« ラドバンスカ 基本に忠実なストローク研究 奈良くるみに打ち勝 | トップページ | N.ジョコビッチ 伏兵 T.ロブレドに敗れる »

2014年8月15日 (金)

ダブルス 研究 クルム伊達に学ぶ ミスは忘れる

ダブルス研究 クルム伊達 大物食い
 ダブルス情報は少ない。
 テレビ放映はもっと少ない。
 そんな中、クルム伊達選手の公式サイトは、非常に参考になる。
 トッププレーヤーの中でも、最高のブログ。
 活きた言葉で、試合に役立ち情報が満載。
 クルム伊達選手がブログ好きで助かった。
 クルム伊達 公式サイト
Krummdbktscore

 ダブルススペシャリスト、今まで勝てなかったK.スレボトニク組に勝利
 K.スレボトニク対策

 ダブルスでは、クルム伊達のコンパクトなライジングが活きる
Krummfsdb


 第1セットは競り勝ち、第2セットは完全に相手に流れがいく。
 サービス、レシーブどれをとってもどうしようもない状態。

 K.スレボトニクの上手さ、ダブルスのスペシャリスト

 ここから第3セット、タイブレークとは言え、勝利をもぎ取ったのは、実力。

 総得点、ブレークチャンスでも相手の方が上。
 データだけから見ると、K.スレボトニク組の勝利。

 クルム伊達組は、効率良く、試合に負けて、勝負に勝った。
  青山修子ペアの例

 その逆 試合に勝って勝負に負けた、 


 負けは悔やまない。
 粘るところはしっかり粘る。


 テニスのポイントシステムがあっての話だ。
 野球や、バレーボールではこうはいかないでしょう。
 テニスらしいゲーム展開
 2ポイント連取で勝つ  

 勝つダブルス 
Sayingdbkrummif


 

 相手が嫌がるテニスですね。
 第3セットはマッチタイブレーク、10ポイント先取(2ポイントアップ)
 ここで気持ちを切り替え、
 過去を忘れて、動きに動いた。
 これが相手に効いて、勝つことができた。

 皆さんダブルスで動く。どの様にとらえますか?
 ボールを追うのは当たり前ですが。

 ダブルス陣形   

 基本的には、
 1:サービス、レシーブでの動きの変化
 2:サービス、レシーブの陣形を雁行陣から変える。
 3:前衛の動き  できればサインプレーがベターですね。

 次にダブルスの陣形総まとめという事でアップします。

 レッスンマニュアル、冊子版はB5ルーズリーフ2冊、290ページの大作です。
レッスンマニュアル ドリル選270 冊子版
レッスンマニュアル ドリル選270 DVD版
 ダブルス陣形小冊子 プレゼント 20ページ
Dbforbasic


ソフトテニスレッスンマニュアル ドリル選270 DVD版

Western  & Southern Open Cincinnati 公式サイト
 ここのライブスコアで深夜から早朝まで熱戦が見れる。
 

 女子シングルスドロー  

 WTA 女子プロテニス 公式サイト 

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ラドバンスカ 基本に忠実なストローク研究 奈良くるみに打ち勝 | トップページ | N.ジョコビッチ 伏兵 T.ロブレドに敗れる »

ダブルス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

伊達」カテゴリの記事

作戦」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

戦術」カテゴリの記事

コメント

ダブちゃん、コメント有り難うございます。
テニス、楽しい。ダブルスをする様になるともっと楽しい。
相手が、こちらの弱点を狙ってきますから。
練習ポイントが良く分かる。

投稿: 月さん | 2017年4月17日 (月) 04時13分

ダブルス、練習はともかく、試合って緊張感が凄い。半端じゃないですね。

投稿: ダブちゃん | 2017年4月12日 (水) 05時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/60152936

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス 研究 クルム伊達に学ぶ ミスは忘れる:

» ダブルスの強化書 クルム伊達の教え 積極的に [ショップブログ]
クルム伊達ペア Semi-Final進出   クルム伊達のダブルス、体格、体力で勝って理訳ではない。  作戦、戦略、頭脳ゲームで勝っている。  ダブルスの見本だ。  シンシナティ 女子ダブルス クオーターファイナル  ダブルスのスペシャリスト、スペインチームを破った。  これで強豪に2連勝。  クルム伊達、A.Hlavackova (CZE) vs G.Muguruza / C.S.Navarro(ESP)  ペアの  A.フラバコバ   はロンドン... [続きを読む]

受信: 2014年8月16日 (土) 21時19分

« ラドバンスカ 基本に忠実なストローク研究 奈良くるみに打ち勝 | トップページ | N.ジョコビッチ 伏兵 T.ロブレドに敗れる »