« 全米 女子シングルス 勝因分析 Part2 心の戦い | トップページ | ナダル 勝因を探る Part2 ジョコビッチ 試合の展開編 »

2013年9月10日 (火)

ナダル 頂上決戦を制する ジョコビッチ破る

USオープン 男子シングルス ナダル涙の優勝
 勝ったナダルが涙を浮かべていた。
 思い起こせば、去年のウィンブルドン、膝を痛めて、長い離脱を意義無くされた。


 その間、ランキングも5位まで落ちた。
 N.ジョコビッチの天下が続いた。

 そして復帰。
 ここからが見事。
 今年の勝率はトッププレーヤーでもNO1.
 最盛期よりも強いのではないか。
 しかもクレーコートキングと言われて、ハードコートは苦手と言われていた。
 ハードコートが苦手? そんな風評を吹き飛ばすように、
 前哨戦から快進撃。

Usnadalnolescore

 3年ぶり2度目の優勝。初優勝がグランドスラム達成 になる。

Usnadalnewswon

 ビッグサーバーを破る

 好調のT.ベルディハも破る 

 ネットプレーのR.フェデラーをパスで抜く

 そして文字通りランキング NO1にN.ジョコビッチの連勝.
 これでN.ジョコビッチとの対戦成績も

 ランキングも1位を視野に入れている。
 第2シードで復帰
 USオープンの男子シングルスシード 

 USオープン優勝最右翼 

 トッププレーヤーの強さ 
 Semi-Final ガスケを破り バックハンド制する
 

 今回の試合で、R.ナダルの見事さは、冷静さ。
 持ち前のストローク力を活かし、
 デュースゲームではギアを入れて、ブレーク。
 N.ジョコビッチには何度もチャンスがあったが、
 R.ナダルはことごとく耐えた。
 皆さんも分かるだろうけれど、サービスゲーム15-40から戻すのは大変なことだ。
 ピンチでの集中力 トッププレーヤーの中でもピカイチだ
  
 強力なN.ジョコビッチのサービスを平然と返すR.ナダル。
 前哨戦でビッグサーバーを撃破したリターン力があるからだ。

 執拗にネットに詰める、N.ジョコビッチ。

 良いUsnadalpassbs

 アプローチ
 ショットだが、
 R.ナダルの
 パスが
 抜ける。
 

 第3セットまではもつれにもつれたが、
 第4セット、N.ジョコビッチのプレーが単調になった。
 先の攻撃を仕掛ける。そうナダルが仕向けている。

Usnadalnolestatsall


 第4セットの終盤は、ナダルの自由自在の展開。
 N.ジョコビッチ為す術がなかった。ここまで追い込まれたN.ジョコビッチ、久しぶりに見た。

 試合の勝敗を左右する安定指数
 ナダル    ウィナー - アンフォーストエラー=27-20=-7
 ジョコビッチ ウィナー - アンフォーストエラー=46-53=-7
 ナダルのペースだった事が分かる。

 試合時間の長さも ナダルのペース 
 次の巻き返しに注目だ。
 細かい試合の流れは次に紹介する。

 試合のスタッツ 

 二人の対戦成績 
 22勝15敗とR.ナダルが引き離しにかかっている。

 ナダルのワイパースウィングを学ぶなら。

新井湯太加の新井流フルスイングテニス塾

テニスシステム手帳バイブルサイズ

B7tennis2magstaffall

 マグネット作戦ボードの特注版

テニスシステム手帳B7サイズ

テニス2013早分かり情報
 USオープン オフィシャルサイト

 ATP 男子プロテニス 

 WTA 女子プロテニス 

 テニス365 

 テニスの質問は テニス365 Q&A 


 クルム伊達オフィシャルサイト
 更新が頻繁で、一般プレーヤーに役に立つ情報が多い。


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 全米 女子シングルス 勝因分析 Part2 心の戦い | トップページ | ナダル 勝因を探る Part2 ジョコビッチ 試合の展開編 »

テニス」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

全米」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

シングルス」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

生徒Aさん、おはようございます。
本当に諦めませんね。でデュースゲームは取る。
全部に集中する事は無理ですから、ナダルの心の中で度合いを調整しているのでしょう。

投稿: 月さん | 2013年9月11日 (水) 05時42分

ナダルの粘り、凄いんですね。決して諦めない。
ジョコビッチも根気負けした感じですね。

投稿: 生徒A | 2013年9月10日 (火) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナダル 頂上決戦を制する ジョコビッチ破る:

» 全米 ナダル勝因分析Part2 [ショップブログ]
ナダル ジョコビッチ戦を振り返る データ分析  Part2 試合の流れ編  この二人、試合は常にもつれる。  展開が変わる。  だから面白い。  勝つセットと負けるセット、勝因、敗因が必ずあるからだ。  テニスとデータ分析。  勝敗の行方 part1    トッププレーヤーの強さ   テニスのスコアをとろう。自分の試合が見える。  試合全体、セット、細かい流れが良く見える。  二人のラリー 最高に続いた例。  ラリー59回。2分近く。この間、前後左右に... [続きを読む]

受信: 2013年9月12日 (木) 06時08分

« 全米 女子シングルス 勝因分析 Part2 心の戦い | トップページ | ナダル 勝因を探る Part2 ジョコビッチ 試合の展開編 »