« テニス トッププレーヤー フットワークが良い理由 | トップページ | 伊藤 勝ち切るむずかしさ 流れを支配するには »

2013年10月 1日 (火)

錦織 ゾーンに入り メルツアーに大逆転勝利

楽天ジャパンオープン テニス 錦織圭 J.メルツアーを大逆転

錦織圭 大逆転
 第2セット 2-5から5ゲーム連取。

 試合の流れ。
 本当に面白い。
 負けると誰もが考えたはず。
 ストロークの強打はネットミスが多い。
 ヤバイ、錦織圭の悪いパターンだ。
 

 得意のバックハンド、ダウンザラインが微妙にネットする。
 明らかに、J.メルツアーに傾いていた。
 サースポー特有の外に位逃げるスライスのワイドサービス。
Arikeimelzerscore


 サースポーとの対戦

 悪い所でダブルフォールトが出る。
 相手のブレークチャンスで凡ミスが出る。
 2セットまでのアンフォーストエラーは錦織圭が多い。
 そこから第2セット 2-5からの錦織圭は、好調の錦織圭。
 何を打っても入る状態。
 まさにゾーンに入っていた。
Sayhirakinaori


 試合の展開を支配する。

 シングルス、勝利の法則
 勝利の法則シングルス

 調子の悪さから抜ける メンタルタフネス 

 面白いようにショットが入り始める。 ベースラインでストンと落ちる。
 振り抜けて来たのだ。

Arikeifswinner


 テニスゾーンに入る。錦織圭の例。
 A.セッピ戦

 結局、信じるのは自分。
Lcyoda

 

 きっかけは一本のリターンエース。
 錦織圭は世界のリターナー

 リターンミスを減らす

Arikeimelzerstats


 「正直終わったと思った」  
 結果論だが、その開き直りが良かった。

 勝ち試合をモノにできなかった、伊藤竜馬との違い。


 スパニッシュエックス
 このドリル、錦織圭のドリルでも紹介されていました。

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


レッスンマニュアル ドリル選230 DVD版

 テニスもサッカーもお任せ、超小型B6作戦ボード

Tennisb6bothallstaff


 デビスカップはテニスのワールドカップ

楽天Japanオープンが良く分かるリンク集
  楽天ジャパンオープン良く分かる情報集 
 ATP 男子プロツアー
 楽天公式サイト
 Wowowテニス
 テニス365
 JTA
 錦織圭公式サイト


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« テニス トッププレーヤー フットワークが良い理由 | トップページ | 伊藤 勝ち切るむずかしさ 流れを支配するには »

テニス」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

シングルス」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

まっちゃんさん、コメント有り難うございます。
まさにゾーンですね。
ゾーン、どうやっては入れるかと言うと、
是は難しいのですが。、僕も経験があります。

投稿: 月さん | 2013年10月 3日 (木) 07時48分

おはようございます。
ゾーンに入る。まさにそうでした。
テレビを見ていて、もう負けると思ったし、勝ち始めた時のショット、ミラクルの連続でした。

投稿: まっちゃん | 2013年10月 2日 (水) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 ゾーンに入り メルツアーに大逆転勝利:

» 楽天 屈指の好カード ツォンガ対モンフィルズ フットワークの鍛え方 [ショップブログ]
楽天ジャパンオープン から 参考情報を  トッププレーヤーのフットワークの秘密  楽天屈指の好カード  1回戦から  J.W.ツォンガ対G.モンフィルズ   友人同士。  同じ学校に通っていた。  テニストッププレーヤーの足技、動画で紹介しよう。  サッカーが本当に身に付いている。  J.W.ツォンガも膝を悪くして、欠場していた。  G.モンフィルズは、元世界ランク7位。  昨年膝の不調で、順位を落としていた。  今年は復活して、快調に飛ばし、100位... [続きを読む]

受信: 2013年10月 2日 (水) 05時36分

« テニス トッププレーヤー フットワークが良い理由 | トップページ | 伊藤 勝ち切るむずかしさ 流れを支配するには »