« 全豪 ダブルス ファイナル 正攻法の戦い | トップページ | バブリンカの陰に名コーチ有り ノーマン »

2014年1月26日 (日)

バブリンカ ナダルを破り 初優勝 グランドスラム 全豪

ファイナル ナダル対バブリンカ
 S.バブリンカ ナダルに初勝利、グランドスラム初勝利

 S.バブリンカは凄い。クオーターファイナルでN.ジョコビッチを破り

Swnadalscore


 
 R.ナダルを破った。
 R.ナダルはR.フェデラー戦で、全精力を使い切ったか
 
  S.バブリンカはT.ベルディフにも勝っている
 上位陣、総な目の快挙。
 
 S.バブリンカが強くなった原動力。
 バックハンド、サービス、それに加えて、今回はフォアハンド。

Swbs7

 S.バブリンカの片手打ちバックハンド、素晴らしい威力。

 
 1位、2位を破っての優勝は、真の強さを発揮。
 この全豪で、Swser7

 開眼した
 感じがする
 S.バブリンカ、
 ストローク、
 サービスと好調。
 一方R.ナダルは手のマメがつぶれて痛々しい、テーピング。
Nadalpalminjury


 第1セット、先にS.バブリンカがブレーク。
 元から好調のバックハンドで大きく外に出し、フォアのウィナーが襲う。
 あのR.ナダルが一歩も動けない場面が何度もある。

 S.バブリンカの5-3リードのサービスゲーム、0-40
 ここからR.ナダルの反撃かと思われたが、
 ナダル、痛恨のリターンミス、しかも3回連続で2ndサービス。

 こんなリターンミスを続けるナダルは久しく見たことがない。

 第2セット、腰が不調で、トレーナーを2度呼ぶ。
Nadalbackinjury


 椅子に座って、例のルーティーンがない。
 苦痛に顔をゆがめている。

 第3セット、にわかに元気を出し、ゲームを奪う。
 S.バブリンカのサービスゲームをブレーク。復調するのか。
 しかしボールは終えない。
 その不調でS.バブリンカも合わせるように、ミスを増やす。
 R.ナダルリードで5-3 R.ナダルがセットを奪う。
 凄い。回復力。
 第3セットたったの2回のチャンスの1回を活かし、6-3で奪う。
 やはりR.ナダルは偉大なチャンピオンだ。
 R.ナダルのメンタル.タフネス 
 しかし、気力で持ちこたえられたのもここまで。
 S.バブリンカ、R.ナダル、スタッツ。試合の流れ。
 珍しく、R.ナダルのアンフォーストエラーが多い。
Swnadaluest

 ナダル、さらに進化しているが、 腰の不調と手のマメに泣いた。

 テニス上達サポートのレッスンカード
  バックハンドマスター
トップスピンマスター 
スライスマスターカード
 トップスピン、スライスセット

オーストラリアンオープンが良く分かるリンク集
 オーストラリアンオープン公式サイト
 ATP公式サイト 
 錦織圭公式サイト 
  ATP男子プロテニス 
  WTA女子プロテニス   
  テニス365
  wowow テニス
 オーストラリアンオープン男子シングルス ドロー
  
 オーストラリアンオープン 女子シングルス ドロー


 錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

  

 R.ナダル対G.デミトロフ戦 ハイライト動画

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
 

|

« 全豪 ダブルス ファイナル 正攻法の戦い | トップページ | バブリンカの陰に名コーチ有り ノーマン »

テニス」カテゴリの記事

全豪」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

バックハンド」カテゴリの記事

バブリンカ」カテゴリの記事

コメント

バブリンカ、この時から強くなったんですね。
全仏で、R.フェデラーを破りました。まさかと思いましたが。

投稿: 万年中級者 | 2015年6月 5日 (金) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バブリンカ ナダルを破り 初優勝 グランドスラム 全豪:

» Semi-Final ナダルフェデラー戦 ライバル対決 [ショップブログ]
ビッグマッチ R.ナダル対R.フェデラーオーストラリアンオープン2014Semi−Final  フェデラーの後ろ姿が寂しいそう。 ナダルの進化が凄い。  第1セット、押していたのはR.フェデラー。  R.ナダルはサービスキープに苦しんでいた。  それがタイブレークになると、R.ナダルが一気に襲い掛かった。  タイブレークを奪いと、ああとは一気に押し切った。  R.フェデラーのフレームショットを誘う。  準々決勝までのR.フェデラーのキレはどこへ行ったんだろうか、 ... [続きを読む]

受信: 2014年1月27日 (月) 15時12分

« 全豪 ダブルス ファイナル 正攻法の戦い | トップページ | バブリンカの陰に名コーチ有り ノーマン »