« ロランギャロ トップシードと選手 錦織圭は | トップページ | フェデラー ロランギャロへの想い 華麗なるテクニック »

2014年5月25日 (日)

トッププレーヤーとレディポジション 基本はここから

ジョコビッチに学ぶ レディポジションの考察

虎視眈々と、ナダルの牙城を崩しにかかる
  N.ジョコビッチ、グランドスラムの優勝は多いが、
 ロランギャロではファイナル進出が1度だけ。それだけモチベーションが高い。
 去年は生涯グランドスラムがかかっていたが、Semi-Finalで
 R.ナダルに敗れた。
 2012ファイナルに進出。この時の相手ももちろんR.ナダル

 しかし本人は言う。
 ここ2年のロランギャロでは手ごたえを感じている。
 特に去年は、R.ナダルとの試合、多くをつかんだ。
 その差はないと考えている。
 直前のローマでは、R.ナダルを下した
 それも自信になっている。

 一般プレーヤーの方は、ショットのインパクト、
 フォロースルーなどのフォームに関心が高いが、
 僕はレディポジションを考察するのが好き。

 上手なプレーヤーはレディポジションに落ち着きがある。
 最短距離、時間で相手のボールに反応するための準備、構え、
 それがレディポジションだ。

 レディポジションと切っても切れないのがスプリットステップ。

 スプリットステップの重要性 

 トッププレーヤーのSaysplitcycle

 ロランギャロでの
 練習。
 スプリットステップで
 タイミングをとっている。 
 レディポジション
 ↓
 スプリットステップ、
 ↓
 打点に入ることになる。


  トッププレーヤーのレディポジション、
 ストロークの構えと、リターンの構え。
 同じ準備段階だが大きく異なってる。

 選手の打ち方には個性がある。
 フォロースルーを見ると個性的だが、
 レディポジション、インパクト、では合理的な打ち方となる。

 まずほとんどの選手がレディポジションでラケットをくるくる回している。
 グリップのリラックスを確認するのによい。
 皆さんも真似して欲しい。ラケット落とさないでね・

 レディポジションで、一般プレーヤーの方は、がちがちに力が入ってしまう方が多い。
 リラックスですよ。
 リラックスしたレディポジション、R.フェデラーを参考にしよう。

 ここから攻撃的なストロークが始まる。

 レディポジションはRprfre

 次の攻撃ショット
 のための、
 静かな状態。
 静から動へ、
 レディポジションから
 運動連鎖に
 入っていく。
 動きのスムーズさを
 作る。
 それがレディポジションだ。

 テニスと個性

 スポーツ経験でも大きく異なる。

 そんな個性的なトッププレーヤーでも、レディポジションの基本は大体同じになる。

 ベースラインのどこに構えるかは、大きく異なりますが。
レディポジションと、それをどこで構えるかのゾーンは、次に紹介します。


N.ジョコビッチのレディポジション
Rpnolere


 同じレディポジションでも1stサ-ビスのリターンは、
 相手のコースが読めないので、フォアバック両方に動きやすい、
 中間的なグリップとなる。

 ここから相手のサービスのコースを読み、
 スプリットステップ
 フォアバックに応じて、上体を捻り、準備
 グリップチェンジも同時に行う。

 グリップを替えるから、ショットが変わる
 

 この時に例えフォアでも、しっかり左手でグリップチェンジを
 行っている点に注目したい。

 一般プレーヤーの方は、片手で安易にグリップチェンジしているが、
 これでは正確な、グリップチェンジが行えないのだ。

 レディポジションでも変化がある。
 1stサ-ビスのレディポジション 臨戦態勢。
 2ndサービスのレディポジション フォアの回り込み叩く姿勢が多い。

 リターンのレディポジション  
Rpnadalre

 ストロークのラリー中のレディポジション。
 余裕があればフォア狙い。
 余裕がない時は基本のレディポジションに

 ボレーのレディポジション、ラケットを立てて、高い姿勢になる。
 ボールはネットを越えて来るし、ストロークよりも展開が早くなるから、
 グリップチェンジの時間はない
 しかも正しいボレーのグリップなので、ラケットは立つ。

 ブライアン.ブラザーズのネットプレー、構えがしっかりしているでしょう。

Rpnetbryan


 ブライアン.ブラザーズ なでしこジャパンとの関係は?
 なでしこジャパン、アジアカップで、優勝。
 ワールドカップ出場も決めました。


 
N.ジョコビッチの練習風景

 レディポジションの考察するのに役立ち動画。
 ハイライト動画 N.ジョコビッチはR.ステパネックと練習

トッププレーヤーとの比較
リターンの時のグリップ フォアバック、両方に備えている。
 N.ジョコビッチはリターンを安定的に返そうという姿勢。
 正面を疲れた時、ボディショットへの対応が楽。


 これが錦織圭は典型的なフォア構え
 R.ナダルもそう。
 リターンから攻撃準備の姿勢を示している。

Rpkeire

 攻撃有利だが、ボディショットには弱くなる。
 ボディショットにはフォアに回り込む姿勢だ。

クルム伊達は
 比較的薄いグリップで、前で叩いて、チャンスがあれば、前に出ようという構えだ。
 ライジング対応の構えだ
 斜めの構えはトッププレーヤーの中では少ない。
 これは一般プレーヤーは真似をしない方が良い。
Rpkrumm

 B6作戦ボード 硬式テニス 
Tennisb6bothallstaff

 B6作戦ボード ソフトテニス用  


 テニス作戦ボード セミオーダー

ロランギャロが良く分かるリンク集
 ロランギャロ便利情報 
 
 ロランギャロ 公式サイト

 ATP

 WTA 

 テニス365
  情報がビジュアル。当たり前か。
 wowowオンデマン 

 R.ナダル  情報が新しい。
 
 N.ジョコビッチ  
 チャリティ活動が凄い。母国の水害援助。
 R.フェデラー 
 写真がきれい。
 錦織圭公式サイト  
 更新がめちゃ遅いけれど、少しずつ本音も。
 クルム伊達公式サイト
 更新が早い。ライジング。ダブルス情報、心情が良く伝わる。
 他の選手もこれだけ書いてくれたら、参考になるのに。


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ロランギャロ トップシードと選手 錦織圭は | トップページ | フェデラー ロランギャロへの想い 華麗なるテクニック »

テニス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トッププレーヤーとレディポジション 基本はここから:

» 全仏2014 男子シングルス トップシードとプレーヤー [ショップブログ]
男子シングルスのシード  錦織圭選手、練習を見ている限り、大丈夫そう・  本人も、  100%ではないけれど、心配はない。 錦織圭のコーチ、M.チャン  影響力大きい。 M.チャンへのインタビュー。     クレーコートでは忍耐力が必要。  ハードコート、芝では決まっていたショットが、返される。  5本、6本とラリーをして、展開を作る必要がある。  どの山も厳しいけれど。 第1シード ナダルの山  ナダルも2回戦でD... [続きを読む]

受信: 2014年5月26日 (月) 05時20分

« ロランギャロ トップシードと選手 錦織圭は | トップページ | フェデラー ロランギャロへの想い 華麗なるテクニック »