« テニス川柳  ちょっと待て やってる素振りが 違ってる | トップページ | スーパーショット ジョコビッチのフットワーク »

2013年12月 5日 (木)

強いダブルスの研究 ブライアン.ブラザーズ

強いチーム条件 ブライアン.ブラザーズの強さ
 ダブルスの強いチーム。
 どこが強いのでしょうか。まとめてみます。

 ケーススタディです。
 皆さんはサービス側です。何を考えますか?
Dbpairwhatthinking


 1:敵を知り、我を知る
 2:攻撃とでフェンスへの動きがスムーズ
 3:陣形を微妙に調整 
 4:ボールデッドになるまで決して諦めない。

 ダブルスの強豪、ブライアン.ブラザーズ。
 双子ならではの息のあったプレーヤーが魅力。
 攻撃を主体に、ダブルスを組み立てる。

 ブライアン.ブラザーズの速攻、強さ
  

 ストローカー主体の新しいダブルス ベルダスコ、マレーロ組
 

 アメリカのテニスサイト tennis One役に立つ記事が多いです。
 中にブライアン.ブラザーズの動画解説があります。
  

1:敵を知り、我を知る
 敵を知り、己を知る。孫子の兵法ですね。
 己をSayknowhim

 知るのが
 難しいです。
 相手の作戦を読み、
 ペアの動きを予測する。

 この試合では、
 相手のサービスゲーム、
 サービスをワイドに
 打ち込んできた。
Bbreattacjk


  前衛のマイクは、リターンのボブを信頼しつつも、相手の前衛をしっかりみて、ブロック準備。
  ペアでの作業をしています。
  ダブルスはペアリング  

 2:デフェンスから攻撃への動きがスムーズ
  ボールがクロスに抜けた。 
  前衛のマイクは、すぐの攻撃準備

Bb2


 3:同じような戦略シナリオでも、微妙にボールのコースで位置を変える。 
  特に前衛のプレーヤー
  動画を見ると分かるが、前衛のマイクの動きが多い。
  ケアとアタックと。
  ダブルス陣形の変化

 相手はマイクがポーチに出ると読み、強烈なストレートアタック
Bb3stattack


 
 4:ボールがデッドになるまで決して諦めない。
  ペアのフォローをする。
  未来は相手の逆を突き、アングルボレー、
 しかし相手も読んだ。
Bb4ocattack


  アングルボレーの攻撃に失敗して切り返された、マイクはコートの外。
  オープンコートが大きく開いている。
  当然相手はそこに打ち込んでくる。
 たかが陣形、されど陣形。サービス、レシーブの陣形の意味を少しでも知るだけで、」
 ダブルスは見違えますよ。
Bb6for


 台形フォーメーションになった。どちらのボレーのアタックが早いか。
 この台形フォーメーション、ソフトテニスでは良く見かけます。

 なぜだと思いますか?

ダブルスは陣形で強くなる。基本パターンを覚えよう
 ダブルス陣形編  
ダブルス陣形雁行陣
 ダブルス陣形並行陣

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 こんなレッスンドリルで試合形式練習を多くしましょう。ドリルス数大幅にアップしました。
 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、270ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選250 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選250 DVD版

Bmfmredash


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選250 DVD版

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« テニス川柳  ちょっと待て やってる素振りが 違ってる | トップページ | スーパーショット ジョコビッチのフットワーク »

ダブルス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

ブライアン.ブラザーズ」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

まっちゃんさん、コメント有り難うございます。
お言葉有り難うございます。印象に残るようなイラスト作りを目指しています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 月さん | 2013年12月 8日 (日) 10時37分

おはようございます。最初のイラストが意味深ですね。
考えているようで考えていないよな。

投稿: まっちゃん | 2013年12月 6日 (金) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/58702106

この記事へのトラックバック一覧です: 強いダブルスの研究 ブライアン.ブラザーズ:

» テニス川柳 「ミス重ね つるべ落としの 試合かな」 [ショップブログ]
テニス川柳 第2弾   暗くなるのが早いですね。  秋の日は つるべ落としと言いますが。  「ミス重ね つるべ落としの 試合かな」 迷月亭川柳  テニスは1ポイントの積み重ね。  ところが、落ちる時は、積み木崩しの如くですよね。  「競っていた 自滅一つで ガンガラガン」  小さな自滅、頭の中が真っ白になります。  真白き頭脳 ビビる手足。  近くの中学校、熱心に素振りをやっているのですが。  「ちょっと待て   やってる素振りが   違ってる... [続きを読む]

受信: 2013年12月 6日 (金) 06時29分

« テニス川柳  ちょっと待て やってる素振りが 違ってる | トップページ | スーパーショット ジョコビッチのフットワーク »