« 日本 デビスカップ ダブルス完敗 コロンビアに王手を | トップページ | 植田Japan ワールドグループ復帰へ 錦織、添田、踏ん張る »

2013年9月15日 (日)

流れを変える 具体的な方法 心を整え戦術の切り替え

悪い流れを断ち切る
 ダブルスの敗戦から学ぶ 試合の流れを変える
 デビスカップ ダブルスの敗戦から学ぶ点。
 日本のペアを攻める訳ではありません、ケーススタディとして、良い教材でした。
 ダブルス、コロンビア戦のデータ

 ダブルスの試合もあるけれど、
 テニスの試合の展開。
 負け始めた時に、傷口を抑えながら、次の展開を考えなくてはいけません。

 展開を変える、流れを変える方法を一緒に考えてみましょう。
 震災に学ぶ、テニスの危機管理
 勝っている時は、何でも良いのです。
 負けている時の危機管理です。これって今の福島の政府と、東京電力の対応に似ていませんか?
 対策が、つぎはぎで、次の事を考えていません。
 必ず破綻してしまいます。
Mt


 チェンジオブペースと言いますが、これほど、「言うは易く、行うは難し、」
 なものはありません。

 チェンジオブペースする必要があるのは、
 2ゲーム連取された時、3ゲーム離された時でしょう。
 試合のデータで、勝利には2ゲーム連取が大事。
 その前に2ポイント連取。

 逆にチェンジオブペースには、2ゲーム連取された時です。

 何をチェンジオブペースするか。
 これが大事です。

Sayingdbpatern


 テニスの根幹、心技体の心の部分。この太い幹が必要です。
 特に心を支える、感情が増幅すると、流れが一気に悪い方に行きます。

 悪い連鎖のチェーンを
 どこかで断ち切る事です。2

 一気に断ち切る事が
 出来れば良いのですが、
 少しずつ、傷口をふさぎます。
 ボクシングの試合で、
 不運なバッティングで、
 まぶたを切りました。
 傷口を塞ぎながら、
 回復を待ち、
 それ以上の失点を防ぎつつ、
 勝機を探る必要があるのです。

 試合の流れ、これは戦略です。
 流れを変える、具体的戦術が必要です。
 その戦術を実行する、アイテムがテクニックですね。

ダブルスの展開を考える 

 悪い流れ、心の乱れを落ち着かせるには時間が必要です。
 時間を作ります。
 ダブルスでは楽です。ペアが居ますから。
 話をします。

 悪い循環を断ち切る

 デビスカップでは団体戦で、監督が居ますから、話をしながら、落ち着かせます。
 指示は具体的です。
Dcupjapanteam


 コロンビザペアが良かったので、
 I.フォーメーション、
 オーストラリアンフォーメーションまで繰り出しました。
 でも失礼ですが、形だけで、動きは全くなかったです。
 陣形、変則陣形は前衛が動いてナンボです。
 日本には良い見本があります。
 青山修子選手のむささびボレーです。

 変則陣形の使い勝手 

でも残念ながら、相手の読み切られて、日本ペアの弱点を突かれてしまいました。

 例えばサービスです。伊藤竜馬、杉田祐一もストローカー、
 それはそれで良いのですが、ダブルスの展開を考えなくてはいけません。
 サービスを打ってもステイ。この時にシングルスと同じ速いサービスで攻めていました。
 ダブルスの名手は、速いサービスのリターンはお手のものです。
 時間を作る、前衛が動けるサービス、そうです、トップスピンサービス。
 キックサービスが打てたら最高ですが。

サービス ダブルスとシングルスの違い 

 しかも日本ペアはサーブ&ボレーしてこないので、リターンのプレッシャーは少ない。
 変則陣形を使っても、前衛が極端にギャンブルしてくる訳ではない。
  そこを読み切られて、リターンが逆襲されていました。

 男子ダブルスは並行陣が原則。ましてやトッププレーヤーなら。
 インディアンウエールズ、ダブルス、ナダルの優勝。サーブ&ボレーしていました。

 日本と同じプレーオフに回っているスペイン(信じられますか? 去年の準優勝)、
 ダブルスにもR.ナダルは出場。勝利に貢献しました。

 
試合の展開を変える。次もお楽しみください。

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、270ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選230 冊子版
 ダブルスの試合形式、変則陣形も沢山紹介します。
レッスンマニュアル ドリル選230 DVD版

Bmposivs


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選230 DVD版


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

デビスカップが良く分かるリンク集
 JTA  
 JTAデビスカップ 
 Wowow 
 ダブルスのフルセットの放映が楽しみだ。
テニス365  
 デビスカップ国際 ITF  
 錦織圭オフィシャルサイト 


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 日本 デビスカップ ダブルス完敗 コロンビアに王手を | トップページ | 植田Japan ワールドグループ復帰へ 錦織、添田、踏ん張る »

ダブルス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

メンタル」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。去年テニスノートを購入したものです。使い勝手が沢山あり、便利でした。
使いながら便利さに気付く次第です。
2014のテニスノートもOKですか?

投稿: 部活監督 | 2013年9月24日 (火) 08時48分

おはようございます。連休も今日が最後。風が強そうです。風に挑戦ですね。

投稿: early bird | 2013年9月23日 (月) 05時29分

万年中級者さん、コメント有り難うございます。
デビスカップ良かったですね。
試合の流れを変える。
添田豪選手の試合は本当に何回も流れがありました。
自分に引き寄せるのは、自分しかいないんですね。
自滅で、相手に渡すのはもったいないですね。

投稿: 月さん | 2013年9月16日 (月) 06時14分

こんばんは。こんなにほっとした事は、最近久しぶりです。

投稿: 万年中級者 | 2013年9月15日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/58194198

この記事へのトラックバック一覧です: 流れを変える 具体的な方法 心を整え戦術の切り替え:

» 日本 デビスカップ ワールドグループ復帰 祝 [ショップブログ]
日本 世界の強豪が待つワールドグループへ  植田ジャパン 采配的中 ワールドグループ復帰へ  男泣きの添田をハグ。  植田キャプテン、  くるしい決断を  何度もしたと思う。  見事、  日本を  ワールドグループ  復帰に導いた。  植田キャプテンの  胴上げは、  重そうだった。 デビスカップ 錦織圭 完勝。  デビスカップ、ワールドグループと下のリーグでは天と地の差がある。  とは言え、今日本が戦っている、プレーオフは、強豪も多い。  去年の... [続きを読む]

受信: 2013年9月16日 (月) 05時46分

» デビスカップ ワールドグループの強豪国、選手 [ショップブログ]
ワールドグループの世界  日本デビスカップチームは、一丸の努力でワールドグループへの復帰を見事果たしました。  添田豪、錦織圭、伊藤竜馬、杉田祐一選手はもちろん、  植田キャプテン、始め、サポートのメンバーの努力、  そして日本チームを現場で応援した観客の皆さんに大きな拍手です。     ここに来る前の韓国戦、添田豪の頑張りがありました。    最後にデビスカップのリンクがあります。ここの情報楽しいですよ。 世界の強豪  でも勝負  はこれからです。 ... [続きを読む]

受信: 2013年9月16日 (月) 13時00分

» チェンジオブペース Part2 具体的にどうするか [ショップブログ]
展開を変える チェンジオブペース Part2  シングルスにもダブルスにも使える民間療法。  テニスの試合、流れが必ずあります。  皆さん、流れが相手に行きそうで、負け始めた時に踏ん張れますか?  最後にスペシャルダブルスの動画を紹介します。  錦織圭、添田豪 vs L.ヒューイット 鈴木貴男。面白いです。  チェンジオブペース Part1  展開を変える、概論。  ペアで、「頑張ろう!」と言いますよね。ありふれた言葉ですが、  これが自分にプレッシャーをかける事になり... [続きを読む]

受信: 2013年9月23日 (月) 05時18分

» ジョコビッチ 3連覇大きく成長した錦織圭 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
N.ジョコビッチが3連覇でATPファイナルを制した。この大会、錦織圭が大きく成長できた。自信も持てたはず。ファイナルの全体を振り返り、トッププレーヤーの強さのランク付けを示した。N.ジョコビッチ、R.フェデラーの強さ。錦織圭の上昇があげられる。... [続きを読む]

受信: 2014年11月17日 (月) 09時58分

« 日本 デビスカップ ダブルス完敗 コロンビアに王手を | トップページ | 植田Japan ワールドグループ復帰へ 錦織、添田、踏ん張る »