ:

» 奈良くるみ 悔いなし ヤンコビッチと互角の勝負 [ショップブログ]
奈良くるみ 悔いのない敗戦 J.ヤンコビッチ戦  相手のJ.ヤンコビッチは、今は下がっているが、トップにもなった事のある選手。  ために打ち合った。  ウィナーの数では上回っている。  4-6, 6-7 (5-7) 大きく健闘している。  大きく成長した、奈良くるみがそこには居た。  次の目標も、ポイントの締めくくりネットプレーで。  そうなんですこの意識なんです。 シングルス勝利の法則   奈良くるみ初戦   シードを破ったS.キルスチャ戦    ... [続きを読む]

受信: 2013年9月 1日 (日) 14時47分

« 男子テニス トップの強さ ジョコビッチ ナダル マレー フェデラー比較 | トップページ | 奈良くるみ 次への敗戦 ヤンコビッチ戦に学ぶ »