« シャラポワ 勝負強くなった 強打のブシャールを返り討ち | トップページ | ジョコビッチ 剛腕グルビス カウンターで粉砕 ロランギャロス2014 »

2014年6月 6日 (金)

Nadal Murray 激突 ロランギャロス2014 Semi-Final

ナダル vs マレー 激突 全仏準決勝。
 ナダルはロランギャロスで64勝1敗と勝ちを伸ばしている。
 この二人、ベースは鉄壁の守備力。
 リターンミスが極端に少ない事。
 だからラリーの展開になる。

Rgnadalmurrayatp


 ナダルは、直前にクレーコートで敗れている、D.フェレールに雪辱
 調子を上げている。
 

 マレーは苦戦の連続を切り抜けきた
Rgsfnadalmurray


 

 ベースラインに入る作戦をナダルも採るだろう。
 ゾーンの戦いになることに間違いない。

 テニスのゾーンって何?


 システム5って?  

 A.マレーのトップスピン 

 R.ナダルのエッグボール 


 クレーコート、レッドクレーキング、戦い方を熟知 している。

リラックスして練習するナダル。
Rgnadalfsrelax


同じく、A.マレーもリラックスしている。
 今更焦っても仕方がない。
 A.マレーには疲労を回復させることも重要だ。
Rgmurrayfsreach

  興味深いのは、R.ナダルがネットプレーを使うのではと思うこと。
 今回の試合で、積極的に仕掛けていた、
 盤石のアプローチショットで余裕のネットプレー。
 スマッシュミスは本当に少ない選手。

 ドロップショットが攻防を分けるだろう
 ロランギャロス、今年はドロップショットが随所に、効果的に使われている。

対戦成績は R.ナダルの14勝5敗
 二人が対戦したのは、実はここ最近なくて、去年のローマオープンSemi-Final。
 1-6 6-3 7-5で得意の逆転勝ち。試合のスタッツ

 2011 東京 楽天オープン A.マレーが勝っている。
 粘りを発揮。ナダル以上に粘った。
 この時に得たものは大きいとA.マレー
 

 ここ3年ではA.マレーが追いついてきている。

 A.マレーはあの時の反省点から、修正点を整理してある。
 戦い方はクリアだよと。

 今回のロランギャロスでは
 R.ナダルはサービス力が安定性。
 1stサ-ビス、2ndサービスとポイント獲得率が高い。
 もちろんアンフォーストエラーは少ない。

 二人ともブレークポイントコンバージョンが多い。
 デュースゲームの攻防が面白い。
Rgnadalmurraybpc

 サービスブレークをするということだ。
 キープに苦労するだろう。

 1stサ-ビスの攻略では、A.マレー
 2ndサービスの攻略はR.ナダルが強い。

 A.マレーの戦い方は、以前と変わって、ウィナーを増やしている。

 僕が楽しみにしているのは、フットワーク。
 予測して動くナダル。
 この予測が、的中する。

 そして逆を突かれた時の反転が早い。
 特に、ドロップショットの反応速度は世界一だろう。

 A.マレーのフットワークは、大きなストライドで、最後までよく追いつく。
 そして追いついたボールの切り替えしが凄い。
 手首が強いのだろう。

 今年のロランギャロス、A.マレー、フルセットが多い
  
  P.コールシュライバー、G.モンフィルズ戦

 R.ナダル、強い

 作戦ボード 2画面マグネット 便利ですよ。
 A4 2画面マグネット、広げるとA3の大きさ。
 豊富なカラーバリエーション、きれいです。
 マグネットのこだわり、ちゃんとDUNLOPなんですよ。

テニス作戦ボード進化2画面 活用法
Wb2callstaffs

 このタイプは全てのオプションをつけたものです。
 

  テニス作戦ボード進化2画面  
 小型のB5,大型のB4,A3サイズのあります。部活で活用されています。

ロランギャロが良く分かるリンク集
 ロランギャロ便利情報 
 
 ロランギャロ 公式サイト

 ATP

 WTA 

 テニス365
  情報がビジュアル。当たり前か。
 wowowオンデマンド 

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法
 

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« シャラポワ 勝負強くなった 強打のブシャールを返り討ち | トップページ | ジョコビッチ 剛腕グルビス カウンターで粉砕 ロランギャロス2014 »

テニス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

全仏」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

マレー」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

梅雨の時期、テニスが出来ないことも多いですね。
その時間をイメージトレーニングに使いましょう。

投稿: 月さん | 2014年6月11日 (水) 06時35分

今日は雨が降らず、何とかテニス出来ました。
感謝です。
いよいよファイナルですね。
ナダルですかね?

投稿: 初夏の雨 | 2014年6月 8日 (日) 18時49分

おはようございます。ナダル、ジョコビッチ強いですね。
この二人の決勝は必見ですよ。
テニスの全てが見れる。

投稿: 月さん | 2014年6月 7日 (土) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nadal Murray 激突 ロランギャロス2014 Semi-Final:

» マレー 持ち前の粘り復活 モンフィルズを破る [ショップブログ]
マレー  粘り発揮 トップスピンの打ち方  雨で中断が続く。  まあ、雨はロランギャロスの代名詞でもある。  集中力が試されるところだ。  フランス人の最後の砦、G.モンフィルズ  大声援が後押しをする。  A.マレー G.モンフィルズ 5セットの死闘。  粘りのテニスをする、A.マレーが本領発揮。   F.ベルダスコを破る   良く分かるトップスピンの打ち方  しっかり  軸足を決めて  トップスピンを  打っている。  フォアの軸足、 ... [続きを読む]

受信: 2014年6月 7日 (土) 05時13分

« シャラポワ 勝負強くなった 強打のブシャールを返り討ち | トップページ | ジョコビッチ 剛腕グルビス カウンターで粉砕 ロランギャロス2014 »