« フェデラー フェレール テニス 攻撃vs守備 | トップページ | 伝説のダブルス ウッディーズの作戦 CCセオリー 動画 »

2014年8月19日 (火)

フェデラー テニスのルネサンス 速攻の魅力

フェデラーのブレインゲーム
シンシナティ、ファイナルで粘りのフェレールをフルセットで下した、
 フェデラーの真骨頂だ。
 テニスのルネサンスマンだとテニス批評家が話している。
 ネットプレーの復活と、
 展開の早さは、長い意味で有利だと語る。
 僕はサーブ&ボレーなので、昔からそう思っている。
Rfvotouch


 フェデラーがフェデラーであるためのタッチの良さ

ネットプレーの有効性
 相手へのプレッシャーを効率良くかけることができる。

 ストローク一辺倒に偏っている、今のテニス界に新しい風を送っている。
 ネットプレーの魅力を自身で発信している。
  余り走らず、
  ポイントを多く取る。

 runnningFlessmore_2

less,

winnning
 more


 サーブ&ボレーの勧め
 
  J.マッケンローは錦織圭とのエキジビションマッチで披露。

 特にダブルスではサーブ&ボレーは必須アイテム
 

ショートボールハンター
 良い言葉ですね、相手も短いボールを、しっかり刈り取っている。
 アプローチショットのポイント獲得率が高い。
 フェデラー自身は、アプローチショットでポイントを取るのではなく、
 次のボレーでと思っているが、
 ネットに出るフェデラーを見て、相手が勝手にミスを重ねる。
 ネットプレーの相手へのプレッシャーだ。
 アプローチショットを使おう
Fshortballhinter

サーブ&ボレーの魅力
 この試合、フェレールのリターンが良いので、
 フェデラーのサーブ&ボレーの確率は50%。
 
 しかしフェデラーが凄いのは第3セット
 サーブ&ボレーで3回続けてD.フェレールがポイント。
 しかし次も出る。

テニスはプレッシャーの掛け合い
 フェデラーにとっては、ベースラインよりもネットプレーの方がポイントを取る率が高いのだ。

 リターン、フォアの回り込みで相手へのプレッシャーをかける。
 そうここでもR.フェデラーはプレッシャーをかけている。

 ただフォアの回り込みは、ハイリスク、ハイリターンのショット。
 使い勝手に気をつけよう。
 テニスはプレッシャーのゲームなのだ。
 プレッシャーのコントロール勝負
 

 フェデラーの走った距離 1644m  2割少ない
 フェレールの走った距離 2018m 
 これがファイナルまで6試合続くのだから、疲労は少ない。
 USオープンで体力を温存できる。

 だからR.フェデラーは試合時間が短い
 ナダル、手首の怪我でUSオープン欠場みたいですよ。


一般プレーヤーの常識、大きな間違い。
Fortrue


 サーブ&ボレーはたくさん走って疲れる。
 ではないのだ。
 動きが直線的で、速さは必要だが、
 左右に振られる展開よりも、運動量は少ない。

 疲れる,そう考える方が多いが、次のポイントまで身体は休むことができる。
 回復もする。

R.フェデラーのブレインゲームを読みたい方は


 テニスの上達は作戦ボードから
Matchscore2cfullset


 2画面作戦ボード を使いこなそう。
 特にソフトテニスではアドバイスに便利。

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« フェデラー フェレール テニス 攻撃vs守備 | トップページ | 伝説のダブルス ウッディーズの作戦 CCセオリー 動画 »

サービス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

フェデラー」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。コメント有り難うございます。
R.フェデラー、得意のウィンブルドンで順調に勝ちを伸ばしています。

投稿: 月さん | 2017年7月15日 (土) 08時16分

フェデラーのテニスは小気味良いです。テンポ、リズム最高ですね。ルネサンスとは。

投稿: まっちゃん | 2014年8月20日 (水) 18時05分

なるほど、フェデラーは常に前ですね。

投稿: 万年中級者 | 2014年8月19日 (火) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/60174169

この記事へのトラックバック一覧です: フェデラー テニスのルネサンス 速攻の魅力:

» スーパーショットの打ち方 基本はタッチ、フィーリング [ショップブログ]
スーパーショット トッププレーヤーのタッチを学ぼう  スーパーショットで一番よく登場するのは、R.フェデラーでしょう。  USオープン前哨戦、   シンシナティでD.フェレールを下して優勝です。      ナダル、手首の故障、USオープン欠場です。    かわいそうですね。  トッププレーヤーのスーパーショット凄いですね。  いろいろあります。  ロジャーズカップから紹介します。  ATPのサイトにはビデオ紹介ページがあります。     ハイライト動画、良いところどり... [続きを読む]

受信: 2014年8月19日 (火) 18時02分

« フェデラー フェレール テニス 攻撃vs守備 | トップページ | 伝説のダブルス ウッディーズの作戦 CCセオリー 動画 »