« ナダル クレーコートで始動 不屈の身体能力 | トップページ | ストローク テニス上達エッセー 3要素  »

2014年2月21日 (金)

ナダル ストローク研究 フォア

 ナダル リオデジャネイロ 準決勝へ

 南米の大会だが、スペインの大会と思わせる位にスペインの選手が多い。
 同僚のモンタネスを、苦も無く破った。
 スペインの選手、ストロークが上手い、
 粘る、強い。R.ナダルがその筆頭だ。
 最初はラリーを続けているが、徐々に相手を追い詰める。

 フォアハンドの魅力を探ろう。

 ストロークの3要素,St3elements


 スピード
 回転
 コースの 
 バランス感覚が大事。
 スピードよりも
 回転を重視する。

 そのため安定性が増す。

 良くボールが跳ねる。
 ナダルの代名詞エッグボール
 ボールの回転量は追随を許さない

 相手はナダルのフォアが怖いから、バックにボールを集める。
 このナダルのバックが、ミスが少ない。
 バックハンドはコンパクトに相手を左右に振る。

 相手はラリー勝負を嫌い、早めにパスをバックに打ち前に詰める。

 ナダルは待ってましたと、パッシングショットを打つ。
 ナダル 得意のパッシングショット  

 フォアにボールが来たらナダル劇場だ。
 ベースラインから下がって、ナダルゾーンで打つ。
Nadalfsswing


 下がるとふつうは不利だが、R.ナダルにかかると、このゾーンも有効に使う。

 ナダルのゾーン 
 フェデラーとの比較

Nadalrfattackzone


 相手の動きを止めて、オープンコートに打ち込む。
 本当の隅に、ロックオンして、正確に打ち込む。
 トップスピンのなせる業。
 ベースラインですとんと落ちて弾む。

トップスピンマスター 

スライスマスターカード

 ナダルならではの技だ。

 最近は、トッププレーヤーとの対戦では、
 ウィナーを狙う時は、ベースラインよりも前に出て、相手の動きを封じ込める作戦も使う。

 リオ、ナダル ハイライト動画

 杉山愛選手の公認コーチが
 スピード&回転のあるストロークを初めて公開!!
 爆発的に売れた第1作

新井湯太加の新井流フルスイングテニス塾

 

  ナダルの強さ 

 ナダル始動 
 錦織圭 棄権 ジュニアの指導 
 ATP 男子ツアー 
 リオデジャネイロ 公式サイト 

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ナダル クレーコートで始動 不屈の身体能力 | トップページ | ストローク テニス上達エッセー 3要素  »

ストローク」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/59175536

この記事へのトラックバック一覧です: ナダル ストローク研究 フォア:

« ナダル クレーコートで始動 不屈の身体能力 | トップページ | ストローク テニス上達エッセー 3要素  »