« ナダル 難敵を片付ける 相手への順応性 ウィンブルドン2014 | トップページ | クルム伊達 ウィンブルドンが終わる ダブルス2回戦止まり »

2014年6月30日 (月)

錦織 死闘を制する 攻めの姿勢 ウィンブルドン2014

錦織 攻め切った シードの意地
 3日かかったの勝利。
 フルセットの大死闘。

 錦織圭、S.ボレリ 死闘の途中経過 

Keisbscore


 

 3日目、3-3錦織圭のサービスゲーム。
 15-40  何か嫌なムード。
 しかし粘ってデュース。キープ。
 これができたのはサービス力の自信。
 錦織圭の強くなったところだ。

 錦織圭はスロースターターだから。
  

 勝負を分けたのは、心。
 攻める心。

メンタル.タフネス向上

 3日目のファイナルセットは3-3からお互いにキープして、
 S.ボレリのサービスゲーム
 4-5。

 S.ボレリは4セットでたったの1ダウン。
 サービスも調子が良い。
 このままタイブレークに突入かと思われたが。と書きましたが
 ご指摘有り難うございます。(ファイナルセットはタイブレークなしでした)

 1stサ-ビスが入らない。
 錦織圭が15-30とする。
 プレッシャーがかかる場面だ。
 錦織圭も2ndサービスをチャンスと叩くが、ダウンザラインがサイドアウト。
 40-30と戻される。
 ますますタイブレークの雰囲気だ。
 しかしここでS.ボレリが痛恨のダブルフォールト。

 サービスにプレッシャーがかかる理由
 

 理由は簡単だ。
 錦織圭が2ndサービスを攻めて叩いていたので、
 甘いサービスは打たれると、力が入ってしまったのだ。
 これは勝負が転がり込んできた。
 デュース、

 錦織圭、2ndサービスは叩く!
 

 そして勝利。
 5セットでも、S.ボレリの方がチャンスがあった。
 錦織圭はたった1回のチャンスをゲットした。
 勝負強さもゲットした。

 勝利の法則シングルス

 このセットもネットプレーでポイントをとっていたS.ボレリだが、
 マッチゲーム、全くネットに出なった。
 出れなかったのだろう。
 それが経験の差だ。
試合のスタッツ
Keisbstatsall


5セットのスタッツ

Keisbstats5set


Sayriskyattack


 教訓
 一般プレーヤーは安全策
 トッププレーヤーはリスクを負って攻める

 勝負をかける時はハイリスク、ハイリターン
 

 錦織圭の満面の笑みが印象的。
 苦労した試合だった。

Keinews3rwon


 次はM.ラオニッチ。
 ウィンブルドンでサービスはより強力になっている。
 リターン力を、いつも通りに戻したい。

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 今なら(ウィンブルドン会期中にお申し込みの方)ダブルスフォーメーションBook 24Pプレゼント

Lcdbmindsayingretbasic


 テニスの部活活性化をフォロー します
  
  作戦ボード
  システム手帳、
  ボール出しマニュアルの3点セット
  即レッスンに使えます。
  メールによるサポートもいたします。

 テニス部活応援キット

 ウィンブルドン2014 情報リンク集
  公式サイト、テレビ、選手、知りたい情報は全てここにあります。

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ナダル 難敵を片付ける 相手への順応性 ウィンブルドン2014 | トップページ | クルム伊達 ウィンブルドンが終わる ダブルス2回戦止まり »

テニス」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

ウィンブルドン」カテゴリの記事

全英」カテゴリの記事

リターン」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。コメント有り難うございます。
5セット目はタイブレーク無しですね。

投稿: 月さん | 2014年7月 1日 (火) 07時01分

5セット目はタイブレークないんじゃ?

投稿: | 2014年7月 1日 (火) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 死闘を制する 攻めの姿勢 ウィンブルドン2014:

» ナダル またも逆転勝ち 全英2014 [ショップブログ]
ナダル 難敵が続々 順応の素晴らしさ  今年のナダルのウィンブルドン、  ナダルはランキングNO1.  しかし今大会第2シード。  ウィンブルドンでは芝の成績も考慮されるからだ。  今大会、ナダルのは、意地悪を大会本部がしているのではないかと思うくらい、  厳しい相手が続く。  3回戦まで第1セットをすべて落としている。  まあナダルの場合は、第1セットからエンジン全開は少ないが。  2013 初戦で敗れている    初戦は、ロランギャロスで錦織圭を葬り去ったクリザン... [続きを読む]

受信: 2014年7月 1日 (火) 12時41分

« ナダル 難敵を片付ける 相手への順応性 ウィンブルドン2014 | トップページ | クルム伊達 ウィンブルドンが終わる ダブルス2回戦止まり »