« クルム伊達 シード相手に頑張った フルセット ロランギャロ2014 | トップページ | クルム伊達 ダブルスでシード撃破 ペアリングの良さ »

2014年5月29日 (木)

異変続くロランギャロス2014 コートの問題か?

ロランギャロス 異変続き コート
 激戦が続くロランギャロス。それでなくてもシードダウンが多いのに。

 今年はRgrainy14

 例年以上の
 雨で、
 コートコンディションは
 最悪の様子。

 元から
 遅いコートで、
 さらに湿気で遅くなり、
 トッププレーヤーからは
 不満も。
 僕は、それもスポーツだと思いますが。
 選手は対応すべきだと思います。

 まあ、それはともかく、
 シードダウンが続く。
 女子シングルスでは3セットマッチですからいつもと同じですが、
 男子シングルスは5セットマッチなので、実力と思いたいですね。
 条件は相手も同じ。
 5セットあれば、チャンスは20回は来る。
 

 女子では
 NO1,S.ウィリアムス  打ち負けて、表情にイラツキが。
  まだまだ メンタル.タフネスのトレーニングが必要 と思います。
  
 NO2,LiNa  コメントはさばさば、立派でした。

 男子では
  NO3,S.バブリンカ
  NO9,錦織圭が敗れ去った
  No11,G.デミトロフ

 試合ですから、言い訳無し です。
Rgnadalslide

ロランギャロス コートサーフェイス
 コートサーフェイスが違う。
 ロランギャロスはクレーコートでも異質と書いた。

 まずグランドスラムのコートサーフェイスを整理しよう。
 全豪       ハードコート               遅め
 ロランギャロス クレーコートと言うかアンツーカー  超遅め
 ウィンブルドン ローン                   弾まず、滑る
 全米       ハードコート               一番早い

  グランドスラムのコートサーフェイス
 しかも今年、コートを改修したらしい。それが異変御の原因かも。
Rgcourtmend


  
 さらにロランギャロスの中でも、
 違うと、
 トッププレーヤーから
 意見が上がっている。
 ナダルは、
 スザンヌランラン、
 は奇妙な感じ。とはっきり。

 J.イズナーは、ボールが軽く感じる。
 僕らサービスが武器の選手には損だと。

 ナダルは語る
  
 フィリップシャトリエの方が良い。
 スザンヌランランは打ちにくい。

 以前、マドリッドオープンのコートがブルークレーになり、
 R.ナダルは、ブルークレーではやりたくない、滑って危険と。
 

 この時にR.フェデラーはコート、問題ないよと。
 ブルークレーの特質を活かして優勝
 

 しかし、ナダルの一言、それでたったの1年で改修された経緯がある。

 皆さんはどう思いますか?
 僕は、コートは、会場側が用意するもので、選手はそれに合わせる必要があると。
 シューズメーカーは対応すればよいし、

 クレーコートとシューズ  
 いろいろな環境のコートサーフェイスがあって良いと思う。

 日本のオムニコートは、世界基準ではないかもしれないが、
 オムニコートとテニス。 
 雨でも出来るし、コート確保が難しい一般プレーヤーには向いてる。

 世界基準が必要な選手には、ナショナルセンターで、各種グランドスラム対応のコートを用意すべきだ。
 コートは選手の戦場なのだから。

 ところで皆さん、正しいコートのサイズ、比率ご存知ですか?
 コート図描いてみてください。
 コーチでも、正しいコート図描ける人は5%もいないでしょうね。

 コート図の心理学、いろいろ分かります。面白いですよ。
  
 ボールの距離感、
 角度、
 全く違ってきますから。
 ダブルフォールトの多い方は特にチェックしていください。

 ロランギャロ便利情報 
 
 ロランギャロ 公式サイト

 ATP

 WTA 

 テニス365

 テニス部活応援キット

Allstaffscorebird


ソフトテニスシステム手帳 
コート図練習メモ、スコア全てが入っている。

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

M.ラオニッチのハイライト動画

J.イズナーのハイライト動画


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« クルム伊達 シード相手に頑張った フルセット ロランギャロ2014 | トップページ | クルム伊達 ダブルスでシード撃破 ペアリングの良さ »

クレーコート」カテゴリの記事

コート」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

全仏」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/59723057

この記事へのトラックバック一覧です: 異変続くロランギャロス2014 コートの問題か?:

» クレーシーズン開幕 モンテカルロ2016 ジョコビッチを軸に、マレー、ナダル、バブリンカか [ショップブログ Sports&Art]
モンテカルロオープンが始まった  テニス、シーズンは、グランドスラムを中心に動く。  ハードコートのオーストラリアンオープンから始まり。   クレーコートのロランギャロ、  そして芝のウィンブルドン、  ハードコートのUSオープンに戻り、  ATPファイナルが締めくくり。  テニスの転戦は、世界各国を回り、過酷なレースとなる。  テニス、グランドスラムとコートサーフェイスの違い。    ATPのポイントシステム。  最近のランキング推移、若手の台頭。     ... [続きを読む]

受信: 2016年4月12日 (火) 06時08分

« クルム伊達 シード相手に頑張った フルセット ロランギャロ2014 | トップページ | クルム伊達 ダブルスでシード撃破 ペアリングの良さ »