« 奈良くるみ ブラジルで優勝 苦手のクレーコート | トップページ | フェデラー 華麗なる強さ サーブ&ボレー »

2014年2月24日 (月)

ナダル優勝 準決勝ではらしさを発揮 逆境に強い

クレーキング ナダル
 ナダルの強さ。リオでA.ドルゴポロフを破り優勝。
 リオでは準決勝で苦しんだ。相手はクレーコートスペシャリスト、P.アンドゥハル
 
 2-6, 6-3, 7-6 (12-10)の大逆転。ポイント数、ブレークス数でもP.アンドゥハルが上回っている。


 追いつめられると、さらに強くなる。

 奈良くるみが優勝した、リオ、

男子シングルスSemi-Final
 ここでも相手は同僚の、P.アンドゥハル。

 試合の数字だけ見れば、P.アンドゥハルが上回っている。

 特に男子シングルスでは1ブレークの差で決まるケースが多い。
 サービス力が強いからだ。

 サービス力、
 ブレークポイント、この2つ、が勝負を決める。

 ナダルはサービスの次を考えている

 ところがナダル、この試合、1stサ-ビスが良くない。
 得意のフォアに回り込み
 ナダルのポイント源だ。

 ナダルフォアに回り込むフットワーク
 一般プレーヤーも覚えて欲しい。シンプルな練習だ。
 こんなフットワークドリルも幅広く紹介。


 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、270ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選250 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選250 DVD版
Bmfworkhardaplly


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選250 DVD版

 動画もある。

 フォアに回り込む事は、自分でオープンコートを作るリスクもある。
Nadalfsre1

 ここまで回り込む大胆さ、完全に決めるつもりだった。しかし。
Nadalfsre2read
 同僚のP.アンドゥハル、しっかり読んでいる。

 無人のオープンコートに楽々。
Nadalfsre3passed

 ここをP.アンドゥハルに狙われた。

 得意のリターンでも相手に攻められる。

 特にタイブレークになった第3セット、
 P.アンドゥハルがブレークチャンスが多い。
 R.ナダルはたった1回のブレークチャンスを確実にゲット。
 相手も1回はゲットしたが。

 ここぞの集中力が違うのだ。

 ナダルの作戦はシンプル。  
 オープンコートを作って、そこを攻める。

 相手のミスを誘う。
 アンフォーストエラーが極端に少ないテニス、それがナダルだ。

 相手をを追い込む。
Nadalwide1

 さらに振る。
Nadalwide2


 そして仕上げだ。ドライブボレーが効果的。
Nadalwideap


 
 ナダルのウィナーはアプローチショットが多くなる。
 相手を振って、動かしたら仕上げにネットに詰めることが多い。

 ウィンブルドンを意識してから、R.ナダルはネットプレーが上達した。

 このあくなき追求力がR.ナダルの強さだ

 R.ナダルの様なドライブボレーを打ちたいのなら。

【テニス】新井流フルスイングテニス塾 DVD ~スピード×決定力がアップするフォアボレー・バックボレー~

 リオデジャネイロ 公式サイト

  テニス作戦ボード セミオーダー

 作戦ボードの詳しい内容は

Lobmagfullset

この写真は付属品の全てを紹介しています。マグネット、イレーサー、マーカーは1セットです。

 自分のテニスを知ろう
 スコアをつけるためのテニスノート 

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 奈良くるみ ブラジルで優勝 苦手のクレーコート | トップページ | フェデラー 華麗なる強さ サーブ&ボレー »

テニス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナダル優勝 準決勝ではらしさを発揮 逆境に強い:

» フェデラー ストロークの基本を学ぶ [ショップブログ]
フェデラーのテニス  R.フェデラーのテニスは美しい。  美しいフェデラーのテニス    早いタイミングで高い打点でウィナーを狙ってくる。  何しろ攻撃のテンポが良い。  凡ミス、アンフォーストエラーを恐れずに、ウィナーを狙う。  そこにR.フェデラーの美学があるのかもしれない。  フェデラーの美学と言えば、  パッシングショットにしろ、相手の逆を突く、  狭いところを狙うことが多い。  去年のUSオープン、T.ロブレドに初めて敗れた... [続きを読む]

受信: 2014年2月25日 (火) 07時56分

« 奈良くるみ ブラジルで優勝 苦手のクレーコート | トップページ | フェデラー 華麗なる強さ サーブ&ボレー »