« 女王、元女王対決 セレナ、ウォズアニッキ、シャラポワ、イワノビッチ | トップページ | フェデラー 強さ復活 M.ラオニッチを軽くさばく リターン »

2014年8月17日 (日)

クルム伊達 僅差 ファイナル進出逃す 

女子ダブルス クルム伊達組 惜敗
 惜しい、ファイナル進出逃す。ダブルスの全体像を教えてくれる。
 一般プレーヤーの方に参考になる要素が多い。

 先回の逆で、試合に勝って勝負に負けた。
 データはどちらが勝ってもおかしくない。
 でもダブルスの流れはつかんだので、USオープンが楽しみだ。
Baboskrummdbscore


 1stサ-ビスで相手のバボス組、
 2ndサービスではクルム伊達がポイント獲得率が良かった。
 しかし第3セットは、2ndサービスを2本とも叩かれた。
 マッチ タイブレークだから仕方がない。
Saykrummdbpair

 得てして女子シングルスの試合ではこのようなことは多い。

 問題はブレークポイント、
 クルム伊達組は多く握りながら、バボス組が2ブレーク多かった。

 特に第3セット、普通のセットとは大きく違う。
 タイブレークはスリリングだ。
Baboskrummdbstats


 皆さんもタイブレークの試合を沢山こなすと、展開を覚える。
 1ポイントの重要性が分かる。
 切り替えを覚える。
 流れは必ず来る。

 ダブルスの試合前後を楽しんでいる 様子が、
 試合前の準備から、イメージトレーニングが始まる。
 試合は集中して
 反省は後でゆっくり。
 そして欠点を修正する。


 公式サイト、ブログで分かる。

クルム伊達が教える ダブルスの勝ち方
 ダブルスはサービス、レシーブの比重が大きい
Dbforbasic_2

  
  ポイントが決まる60%以上がサービス、レシーブ。
  女子では特にリターンが重要。

 ミスは忘れて次に集中
  
  ミスを引きずらない事

 女子ダブルスはリターン重視
  
  サービスエースなんてないから。
Recievereturn


 大事なのは積極性
  
  リターンは守備、でも気持ちは攻める。
Remind

 ダブルスの陣形を覚えよう
 

 女子ダブルスの展開 

 Western  & Southern Open Cincinnati オフィシャルサイト

 USオープン 

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 女王、元女王対決 セレナ、ウォズアニッキ、シャラポワ、イワノビッチ | トップページ | フェデラー 強さ復活 M.ラオニッチを軽くさばく リターン »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

伊達」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クルム伊達 僅差 ファイナル進出逃す :

« 女王、元女王対決 セレナ、ウォズアニッキ、シャラポワ、イワノビッチ | トップページ | フェデラー 強さ復活 M.ラオニッチを軽くさばく リターン »