« フェデラー USオープンで強さ復調中 ナダルと対決か | トップページ | 全米 バックハンド 両手打ち vs 片手打ち »

2013年9月 4日 (水)

フェデラー敗れる ロブレドのギャンブル見事

フェデラー 負けた事のないT.ロブレドに完敗
 グランドスラムで勝てないR.フェデラー
 まさか、R.フェデラーの敗戦。
 しかも得意の速い、USオープンのコート。
 相手は、どちらかと言うと、クレーコートが得意のT.ロブレド。
Ustrobredrfscore


 確かにT.ロブレドは去年後半から、好調。
 攻撃スタイルはストロークに関してはR.フェデラーと似ている。
 フォアが武器で、バックハンドは片手打ち。スペインでは珍しい。
 見事なバックハンド、今度片手打ちバックハンドの特集を組みたい。

Usrobredbsimp

  
 フォアに回り込みを武器としている。
 この回り込みが勝敗を分けた感じだ。
 狙ったボールは逃さずフォアに回り込むT.ロブレド。

 少し無理をしてフォアに回り込み、カウンターを食らう、R.フェデラー。

 得意のサービス力も不発だった。
 それはUsrfser4_2


 1stサ-ビスの
 フォールトが
 かなりそれていた。

 いつもなら 
 フォールトでも
 かなり
 きわどい
 コースに来る。

 でもR.フェデラーのファイターぶりは変わらなかった。
 パッシングショットを決められても、ネットプレーに出続けた。
 それがR.フェデラーのスタイルだから。

 確かにアンフォーストエラーが多かった。
 しかしそれは攻撃してのリスク、ハイリスク、ハイリターンのプレースタイルがR.フェデラーだ。
 フェデラーの持ち味 攻撃テニス 
 トップ4の中の位置づけ 

 本人は自分自身に負けたと話している。
 こんなプレーではR.ナダルにも勝てないと。でもそれはT.ロブレドに失礼。

 僕は試合を見ていたが、R.フェデラーのプレーはそれほど悪くないと思う。
 T.ロブレドが良過ぎた。
 その証拠に、サービスのスタッツ、R.フェデラーが良い。
 リターンは互角。
 大きく違ったのはブレークチャンスの活かし方。
 16回のチャンスで2回しか活かせなかったR.フェデラーに対し、
 T.ロブレドは7回の少ないチャンスを4回活かしている。
 ブレークポイントで強いのは、もちろんR.ナダルだ。


 バックハンドのストロークが良かった。
 R.フェデラーの7色の虹のスライス、打ちにくいのだが、見事に振り切っていた。しかもトップスピンをかけてのカウンター。
 R.フェデラーがラケットをはじかれる事が多かった。
 逆を突かれて、戻れない事も。こんなフェデラーは初めて見た。

 トップスピンロブは、ボールパーソンにぶつかる位ベースラインの後ろで打つ。
 これがラリースタイル。
Ustrobredrfrallystats


 しかし一度攻撃に出ると、一気にベースラインの中に入る。
 ゾーンを見事に活用している。
 これはR.フェデラーが得意な戦い方だ。

 ナダルのゾーンの使い方 
 しかもこのショットが速い。これはR.ナダルに似ている
 
 R.フェデラーのドロップショットをあの後ろから前に走り込み切り返す。
 フットワークも最高に良かった。
 フェデラーの決め球をことごとく読み、
 と言ってもフェデラーが打つであろう、狭いコース、を読んで、待ち伏せ攻撃が的中した。
 T.ロブレドのギャンブルが的中した感じだ。

 R.フェデラーも次も、そこを狙う、意地があったが。
 少し読む余裕があれば、オープンコートのイラクに決めれたケースが多かった。
 試合内容 

 試合スタッツ 
 グランドスラムはこれが最高に楽しい。データが詳しく紹介される。

 テニス作戦ボード セミオーダー

 作戦ボードの詳しい内容は

Tennisb6bothallstaff

 これは、新発売、小型の携帯用作戦ボード。小さいけれど、コートが横長のテニス、ソフトテニスには十分の大きさ


 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 テニス上達のワンポイントアドバイス

 リターンミスを減らす

 中級者からの脱出

 バックハンドマスター 

1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« フェデラー USオープンで強さ復調中 ナダルと対決か | トップページ | 全米 バックハンド 両手打ち vs 片手打ち »

テニス」カテゴリの記事

フェデラー」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

全米」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。T.ロブレド、N.ジョコビッチを破りましたね。凄い速い展開。トッププレーヤーは凄い。

投稿: レッドロブスター | 2014年8月15日 (金) 18時48分

まっちゃんさん、おはようございます。
フェデラー自身は、良いテニスが出来なかったと話していますが、T.ロブレドが最高に出来が良かったですね。
R.フェデラーは攻撃型、先に攻めます。
それを読んでいた、ギャンブルが当たった感じです。

投稿: 月さん | 2013年9月 6日 (金) 06時15分

おはようございます。今年のフェデラーどうしたんでしょうか?

投稿: まっちゃん | 2013年9月 4日 (水) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェデラー敗れる ロブレドのギャンブル見事:

» ストローク バックハンド 両手 片手 トッププレーヤーに見る [ショップブログ]
今年のUSオープン 異変 それは  USオープン、R.フェデラーは負けましたが、面白いですね。  まずこのベスト8の組合せを見てください。 何か気付きませんか?  そうなんです。ストロークのバックハンド。  両手打ち対片手打ちとなったんです。  これは珍しい事です。  N.ジョコビッチ 両手打ち 少しずつ調子を上げている。  M.ユーズニー  片手打ち R.フェデラー的な打ち方   ジョコビッチのトップたる理由  片手打ちはスライスに入りやす... [続きを読む]

受信: 2013年9月 5日 (木) 20時06分

« フェデラー USオープンで強さ復調中 ナダルと対決か | トップページ | 全米 バックハンド 両手打ち vs 片手打ち »