« 面白プレー 錦織 フェデラー | トップページ | 苦しい デビスカップ日本チーム 錦織欠場 »

2014年4月 1日 (火)

ヒンギス ダブルス勝利の基本 グリップ

ダブルス 勝つヒント 基本のグリップ
 皆さん、M.ヒンギス、ご存知ですか?
 世界チャンピオンに君臨、天才少女の名を欲しいままにした選手です。
 先回のオリンピックの時に、オリンピックの優勝が欲しいR.フェデラーが、オファーをした位、
 センスのあるプレーヤーです。
 去年ダブルスで復活しました
  ペアは,杉山 愛とも組んでいた、D.ハンチュコワです。

 杉山.ハンチュコワ組のダブルス、強かったですよ。
  

マイアミで行われたSony Open   M.ヒンギスが優勝しました。
S.リシキと組んで、念願の、引退から復帰後の初優勝。
Hingisdbscore

 強いペアを破っているので凄い。
 準優勝のペア、
 C.ブラック、S.ミルザペアも強いですから。
 本人はあと2回くらいは勝ちたいと。
 M.ヒンギスの凄さ。ダブルスの優勝、これで38回目。

 シングルスはどれくらい勝っていると思いますか?43勝ですよ。
Db


皆さんのグリップ、チェックしたことありますか?
 テニスの基本はグリップにあります。テニススクールではグリップを教えるのに苦労しました。
 万能のグリップはありませんが、ショットに合わせたグリップで、
 最適のボールをコントロールできます。

 ちょうど良い写真がありました。ストローク、ボレーでグリップ確認しましょう。
Dbpositiongrip


 前衛に立つ,S.リシキはリターン側のボレーヤーです。
 相手の攻撃にいつでも対抗できるように、
 ボレーのグリップで立てて、構えています。

 一方リターンのM.ヒンギスは、ストロークのグリップですね。
 一般プレーヤーは、1stサ-ビスに対してはボレーのグリップで構えた方が無難ですが、
 トッププレーヤーは、読みがいいので、リターンをストローク感覚で打てます。
 この構えでリターンに立たれたら、サーバーにはプレッシャーになりますね。

 ダブルス、勝利の基本、サービス、リターン
 

 そして一般プレーヤーは、ストロークとボレーでのグリップをしっかりチェンジすることを
 確認してい欲しいのです。特にダブルスでは前衛、後衛でショットも異なるし、
 したがってグリップも変わります。
 J.マッケンローのように薄いグリップであれば,ワングリップですが、
 J.マッケンロー、グリップの神秘


 今では、ワングリップの方は天然記念物ですよね。
 僕はワングリップでもそこそこプレーできますよ。
 コーチで、すべてのグリップで打てるように練習していますから。

 今度はM.ヒンギスのボレーです。
 両手打ちボレーのHingisbvo

 見本ですね。
 一般プレーヤーの方は
 利き腕だけで
 処理しようとしますが、
 M.ヒンギス選手
 の様に、
 左手のグリップに
 合わせて、
 ボレーをしましょう。

 ボレー上達の秘密特訓 ラケッティング
 
 

 テニスとグリップ 
 J.マッケンローからR.ナダルまで

 ダブルスの試合形式練習、たくさん紹介しています。
 ボール出しマニュアル、ドリル数が270に増えました。
 レッスンマニュアルDVD270
Bmdvd270

  
 レッスンマニュアルBook270
 ボール出しマニュアルの概要 
 ソフトテニス、ロブ、メンタル.タフネスの内容、増やしています。

 ソフトテニスメンタル.タフネス

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」ダブルスの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 面白プレー 錦織 フェデラー | トップページ | 苦しい デビスカップ日本チーム 錦織欠場 »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

上達」カテゴリの記事

基本」カテゴリの記事

ヒンギス」カテゴリの記事

グリップ」カテゴリの記事

コメント

ヒンギス、有名な選手ですよね。

投稿: 万年中級者 | 2014年9月10日 (水) 18時25分

おはようございます。M.ヒンギス選手、グランドスラムで準優勝。これって凄い。

投稿: 生徒A | 2014年9月 8日 (月) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒンギス ダブルス勝利の基本 グリップ:

» クルム伊達 シングルス 第1シード破る [ショップブログ]
クルム伊達 ハードヒッターを破る  面で合わせる効率の良さ。  モントレーの大会で乗りの乗っている第1シード、F.ペネッタに勝ちました。  このF.ペネッタ、ベテランですが、直前のインデアンウエールズ大会で優勝しています。      この時はA.ラドバンスカに勝っているんですから本物です。  クルム伊達の本人のブログに書いてありますが、  F.ペネッタの速くて重いボール。  少しでも浅くて緩いと、叩き込まれたと書いてありました。  きっとその開き直りが予... [続きを読む]

受信: 2014年4月 3日 (木) 14時04分

« 面白プレー 錦織 フェデラー | トップページ | 苦しい デビスカップ日本チーム 錦織欠場 »