« デビスカップ 決勝は チェコ対セルビア | トップページ | フェデラーに学ぶ ドロップショット スライスタッチ »

2013年9月18日 (水)

試合の展開を変える Part2 リラックスと集中

展開を変える チェンジオブペース Part2
 シングルスにもダブルスにも使える民間療法。
 テニスの試合、流れが必ずあります。
 皆さん、流れが相手に行きそうで、負け始めた時に踏ん張れますか?

 最後にスペシャルダブルスの動画を紹介します。
 錦織圭、添田豪 vs L.ヒューイット 鈴木貴男。面白いです。

 チェンジオブペース Part1
 展開を変える、概論。

 ペアで、「頑張ろう!」と言いますよね。ありふれた言葉ですが、
 これが自分にプレッシャーをかける事になります。

 分かるのですが、そこまで頑張っていたのですから、
 それ以上頑張るのは大変。具体的ではないと言う事なんです。

Lcngword_2


 集中! と言っても、言うのに満足して、集中した気分になっているだけで、
 全身に力が入り過ぎてしまうのです。

 逆に「リラックス!」 ペアに怒られるように「リラックス!!」
 と言われて、リラックスできかすか?
 却って緊張するだけでしょう。

 集中、必要です。
 リラックス、必要です。
 
具体的にどうしたら集中、リラックス出来るか。
 その方法は、学ぶ必要があります。
 メンタルタフネスは勉強できるのです。

 試合前にこんな点をチェックしてください。
Lcmatchbeforereadychart


 勝利の法則シングルス

 メンタルタフネスは、技、体力と同じように、トレーニング出来るのです。
 
 今までやっていなかった分、大きな上達が望めるはずなんです。

 メンタルタフネスの強い選手
 R.ナダル    
 D.フェレール  
 R.フェデラー  

 日本では、メンタルタフネス、心の部分は、根性と、勘違いしている方が多いのです。
 心も科学的に、トレーニングできるのです。
 メンタルタフネス、トレーニング 

メンタル.タフネス向上

 試合中の、戦略、作戦、ショット、やることは具体的、かつ出来る事でなくてはいけないのです。
 「頑張う!」   → 「振り切って行こう」
 「リラックス!」 → 「深呼吸」
 「集中!」    → 「ボールを見る」

 この様な具体的な事を実行します。
 リラックスするための具体的な方法。

 ダブルスでは? 

 シングルスでは? 

Lcrelaxconcentlation


本日の御教訓 展開を変える
集中の前のリラックス
 1:心技体、心が大きい
 2:具体的方法を知る
 3:ダブルスとシングルスでは違う

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、270ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選230 冊子版
シングルス、ダブルス、ジュニア、ソフトテニス、
 ジャンル別のレッスンドリル、沢山紹介します。
レッスンマニュアル ドリル選230 DVD版

Bmfan33


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選230 DVD版


錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

 スペシャルダブルス 錦織圭、添田豪 vs L.ヒューイット 鈴木貴男

 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« デビスカップ 決勝は チェコ対セルビア | トップページ | フェデラーに学ぶ ドロップショット スライスタッチ »

イメージ」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

メンタル」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。コメント有り難うございます。
チェンジオブペース、言うのは簡単なんですが、
実際にプレー中は、難しいです。
一発で形勢逆転は難しいですから、
どこかから崩す必要があります。

投稿: 月さん | 2013年9月19日 (木) 05時32分

リラックスと集中ですね。リラックスしているつもりで入るんですが。

投稿: 生徒A | 2013年9月18日 (水) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/58217736

この記事へのトラックバック一覧です: 試合の展開を変える Part2 リラックスと集中:

» チェンジオブペース いつ どの様に? Part1 [ショップブログ]
悪い流れを断ち切る Part1  ダブルスの敗戦から学ぶ 試合の流れを変える  デビスカップ ダブルスの敗戦から学ぶ点。  日本のペアを攻める訳ではありません、ケーススタディとして、良い教材でした。  ダブルス、コロンビア戦のデータ  ダブルスの試合もあるけれど、  テニスの試合の展開。  負け始めた時に、傷口を抑えながら、次の展開を考えなくてはいけません。  展開を変える、流れを変える方法を一緒に考えてみましょう。  震災に学ぶ、テニスの危機管理  勝っている時は、何で... [続きを読む]

受信: 2013年9月19日 (木) 05時04分

» フェデラー ショット研究 スライス ドロップショット [ショップブログ]
フェデラーのショット スライス ドロップショット  トッププレーヤーの動きから、スウィングのイメージをつかみとろう。  形を覚えるのではなく、  動き、  スウィングの全体をイメージしたい。  そしてフットワークも入れる事。  USオープンの前の練習  貴重な動画を見つけた。  横からの映像で、ストロークの打点、体重移動が良く分かる。  間に合うボールには、必ずステップインしていること。  スタンスはスクエアスタンスになる。  フェデラーのストローク... [続きを読む]

受信: 2013年9月20日 (金) 05時44分

» クルム伊達 キリレンコ 破りベスト8へ [ショップブログ]
クルム伊達、テクニックの真骨頂。  クルム伊達が快進撃をしている。  M.キリレンコを破り注目。  得意のライジングショットで、速い展開。  試合をコントロールした。  リターンも良く、ドロップショットで華麗に決めた。  ライジングはリターンに最適。  これは一般プレーヤーも真似して欲しい点。  KDB韓国オープン(韓国/ソウル、ハード)は17日、 シングルス1回戦が行われ、 クルム伊達公子(日本)がH.ワトソン(英国)を3-6... [続きを読む]

受信: 2013年9月20日 (金) 18時30分

» デビスカップ ワールドグループ 日本はカナダと対戦 [ショップブログ]
デビスカップ2014 日本 カナダ  デビスカップ、ワールドグループの1回戦組合せが決まった。  熾烈なコロンビアとの戦いを勝ち抜いた日本。   錦織圭の活躍    添田豪の涙   日本はカナダと対戦する。  日本の世界ランクは12位、カナダは7位だ。  カナダは、若手のM.ラオニッチを中心に、V.ポスピシルを加えたメンバー。  M.ラオニッチは超ビッグサーバー、N.ジョコビッチを最後まで苦しめた。  成長著しい。  錦織圭は去年の楽天で、この... [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 05時48分

» ジョコビッチ 3連覇大きく成長した錦織圭 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
N.ジョコビッチが3連覇でATPファイナルを制した。この大会、錦織圭が大きく成長できた。自信も持てたはず。ファイナルの全体を振り返り、トッププレーヤーの強さのランク付けを示した。N.ジョコビッチ、R.フェデラーの強さ。錦織圭の上昇があげられる。... [続きを読む]

受信: 2014年11月17日 (月) 10時47分

« デビスカップ 決勝は チェコ対セルビア | トップページ | フェデラーに学ぶ ドロップショット スライスタッチ »