« トッププレーヤーとレディポジション 基本はここから | トップページ | 錦織 完敗 試練の時 ロランギャロ2014初戦 »

2014年5月26日 (月)

フェデラー ロランギャロへの想い 華麗なるテクニック

フェデラー 華麗なるテクニック
ロランギャロ2014
 ロランギャロのR.フェデラー、躍動している。
 初戦を軽く勝ち上がった。
Rf1score


 さあ、R.フェデラーはどこに打つでしょうか?
Rfdropshot1

 ロランギャロに思いを寄せる選手は多いが、R.フェデラーはまた別な思いを持っている選手。

 グランドスラムでたくさん優勝しているが、ロランギャロでは2009年の1回だけ。
 ファイナルには4回出ている。
 2006-2008 3回続けてファイナルに進出、敗れた相手はR.ナダルだ。

 クレーコートは、得意ではない方。
 クレーコート、特にレッドクレーではスピードが落ち、弾んでしまう ために、
  
 フェデラーのスピード特性が落ちてしまうからだ。
 その分 R.ナダルが有利になる。
 

 世界ランクNO1の時代(2004-2008)、R.ナダルの急追を受けて、
 ロランギャロでストローク戦、受けて立った。

 R.ナダルに打ち抜かれた。
 R.フェデラー、R.ナダルとのライバル関係。 
 
 この時のR.フェデラー、バックハンドのトップスピンはそれほどの得意ではなかったが、
 それを助ける、バックハンドの7色のスライスがあった。

 R.フェデラー7色のバックハンドスライス

 しかし、R.ナダルに打ち勝つべく、トップスピンの練習をした。

 R.フェデラーとトップスピンの科学  合理的な打ち方はブランコ?
  

 結果はナダルの敗れ、その後、
 クレーコートはロランギャロをメインに戦うと、クレーコートを主力におかないことを明言。

 ここ数年は、クレーコートはロランギャロをメインに戦っている感じがあった。
 しかし去年くらいから、
 モチベーション復活。

 クレーコートでより戦略的になってきている。

 クレーコートでは、無理な打ち合いは避けて、展開を作る。

 コーチ、S.エドバーグを迎えて、サーブ&ボレーもかなり復活 させている。
 フェデラーの華麗なる、サーブ&ボレー

 要所でRfsvosmooth

 サーブ&ボレーを
 見せるから、
 相手の
 リターンには
 プレッシャーがかかる。

 普通の
 サービスなら
 とりあえず
 リターンは返して、
 次にと思うが、
 サーブ&ボレーでは
 沈めるか
 パッシングショットかの
 決断を迫られる。
 その分リターンミスが増える。

 さらに、攻撃力を増している、
 フォアハンド、
 フォアの回り込み逆クロス。
 R.フェデラーの攻撃の要。
 1:キレのあるサービス 
  
 2:超強力フォアハンド
  

 3:ベースラインから下がらない
  ゾーンを下げない

 ストロークで相手を下げて、オープンコートを作り、
 強打の構えで、相手の動きを止めて、ドロップショット。

Rfdropshot2

 R.フェデラーのタッチの良さ  

 それができるのもダウンザラインを打つ、構えを示しているからだ。

 今年のロランギャロ、R.フェデラーは燃える。
 2組目の双子の子供、男の子たちにも良いプレゼントだ。
  

 R.フェデラーのロビンフットも見れますよ。

 トップスピン、スライスをマスターしよう。
トップスピンマスター 
スライスマスターカード

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

Bm

 習う側の目的に合わせて、ドリルをたくさん用意してあります。
 ジュニア、選手、ダブルス、主婦の試合形式練習。ありますよ。


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

ナダルとフェデラーの死闘 動画 2008年

 ナダルがV.アザレンカ、R.フェデラーがM.シャラポワと組んでのチャリティダブルス
 

ロランギャロが良く分かるリンク集
 ロランギャロ便利情報 
 
 ロランギャロ 公式サイト

 ATP

 WTA 

 テニス365
  情報がビジュアル。当たり前か。
 wowowオンデマン 

 R.ナダル  情報が新しい。
 
 N.ジョコビッチ  
 チャリティ活動が凄い。母国の水害援助。
 R.フェデラー 
 写真がきれい。
 錦織圭公式サイト  
 更新がめちゃ遅いけれど、少しずつ本音も。
 クルム伊達公式サイト
 更新が早い。ライジング。ダブルス情報、心情が良く伝わる。
 他の選手もこれだけ書いてくれたら、参考になるのに。


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« トッププレーヤーとレディポジション 基本はここから | トップページ | 錦織 完敗 試練の時 ロランギャロ2014初戦 »

テニス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

フェデラー」カテゴリの記事

全仏」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェデラー ロランギャロへの想い 華麗なるテクニック:

» 選手に学ぶ テニスの基本 レディポジション [ショップブログ]
ジョコビッチに学ぶ レディポジションの考察 虎視眈々と、ナダルの牙城を崩しにかかる   N.ジョコビッチ、グランドスラムの優勝は多いが、  ロランギャロではファイナル進出が1度だけ。それだけモチベーションが高い。  去年は生涯グランドスラムがかかっていたが、Semi-Finalで  R.ナダルに敗れた。  2012ファイナルに進出。この時の相手ももちろんR.ナダル。  しかし本人は言う。  ここ2年のロランギャロでは手ごたえを感じている。  特に去年は、R.ナダルとの試合、... [続きを読む]

受信: 2014年5月26日 (月) 14時31分

« トッププレーヤーとレディポジション 基本はここから | トップページ | 錦織 完敗 試練の時 ロランギャロ2014初戦 »