« ブライアン兄弟が教える ダブルス教室 陣形編 | トップページ | フェデラー テニスのルネサンス 速攻の魅力 »

2014年8月18日 (月)

フェデラー フェレール テニス 攻撃vs守備

男子シングルス ファイナル フェデラー vsフェレール
 USオープン間近
 R.フェデラーが調子を上げている。
Rfdfscore


D.フェレールの勝ち上がり  
 1回戦 第6シードでパス
 2回戦 P.コールシュライバー
 3回戦 M.ユーズニー
 4回戦 クオーターファイナル 
   N.ジョコビッチを破ったT.ロブレド
 5回戦 Semi-Final J.ベネトー
 ファイナル

R.フェデラーの勝ち上がり
 1回戦 第2シードでパス
 2回戦 ダブルスでファイナルのV.ポスピシル
 3回戦 天才G.モンフィルズ
 4回戦 クオーターファイナル  A.マレー
 5回戦 Semi-Final M.ラオニッチ
Rfsvo

 サーブ&ボレーにトライしよう。決して難しくはない。慣れるだけ。


 ラオニッチのサービス力を制するR.フェデラー
 

 R.フェデラーの圧倒的な強さで無敗。
 今年のロジャーズカップではフルセット
 去年は対戦していない。シード運がそうさせている。

  攻撃力のR.フェデラー
  
  驚異的な守備力のD.フェレール
Dfstfb


   二人ともメンタル.タフネスは強い
 

 早い試合時間なら、フェデラー。ラリーが続いたら、フェレール。
 フルセットにもつれると、フェレールが有利となる。

 R.フェデラーが早くもD.フェレールをブレークした。2度目のチャンスでブレーク.

 フェレールに粘る余裕を与えない。試合展開も早い。フェデラーのペースだ。
 次のゲーム、フェレールもこの流れはェデラーペースなのを知っている。
 ブレークチャンスを迎える。しかしフェデラーはしっかりデュースに戻す。
 フェレールがブレークポイント、しかし戻す。
 フェデラーのサービスゲーム、フェデラーはったった1回のチャンスをしっかりゲット。
 D.フェレールは4回チャンスがあったが、モノにできなかった。これが試合の集中力。

 第2セットいきなりR.フェデラーにブレークチャンスが来る。
 しかしここを乗り切りキープ、次のR.フェデラーのサービスゲーム必死でプレッシャーをかける
 15-40 2ブレークポイントだ。活かせるか。しかしR.フェデラー、デュースに戻す。
 サービスゲームは強い。

 しかしここからD.フェレールの粘りが発揮。フェデラーのサービスを立て続けにブレーク。
 6-1で一気に取りきった。
 1stサ-ビスのポイント獲得率を上げたことと、ブレークチャンスをしっかりゲットしたことだ。
 R.フェデラーは5回のブレークチャンスを活かせなかった。

 第3セット、R.フェデラーはギアを入れ直す。
Rfdfstats


 テニス試合の流れ。  

 ギアを入れる

 チャンスを与えずに、走り出す。
 1stサ-ビスのポイント獲得率を90%に上げる。

 ダブルスではブライアン.ブラザーズが余裕の優勝

 テニスの上達は作戦ボードから
Matchscore2cfullset


 2画面作戦ボード を使いこなそう。
 特にソフトテニスではアドバイスに便利。

錦織圭を育てた ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


  1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ブライアン兄弟が教える ダブルス教室 陣形編 | トップページ | フェデラー テニスのルネサンス 速攻の魅力 »

テニス」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

フェデラー」カテゴリの記事

作戦盤」カテゴリの記事

フェレール」カテゴリの記事

勝利」カテゴリの記事

コメント

まっちゃんさん、おはようございます。
フェデラー、フェレール、二人の良さが出た試合でした。
二人で勝負を楽しんでいましたね。
あれだけラリーが続いたら、面白いでしょうね。
相手への尊敬も芽生えますよね。

投稿: 月さん | 2014年8月20日 (水) 06時51分

おはようございます。さすがフェデラーですね。
面白かったです。

投稿: まっちゃん | 2014年8月18日 (月) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェデラー フェレール テニス 攻撃vs守備:

« ブライアン兄弟が教える ダブルス教室 陣形編 | トップページ | フェデラー テニスのルネサンス 速攻の魅力 »