« 錦織 フェレール破り ナダルとの決勝へ 3時間の激闘 | トップページ | 錦織 ナダルをねじ伏せるかに思われたが リタイア »

2014年5月11日 (日)

錦織 ナダル戦の前に マドリッド2014 Final

ナダルの本拠地、マドリッド 錦織圭 ナダルに挑戦
 クレーキングに挑戦。
 満身創痍。

 しかもこれまで6連敗中。そろそろ歯止めに期待したいが。
Keinadalatp


 錦織圭の強みはリターン力、フットワーク、予測力
 

 実はこれR.ナダルも同じタイプ

 R.ナダルがクレーコートキングの理由

Keinadalnews

 
 全ての実績で、R.ナダルが少し上だが、
 今年に限って言えば、リターン力で、錦織圭が上回っている。
 ことしのATP 試合データ  

 男子シングルスでは1stサ-ビスのポイント獲得率が重要だが
 R.ナダル、錦織圭 27位 二人とも 72%
 1位はI.カルロビッチ、2位がM.ラオニッチで82%。
 サービス力が大きいが。

 対1stサ-ビスのリターンポイント獲得率
  錦織圭2位 35%  R.ナダル5位 34%

 対2ndサービスのポイント獲得率
 錦織圭1位 57%    R.ナダル3位 56%

Keirevs2ndser


 リターンゲーム獲得率
 錦織圭2位 36%  R.ナダル4位 33%

 しかし要注意は、ブレークポイントコンバージョン
 R.ナダル1位で47%  錦織圭 8位で45%

 リターンミスを減らす

 中級者からの脱出

 錦織圭が勝つには、序盤でのブレーク、難しいだろうけれど。
 ネットプレーがカギになるだろう。
 ラリーが長引けば、それだけR.ナダルが有利となる。
 短期決戦で挑もう!
 
 
 競った時のナダルは半端なく強い


 錦織圭 R.ナダル準決勝、勝利のハイライト動画

 シングルス上達のドリル一杯 ボール出しマニュアル
 シングルス、ジュニア、試合形式練習、もちろんダブルス、内容豊富
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
Bmgradingmix

ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


 R.ナダル 公式サイト 
 錦織圭 公式サイト 

 マドリッドオープン公式サイト  
 ロランギャロ便利情報 
 
 ロランギャロ 公式サイト

 ATP

 WTA 

 テニス365

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 錦織 フェレール破り ナダルとの決勝へ 3時間の激闘 | トップページ | 錦織 ナダルをねじ伏せるかに思われたが リタイア »

テニス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

予測」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

朝練さん、今朝はつらいでしょう。かなりの寒さですね。
あの試合、誰もが、ナダルに勝つのではと思ったのではないでしょうか。あそこから強くなりました。

投稿: 月さん | 2014年12月12日 (金) 10時19分

思い起こせば、このあたりから、錦織選手、強くなったんですね。ナダルをあそこまで追いつめた。

投稿: 朝練 | 2014年12月12日 (金) 06時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 ナダル戦の前に マドリッド2014 Final:

» 錦織 フェレールを振り切る 大激闘 [ショップブログ]
錦織圭 準々決勝 フェレールを撃破  クレーコートの鉄人D.フェレールと3時間のタフマッチ。  最後は振り切った。  マッチポイントを10回しのがれた。  しぶとい。  祝! 錦織圭トップ10入り   錦織圭の苦難の道のりを、試合で紹介している。   ぜひご覧ください。    試合のスタッツでは、試合を始終押しているのはD.フェレール。  要所を締めた、錦織圭の縮図だ。  3時間の試合は、  心の戦いでもある。  ATPのニュースのトップを飾っている。... [続きを読む]

受信: 2014年5月11日 (日) 22時34分

« 錦織 フェレール破り ナダルとの決勝へ 3時間の激闘 | トップページ | 錦織 ナダルをねじ伏せるかに思われたが リタイア »