« クルム伊達 ダブルスで初戦突破 シングルスの雪辱 ウィンブルドン2014 | トップページ | 青山修子組 今年もシード破り ウィンブルドン2014 »

2014年6月27日 (金)

錦織 速攻のKei 芝との相性抜群

錦織超特急  クイック 勝負
 ウィンブルドンでの錦織圭、
 今年、大きく変わった。
Keibsnissin


 勝負が早い、1ゲーム3分。
 さすが 日清がスポンサー。

 ロランギャロスで初戦負け したのが結果的には良かった。
 芝への対応時間がしっかりとれた。
  
 災い転じて福となす。

  敗因をしっかり整理する時間があった
  

 サッカーの日本代表も、立ち直って、次の4年に向けて出発して欲しい。
 ワールドカップ サッカー情報 全てが分かる。

Keiwimsaying


 速い、
 早い、
 ミスしない、

 具体的には、
 1:サービスのキレが良い
 決して速い訳ではない。
 相手の逆を取れる。  R.フェデラー的なサービス。

 この試合は2ndサービスが70%台のポイント獲得率。
 この意味ではR.ナダルのサービス感覚がある。
 

 2:攻撃の仕掛けが早い
  3球目攻撃
 サーブ&ボレーも見せていた。
 今年のウィンブルドン、サーブ&ボレーが多くなる。
Wimkeidash


 ドロップショット、天才的なタッチですね。
 相手は全く動かなかった。
 試合とドロップショット。トッププレーヤーは多用。
  

 3:低い弾道で、ウィンブルドンの芝に合っている。

 これに錦織の元からの天才的なリターン嗅覚 があるので、
 守備は安定性抜群。

 前哨戦、ダブルスでネットプレーを磨く
  
 錦織圭のウィンブルドン

 つまりウィンブルドンにぴったりカンカンあっているのだ。
 フットワークも良い。  
  コートとシューズ  

 地元のメディアも、以前の錦織圭は、ターフ(芝)でそれほど強さを発揮する選手ではなかった。
 メインコートに勝ちあがってくるのではないかと。

 、芝の対応の良さは、この錦織圭のコメントからも分かる。

 “Especially after clay court season I gain more confidence.
 My tennis is changing, more consistent, and everything is going well.
 Even on grass, my serve is getting better,” Nishikori said.

 “Also, I can be more aggressive from the groundstrokes.
 I try to come in more on grass especially.
  Yeah, feel really comfortable to play on grass.”

 試合のスタッツ
Wimkeistats


 次の対戦相手は、フルセットで芝の巧者、P.コールシュライバーを下した、
 イタリアのS.ボレリ。  粘ってくる相手だ。


レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版

Bmdrillpolisy

レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版


錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« クルム伊達 ダブルスで初戦突破 シングルスの雪辱 ウィンブルドン2014 | トップページ | 青山修子組 今年もシード破り ウィンブルドン2014 »

テニス」カテゴリの記事

フィーリング」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

ウィンブルドン」カテゴリの記事

全英」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

日清で3分間。なるほどね。
納得。

投稿: まっちゃん | 2014年6月27日 (金) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 速攻のKei 芝との相性抜群:

« クルム伊達 ダブルスで初戦突破 シングルスの雪辱 ウィンブルドン2014 | トップページ | 青山修子組 今年もシード破り ウィンブルドン2014 »