« 勝利の法則 センターセオリー Part1 | トップページ | 勝利の法則 センターセオリー ダブルス編Part2-2 ネットは有利 »

2014年7月15日 (火)

テニス 勝利の法則 センターセオリー Part2 ダブルス編

ダブルスで使われるセンターセオリー
 センターセオリー、ご質問があったので、答えていますが。
重要な戦略なんで、5回に分けて説明しますね。
 シングルス、Winlaw2

 ダブルスの違い
 1:シングルス 
 2:ダブルス
 3:サービス
 4:サーブ&ボレー
 5:オプション

 と紹介していきます。
 
 シングルスのセンターセオリー は先回紹介しました。
ダブルスのセンターセオリーです

 テニス勝利の法則に重要なのが戦略と戦術です。
  

 基本はシングルスの方が分かりやすいですが、

 センターセオリーにはダブルスの勝利の法則の原点が一杯詰まっています。


まず皆さんお練習で良くあるダブルスのサービス、レシーブのポジションです。

 サービスが凄くワイドから打ちます。
 サービス側前衛はストレートケア。抜かれるのが嫌なんでしょうけれど。

 そしてリターン側、左サイドですがレシーバーは、バックが嫌だから、コートの外に出て構えています。
 自分でバックが苦手なことを示しています。

 リターン側の前衛、サイドケアで横に寄っています。
 これではポーチのセンター抜かれやすいでしょう。


 お互いにセンターにオープンコートが広く、広がっています。
 どうぞ攻めてくださと言わんばかりに。

Db


 そこで次の様にセンターを詰めてください。
 これからお互いにセンターのオープンコートが減りました。

 こうすると相手は、ワイド、アングルを狙います。
 難しいからサイドアウトしやすいのです。

Photo

 これが良い例ですからしっかり覚えてください。


 陣形の知識
速攻の男子ダブルス、ブライアン.ブラザーズ
 

 並行陣、前衛陣のセンターセオリーは攻守とも分かりやすいです。
 雁行陣は実は難しい。
 簡単なようで実は難しい。雁行陣

 ペアリング、女子ダブルス、ポーチの可能性
 

 展開の妙、
 実に使い勝手が良いですよ。
 センターセオリー、知っておくと便利です。
 自分は楽で、相手は大変ですから。

 昨日はセンターセオリーをより理解して頂くために、シングルスで説明しました。
 コートのセンターに、深く、打ち続けることです。

 相手のミス待ち作戦になりますが。まあ、テニスはウィナーよりも凡ミスがは以下にに多い世界ですから。
 ウィナーが凡ミスよりも多いのは、世界のトッププレーヤー数人だけです。
 一般プレーヤーのテニスはミス待ちでOK 
  

 ダブルスの好きな方、ワイドを狙う方が多いですねr。
 アレー狙い、決まったら格好いいです。
 でもサイドアウトのリスクもあります。

 中央を狙う事。相手ペアの中間を狙います。

 1:サイドアウトの危険性がないので、ミスが少ない
 2:中間は、ボールを譲るケースが多い
 3:センターはネットが低いので安定が高い
 4:相手のボールに角度がつきにくい

1:サイドアウトの棄権がないので、ミスが少ない
 真ん中めがけて、思い切り良く振り抜にましょう
 何回でも効果的ですよ

2:中間は、ボールを譲るケースが多い
 ワイドのウィナーをケアするケースが多い
 お互いにカバーしてるつもりのケースも多いんです。
 特に雁行陣でフォーメーションが前後に開いた時に、センターにオープンコートが広がります。
 相手二人のフォアバックを覚えておきましょう。
 どちらかと言うと、バック寄りの方が苦手なはずですから。
 相手ペアとしても、フォアに優先権と思いがちです。

 攻撃の優先権は、ネットに近いプレーヤーなんですよ。
 
 これもダブルス、勝利の法則です。
 ネットプレーの方が相手は気になります。
 ボレー、スマッシュ、ポーチを特にケアしていますから。
 
 ペアもお互いに、テリトリーがありますから、

 トッププレーヤーのダブルスとの違い
 トッププレーヤーはセンターを凄く詰めている。
 ネッテにベタ詰めも多い。
Bbfineccare


 それは彼らが、運動範囲が超広い事。
 特に後ろに対してのスマッシュが強い事。

 一般プレーヤーは基本通りに守りましょう。

Saydbctheory

 
本日の御教訓 センターセオリー ダブルス
 相手ペアのセンターを狙う
 1:リスクが少ない
 2:譲るケースが多い
 3:ネット中央が低い


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

 B6作戦ボード 硬式テニス 
Tennisb6bothallstaff

 B6作戦ボード ソフトテニス用  

 テニス作戦ボード セミオーダー

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 勝利の法則 センターセオリー Part1 | トップページ | 勝利の法則 センターセオリー ダブルス編Part2-2 ネットは有利 »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

イメージ」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

センターセオリー」カテゴリの記事

コメント

オーマイガッさん、コメント有り難うございます。
ダブルス、センターセオリーのオプション編、
行きますよ。楽しみに。

投稿: 月さん | 2014年8月 5日 (火) 05時45分

お暑うございます。
センターセオリーのオプション編、知りたいです。
ぜひよろしくお願いします。

投稿: オーマイッガ | 2014年8月 3日 (日) 12時41分

朝練さん、おはようございます。
コースの狙い、上手な人ほど、アレーを狙ってきますね。
ショートクロスは難しいですから。
でもセンターセオリーを組み合わせると、より効果的です。

投稿: 月さん | 2014年7月17日 (木) 06時24分

万年中級者さん、コメント有り難うございます。
センターセオリー、分かりやすいでしょう。目標を絞るのに最高ですよ。

投稿: 月さん | 2014年7月17日 (木) 06時22分

こんにちは。センターセオリー、シングルスから理解した方が分かりやすいと、納得です。

投稿: 生徒A | 2014年7月16日 (水) 15時22分

おはようございます。センターセオリー、忘れやすいですよね。ついついワイドを狙ってしまいます。

投稿: 朝練 | 2014年7月16日 (水) 08時09分

こんばんは。センターセオリー、シングルスがあるとは知りませんでした。
ダブルスの方がやっぱり、分かりやすいですね。
使ってみます。

投稿: 万年中級者 | 2014年7月15日 (火) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テニス 勝利の法則 センターセオリー Part2 ダブルス編:

» ダブルス 必勝のセンターセオリー おとり作戦 [ショップブログ]
ダブルス 必勝作戦 センターセオリー おとり作戦、V字作戦  学校関係では、合宿の時期ですね。  合宿のスムーズな運営に  ぜひお読みください。 合宿マニュアル  レッスンマニュアルを活用されているコーチが多いです。  有り難うございます。  テニスは楽しいですが、さらに楽しくして、レベルアップしましょう。  動画では女子ダブルスチャンピオンのS.エラーニ、R.ビンチ、ペアがM.ヒンギス、D.ハンチュコワ組と対戦しているシーンを紹介します。  センターセオリー どうですか? ... [続きを読む]

受信: 2014年7月21日 (月) 19時27分

» バドミントン 高・松ペアに学ぶPart2 ダブルスの奥義 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
バドミントン、金メダルの高・松ペア、土壇場からの大逆転。テニスのダブルスに学ぶ点が多いので、2回に分けて紹介している。それにしてもHNKの動画には今回のオリンピック、大感謝です。さあ、これでダブルス、強くなれるぞ。頑張ろう。ペアリング、センターセオリーですよ。... [続きを読む]

受信: 2016年8月22日 (月) 06時28分

« 勝利の法則 センターセオリー Part1 | トップページ | 勝利の法則 センターセオリー ダブルス編Part2-2 ネットは有利 »