« ナダル フェデラー ライバル関係、テクニックを振り返る | トップページ | 今年のベストマッチ 3-5位 ATPの選んだ試合 »

2013年11月27日 (水)

ダブルスの基本チェック サービス、レシーブの陣形

ダブルスの作戦 先手必勝
 トッププレーヤーの作戦も良いんですが、初中級者向けのダブルスの基本をお願いします。
 そんな、ご意見、身にしみます。
 ダブルスの基本、一般プレーヤーの方に参考になるダブルスの基本を紹介しましょう。
 ダブルス 最初に注意すること、
 ダブルスにはぺあ、陣形があって戦略が重要。
 テレビで見ているショットは、シングルス特有のもの。
 ダブルスでは、陣形に対応したショットの打ち方がある。
 その点を分けて、説明します。


 一緒にテニスを楽しんでいる方から、質問を受けました。
 「ダブルスを楽しんでいます。
 少しずつ草大会に出るようになりましたが、
 試合と練習では全く違うんですね。
なかなか勝てません。
 特に前衛の動きが分かりません。
 ダブルスの陣形を教えてください。」

 言っていることは簡単なんですが、ダブルスの重要な点を突いています。
 1:試合と練習は全く違うこと。
 2:ダブルスは陣形が大事なこと。
 3:ダブルスのボレーヤーの動きを知りたいこと。

これってダブルスの重要な点なんです。
 テニス、楽しいです。
 僕の入っているテニスクラブ、楽しい方たちばかりです。
 横浜のん兵衛クラブ  

 汗をかいて、その後のビールが楽しみ。
 いいですね、僕もそんな境地に達してみたいです。

 でも試合をするようになると、試合の緊張感があります。
 毎回ポイントがかかってきますから。1ポイントが少し重くなります。
 だから逆に、面白くなると思うのですが。

 試合と練習は違う 
 集中力の違いですね。

 よく試合になると、Matchvsexersise

 普段のの力がでない、

 そうなんです。
 試合で平常心に近づけるには、
 練習で、
 その差を感じ取っておくことです。

 遊びのテニスでも、いつでも試合を想定して、配給すると練習になります。
 ここはショートクロスで狙うところですが、相手のクロスにつなげる。
 ラリーを切ったら、4人がつまらないですから。

 楽しみのダブルス 

Sayingdbvariety

 でも相手が決めに来たら、それを楽しみに待っています。
 相手の攻撃を、切り返す。良い準備の練習になります。

 たとえば、相手が前に詰めてきました。
 これをショートクロスで決めていたら、次の守備の練習になりませんから。

 でも少しずつ相手を動かして、陣形の変化を楽しみます。
 ダブルスの陣形の変化に興味を持つと、楽しいですよ。

 ダブルスで大事な点、最初のサービス、レシーブの陣形です。

 この時の、4人の意識。持ち方が大事です。
 特に難しいのが、リターン。
 相手の前衛をケアしなくてはなりませんから。

 さらに難しいのが、リターン側の前衛です。
 リターンが甘ければ、リターン側の前衛は相手の前衛の絶好のターゲットです。

Lcdbmindsayingretbasic


本日の御教訓 ダブルスの基本
サービス、レシーブの心得
1:攻撃権はサービス側にあり
 2:リターン、守備か、逆襲か、意識をはっきり
 3:前衛同士はプレッシャーをかける

 テニス上達のマニフェスト

 勝利の法則ダブルス

 中級者からの脱出

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ナダル フェデラー ライバル関係、テクニックを振り返る | トップページ | 今年のベストマッチ 3-5位 ATPの選んだ試合 »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

基本」カテゴリの記事

陣形」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

生徒Aさんおはようございます。基本、どこまでベーシックにするか、難しいところですが、
易しいことから練習する、理解できることを、少しずつ積み重ねていけば、上達のピラミッドができてきます。

投稿: 月さん | 2013年11月29日 (金) 06時27分

そうですね。ダブルスの基本から、見直すっていいかもしれません。
雑誌でもなかなかないですから。

投稿: 生徒A | 2013年11月28日 (木) 20時17分

ダブラーさん、おはようございます。
ダブルス、ブライアン.ブラザーズの記事を書いてから、
トッププレーヤーとこんなに差があるんだ、
真似できること、できないことを分けて考えようと。
すると基本に立ち戻るんですね。
楽しみにお待ちください。

投稿: 月さん | 2013年11月28日 (木) 07時04分

今晩は。いつも新しい視点で、感心します。
楽しみにしています

投稿: ダブラー | 2013年11月27日 (水) 22時52分

こんにちは。ダブルスの基本編、要望にこたえていただき有り難うございます。
よろしくお願いします。、なにしろ初心級ですから。
楽しみにしています。

投稿: ダブルス夢中人 | 2013年11月27日 (水) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブルスの基本チェック サービス、レシーブの陣形:

» 女子ダブルス イタリアペア 生涯グランドスラ達成 強さの秘密 [ショップブログ]
ウィンブルドン2014 女子ダブルス優勝 S.エラーニ、R.ビンチ、ペア   ウィンブルドンの女子ダブルスで優勝して、  大きな記録が生まれました。  一つはS.エラーニ、R.ビンチ、ペアが連続NO1の座を伸ばしたこと。史上2位です。  もう一つはダブルスの生涯グランドスラム。これって超凄い事なんですが、  ダブルスはどうも注目を集めませんね。  一般プレーヤーがするのはダブルスなんですがどうしてなんだろ?  シングルスだって、それほど多くのプレーヤーが達成できる訳... [続きを読む]

受信: 2014年7月11日 (金) 05時46分

» デビスカップ 勝負を分ける ダブルス 勝利の法則 コロンビア戦 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
デビスカップ、コロンビア戦、日本は錦織圭が踏ん張り1勝1敗。2日目のダブルス、この重要さがデビスカップならでは。日本は西岡、内山の若手ペア。面白い組み合わせで、相手は強いけれど、オーソドックス、一泡吹かせて欲しい。... [続きを読む]

受信: 2015年9月19日 (土) 21時08分

« ナダル フェデラー ライバル関係、テクニックを振り返る | トップページ | 今年のベストマッチ 3-5位 ATPの選んだ試合 »