« サービス特訓 サービスは打ち上げ動作、全身運動 脚部 | トップページ | ジョコビッチ ゾーンの使い方 防御からアタック »

2013年10月16日 (水)

リターンのゾーン研究 ジョコビッチ ポトロ

リターン研究 リターンのゾーン
 ジョコビッチ 対 J.D.ポトロ Part3
 リターンの意識
 先回はサービス力の話をした。
 今回はリターン力とゾーンの話をしよう。

 N.ジョコビッチは守備力から展開を作るのが得意。
 最近はサービス力をアップして、攻守のバランスを良くした。

 J.D.ポトロは198cmの長身から打ちおろすサービス力から展開する。
 長身だから打てるサービス
 上位に上がるために、ここリターン力をアップさせている。

 この二人の試合、サービス、リターンのミスが少ない。
 ラリー戦になる。
Zonerepotro


 しかし甘い2ndサービスは思い切り打たれる。
 リターンのプレッシャーがかかる場面だ。
  リターンのプレッシャー

 勝った、ジョコビッチはJ.D.ポトロを褒めた。
 素晴らしい試合が出来た。
 勝負がどちらに転んでもおかしくなかったと。

 この試合を見ていた錦織圭のコメントが二人の素晴らしさを語っている。
 錦織圭のコメント
 こんな素晴らしい試合、凄い。
 こんな二人と対戦する自分に身震いを感じたと。
 特にJ.D.ポトロの、ゲームポイントを握られているのに、振り抜くストローク。
 気持ちで攻めている。

 2人ともサービスは強力。
 そこで1stサ-ビスのリターンは、自分の守りやすい場所に位置する。
 しかし2ndサービスになると、一気に攻撃に転ずる。
 ここでベースラインの中に入って打てるかどうか。

Lczonerenole


 攻守の駆け引きが面白い。
 特にN.ジョコビッチはリターンの名手。
 高い打点からの攻撃が上手い
 
 バックハンドでは、J.D.ポトロは若干フラットぎみにラケットが出る。
 でもあの長身だから、結果的に高い打点で叩く事が可能。
 ナダルを破った上海 
 リターンはベースライン付近のゾーンの戦いと言える。
 ゾーンの意識を持とう  
 テニスの戦場 コートをゾーンで区切る意識を持つ。
 攻守がはっきりする。

Zonenadalcompare


本日の御教訓 リターンのポリシー 攻か守か
決めておくLcrepolicy

1:気持ちは
 常に攻め
2:対1st
 ブロック感覚
3:対2nd
ベースラインに
 入る

リターンボールの回転感覚を覚えよう。
トップスピンマスター 

スライスマスターカード

 トップスピン、スライス比較セット

 リターンミスを減らす

 ダブルス、シングルス、上達できるリターンの練習法満載
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、270ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選230 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選230 DVD版

Bmreposition


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選230 DVD版

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« サービス特訓 サービスは打ち上げ動作、全身運動 脚部 | トップページ | ジョコビッチ ゾーンの使い方 防御からアタック »

D.ポトロ」カテゴリの記事

イメージ」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

リターン」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

コメント

最新のトッププレーヤーのチャートみたいですね。大変でしょうけれど、よろしくお願いします。
今年は大変化ですよね。

投稿: まっちゃん | 2013年11月29日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/58394724

この記事へのトラックバック一覧です: リターンのゾーン研究 ジョコビッチ ポトロ:

» サービスは打ち上げる 身長とサービスのイメージ [ショップブログ]
日本人のためのサービス特訓  テニスの技術で、一番分かりにくいのがサービス。  僕は長い指導経験から、サービスの個性に合わせた上達法を考えるのが好き。  トスの左手、  右手の  肩を回す  動き。  ラケットが、  背中を  回るイメージ、  一致させるのが大変。  サービスは  手の動作だけと  考えがち。  サービスこそ、  全身運動。  だからこそ、  正しい  イメージと  フィーリングが  必要だ。  サービスの科学を... [続きを読む]

受信: 2013年10月17日 (木) 05時24分

» ストローク研究 ジョコビッチのアタックゾーン [ショップブログ]
最高峰のテクニック 戦術 N.ジョコビッチ J.D.ポトロ  トップのテニス 見どころが一杯ある。  名勝負は多い。  皆さんはどんな場面が記憶に残っているだろうか?  僕には2011,全豪ファイナル。N.ジョコビッチとR.ナダルの、体力の限界までの死闘。   データで見るジョコビッチ対ナダル   今回の上海、N.ジョコビッチ対J.D.ポトロ これも面白い。     N.ジョコビッチ、いつも顔を出す。トップの証拠。  ロングラリー  これはA.マレー   試合展開の面白さ... [続きを読む]

受信: 2013年10月19日 (土) 05時44分

« サービス特訓 サービスは打ち上げ動作、全身運動 脚部 | トップページ | ジョコビッチ ゾーンの使い方 防御からアタック »