« テニスのエルニーニョ レッドクレー2014 | トップページ | フェデラー 敗れる 打ち合いで ガルビス ロランギャロス2014 »

2014年6月 1日 (日)

ドロップショット 打ち方 タッチ スライス感覚

ドロップショットの使い勝手。
 今回はN.ジョコビッチのドロップショット7変化を紹介する。
 女子ではシードダウンが相次ぐ中


 男子はR.ナダル、N.ジョコビッチ、R.フェデラー、D.フェレールと
 抜群の安定性を示している。

Nolecilicscore


 攻撃的で特にフォアに回り込むが強烈。
 するとさらに活きるショットがある。
 それがドロップショット。

 ドロップショットと言うと、何か特別な技で、練習が大変と思う方多い。
 でもドロップショットのSaydropnole

 ベーシックは
 フィーリングを活用
 スライスのタッチ
 相手のボールの勢い
 を逆利用する

 そして、オープンコートを作る意識があれば簡単に打てます。

 テニスはフィーリングのスポーツ 

 テニスはタッチのスポーツ 

   そこに必要なのはリラックス

Noledrop1bs


  

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]


 タッチ、フィーリングを良くする練習法、ありますよ。
 ミニテニスなんです。たかがミニテニス、されどミニテニス。
 
 ミニテニスの練習バリエーション 

 トッププレーヤーはNoledrop2base

 絶妙にうまい。
 相手をベースラインの
 後ろに下げて、
 ハードヒットを
 予測させる。

 N.ジョコビッチ M.シリッチ戦、 から。
 N.ジョコビッチは、相手も調子が良かった。
 試合はどちらに転んでもおかしくない状態。
 でも精神的に落ち着いてプレーすることができた。

M.シリッチ、ビッグサーバー
 以前から強かったが安定性がなかった。
 しかしここ最近は良いプレーが続く。

 コーチにあのウィンブルドンの英雄、G.イワニセビッチがついたのだ。
 コーチ、トッププレーヤーと言えども心の支えが大きい。
 トッププレーヤーと名コーチ

 G.イワニセビッチって,ウィンブルドンをサービスエースで奪い取った男。
 

 ドロップショットは精神的に余裕がないと、決まらないショット。
 
 トッププレーヤーは別だが、一般プレーヤーは、
 勝っている時、リードしている時に使うこと。
 負けている時の一発逆転御ドロップショットは決まらない。
 腕が縮んで。ミスの要因となる。

 M.シリッチも負けてはいない。
 N.ジョコビッチを翻弄したドロップショット。
 超逆スピン,サイドスピン。
Cilicdropshotsharp

 ドロップショットの打ち方。フェデラーが教える。
 

 そしてスウィングはハードヒットの構えから、
 グリップを軽く変えて、ドロップショット。

 N.ジョコビッチは絶妙。

本日の御教訓 ドロップショットの使い勝手
 オープンコートの超有効利用
 1:相手を外に追い出す
 2:次もハードヒットの構え
 3:グリップを替え、スライスで落とす

 シングルス 勝利の法則 得意技を持つ

 勝利の法則シングルス
 勝利の法則ダブルス

4日目のホットショット 動画  R.ステパネック J.W.ツォンガ N.ジョコビッチ


N.ジョコビッチ M.シリッチ ハイライト動画

ロランギャロが良く分かるリンク集
 ロランギャロ便利情報 
 
 ロランギャロ 公式サイト

 ATP

 WTA 

 テニス365
  情報がビジュアル。当たり前か。
 wowowオンデマンド 
 

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« テニスのエルニーニョ レッドクレー2014 | トップページ | フェデラー 敗れる 打ち合いで ガルビス ロランギャロス2014 »

テニス」カテゴリの記事

フィーリング」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

全仏」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

スライス」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

ドロップショット」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

今日は雨ですね。イメージトレーニングの日にします。
ドロップショットの打ち方を特集して頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

投稿: タッチャー | 2016年5月17日 (火) 10時36分

そうなんです。今年のロランギャロス、ドロップショット多いですね。
そこからの展開が多いです。
面白いですね。

投稿: 月さん | 2014年6月 2日 (月) 06時44分

おはようございます。ドロップショット、凄く多いですね。
それは何となく感じていました。

投稿: まっちゃん | 2014年6月 1日 (日) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドロップショット 打ち方 タッチ スライス感覚:

» 青山組 ダブルスで大健闘 全仏2014 [ショップブログ]
青山修子ペア、敗れるも大健闘  第2シードの実力派ペア  S.エラーニ、R.ビンチ、ペアに大接戦。  この二人のペア、女子ダブルス、一般プレーヤーの方のダブルスに参考になりますよ。  日本、女子ダブルスが頑張っている。  クルム伊達ペアはシード撃破。  青山修子も初戦突破。で波に乗りたいところ。  敗れた相手のS.エラーニ、R.ビンチ、ペア。世界NO2の実力者。  回転量を多くして、時間を稼ぐ。  ボールを弾ませて、相手を後ろに下げて、  ネットプレー... [続きを読む]

受信: 2014年6月 1日 (日) 06時14分

« テニスのエルニーニョ レッドクレー2014 | トップページ | フェデラー 敗れる 打ち合いで ガルビス ロランギャロス2014 »