« リターンのゾーン研究 ジョコビッチ ポトロ | トップページ | 今年終盤 トッププレーヤーの集まる大きな大会 »

2013年10月17日 (木)

ジョコビッチ ゾーンの使い方 防御からアタック

最高峰のテクニック 戦術 N.ジョコビッチ J.D.ポトロ
 トップのテニス 見どころが一杯ある。
 名勝負は多い。
 皆さんはどんな場面が記憶に残っているだろうか?
 僕には2011,全豪ファイナル。N.ジョコビッチとR.ナダルの、体力の限界までの死闘。
  データで見るジョコビッチ対ナダル 

 今回の上海、N.ジョコビッチ対J.D.ポトロ これも面白い。
  

 N.ジョコビッチ、いつも顔を出す。トップの証拠。
 ロングラリー  これはA.マレー 
 試合展開の面白さ、 R.フェデラー 

 ジョコビッチの試合を紹介する事で、テニスが良く見える。
 試合で重要なショット、サービス、リターンの安定性。
 凡ミスが超少ない

 集中力のメンタルタフネス。
 追い込まれてからの強さ。錦織圭選手が見習って欲しい部分。

Sayingnoleattack


 そして先回紹介した、リターンとゾーン 

 ゾーンを知る、システム5

 今日はゾーンの極限の勝負を紹介する。
 ベースラインの奥の奥に振られて、戻って、フォアに回り込む
 逆クロス、ショートクロスのウィナーを決める。
 テニスの醍醐味が詰まっている。

 ゾーンの戦い。
 浅いボールは叩かれる。

 その時のこの二人は、ちゃんと次のボールの処理を考えている。
 相手も、ギャンブルで予測してくるからだ。

 最終第3セット。
 J.D.ポトロが、N.ジョコビッチを後ろに下げて、左右に振っていた。
Nolezone1defence


 N.ジョコビッチが必死に返しただけのボール。
 これが緩くて、深かった。
 ベースライン一杯。

 このボールでN.ジョコビッチは、下げられたベースラインから前に出る余裕が出来た。
 J.D.ポトロは198cmの長身。当然叩く。

 しかし叩いた分、勢いはあるがほんの少し浅くなった。
 これを見逃さない、N.ジョコビッチ。
 フォアに回り込み、得意の逆クロス、しかもショートクロスにウィナーを奪った。
 N.ジョコビッチの芸術的な試合展開だ。


Nolezone2winner


 ハイライト動画 


本日の御教訓 ゾーンを理解する
常に反撃のチャンスを待つ
1:守るべきは守る
2:中途半端は×
3:チャンスは大胆に

 テニス作戦ボード セミオーダー

 作戦ボードの詳しい内容は

Wbbirdexp


 立体コートコート図便利ですよ。ダブルスは立体を使います。

 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート

 勝利の法則シングルス

 シングルス上達


錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« リターンのゾーン研究 ジョコビッチ ポトロ | トップページ | 今年終盤 トッププレーヤーの集まる大きな大会 »

テニス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

D.ポトロ」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

コンチワ。なるほど、ジョコビッチ、攻めらていたのに、いつのまにか、前に出て、ウィナーを決めていました。
ここが強さですか。

投稿: まっちゃん | 2013年10月17日 (木) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョコビッチ ゾーンの使い方 防御からアタック:

« リターンのゾーン研究 ジョコビッチ ポトロ | トップページ | 今年終盤 トッププレーヤーの集まる大きな大会 »